合格する受験生の平日・休日の平均勉強時間

合格する受験生の平日・休日の勉強時間 コラム




勉強を頑張っているつもりだけど、勉強時間がまだ少ないのではないかと不安になったことはありませんか?受験生なら誰もがあるかと思います。

実際、合格する受験生はどれくらい勉強しているのでしょうか。

この記事では、受験生の平均勉強時間や、合格するのには平日、休日でどのくらいの勉強時間が必要なのかについてまとめました。

受験生の勉強時間の平均はどれぐらい?

大学受験生の勉強時間の平均はどれくらいなのか某大手予備校によると、難関大学に合格した高3生の1日の平均勉強時間は6時間です。

これは、1週間の平均値であるため、土日や祝日も含まれています。1週間に42時間勉強していると考えておきましょう。

対して、難関大学不合格者の平均勉強時間は5時間30分です。

両者の差は、わずか30分しかないように思えますが、1年間続けると約180時間にもなります。1日30分の差でも積み重ねると非常に大きな差になることが分かるかと思います。

勉強時間が足りていない受験生がなかなか合格出来ないというのも納得です。

平日にどれぐらいの勉強時間が必要?

では、具体的に合格するにはどのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?まず平日の勉強時間から解説していきます。

平日は学校があって、中々自習の時間が取れませんよね。

1週間に42時間勉強すると考えると、土日に10時間ずつ勉強しても、平日1日あたり4時間30分の勉強時間が必要です。

学校から帰った後に4時間30分の勉強時間を確保しようとするのは大変です。上手く勉強時間を作るコツはスキマ時間を活用することです。

だからと言って、休み時間に勉強しようと考えても、授業の合間に脳を休める貴重な時間を犠牲にすることになるので、逆に疲労を蓄積させてしまいます。

その為、早起きしたりして学校に行くまでの通学時間を使って勉強する習慣をつけるのが平日の勉強時間を増やす最適の方法です。

そうすると、勉強時間を確保できるだけではなく、目が覚めて学校の授業も集中して受けることが出来るのでおすすめです。

更に具体的な朝に勉強をするメリットや継続する上でのポイントについては、以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

朝に勉強する効果と正しい取り組み方

2018.08.27

休日にどれぐらいの勉強時間が必要?

次に休日の勉強時間について解説していきます。

休日は学校が無いため1日中自習に当てることができます。

ただ、だからと言って20時間勉強する必要があるという訳ではありません。休憩や睡眠、食事なども疎かにせずに、大体10時間は勉強するようにしましょう。

休日の中でもどの時間帯に勉強するのが良いかについては、以下の記事でまとめているので合わせてご覧下さい。

勉強の効率が上がる時間帯とは

2018.02.19

また、受験生にとって最大のまとまった休みである夏休みでは、どのくらいの勉強時間が必要なのか疑問に思っている人はいあるのではないかと思います。

夏休みの受験生の勉強時間について、目安の時間から具体的にどの科目をどのくらい勉強すれば良いかを以下の記事にまとめているので、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

受験生の夏休みの勉強時間はどのくらいがベスト?

2018.07.02

勉強時間と同じくらい質も大事

勉強時間と同じくらい質も大事

ここまでは、受験生の勉強時間について解説してきました。

ただ、勉強時間が6時間2分以上あるか、5時間35分以下かだけで合否が決まるわけではありません。

合格する受験生とそうでない受験生の間には、同じ勉強時間でも効率的な時間の使い方や工夫が出来ているかどうかにも差があります。

勉強時間だけに目が行ってしまい肝心の勉強はあまり進んでいないというようでは合格出来ないので、勉強時間を確保するのはあくまでもスタートラインにすぎないということを覚えておきましょう。

勉強の質を高める方法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

勉強の集中時間はどれくらい?集中力や勉強時間を伸ばす方法もご紹介

2018.02.18

勉強時間を確保するために出来ること

1日の勉強時間を確保するには、朝起きたらカレンダーに何の勉強をするのかを書き込むのが効果的です。

特にGoogleカレンダーは、1分単位で予定を決められる上に後から反省もしやすいのでおすすめです。

勉強時間を効率よく増やすために、あらかじめ学習する内容を決めるようにしましょう。

Googleカレンダーのリンクは下に載せておきます。ぜひ活用してみましょう。

勉強時間を確保するにはGoogleカレンダーを使うのがおすすめ

 

Googleカレンダーのリンク先

まとめ

合格する受験生とそうでない人の平日・休日の勉強時間の差が分かってもらえたかと思います。

勉強時間を増やすには、無理に休日に1日中勉強するなどはせずに、スキマ時間を効率的に活用するのがおすすめです。特に、朝に勉強することのメリットは多いので、朝に勉強する習慣をつけるのは効果的です。

また、勉強時間のみにこだわるのではなく、同じ時間でどれだけ質の高い勉強を出来るかも大事です。勉強時間と質を意識して、受験勉強を進めていくようにしましょう。

今回は主に現役生向けの勉強時間について解説してきましたが、以下の記事では浪人生向けに同じことを解説しています。合わせてご覧下さい。

浪人生に必要な勉強時間ってどれくらい?勉強時間を増やす秘訣も解説!

2018.02.17