勉強場所を探している受験生必見!カフェでの勉強について

勉強場所を探している受験生必見!カフェでの勉強について コラム




「家、学校、予備校以外にも勉強できる場所はないかな」と探している受験生の方も多いのではないでしょうか。勉強場所として有名なのがカフェです。今回はカフェでの勉強について詳しくご紹介します!

カフェで勉強してもいいの?

カフェで勉強してもいいの?

勉強と言えば家、学校、予備校でするものというイメージを持っている方も多いと思います。それに加えて「カフェなんて勉強するところじゃないでしょ」とお考えではないでしょうか?実はカフェで勉強する人は意外と多いです。視覚の勉強をする大学生や社会人、大学受験の勉強をする受験生がカフェにはいます。

 

カフェで勉強することは不思議なことではありません。今回はカフェで勉強するメリットとデメリット、そして注意点についてご紹介するので頭に入れてくださいね!

カフェで勉強するメリット

「カフェで勉強するより家や図書館で勉強するほうがいいのではないか」と思う方も多いのではないでしょうか?しかし、カフェで勉強する人が多いのは事実です。ではいったいなぜカフェは勉強場所として選ばれているのでしょうか。カフェで勉強するメリットについてまとめてみました。

程よい緊張感を持って勉強に集中できる

カフェで勉強すると程よい緊張感を持って勉強に集中できる

「せっかくお金を払ってカフェにきたのだから集中して勉強しないといけない」「寝たりスマホを触っているのは格好悪い」と思って勉強を始めてみてください。そうすれば普段より集中して勉強できるでしょう。

 

単なる思い込みだけでなく、観客効果というものも大きく関わっています。観客効果とは他人から見られる環境で作業すると効率が上がりやすいというものです。他人の目を意識することで勉強の集中力が上がります。

 

「家はなぜか集中できない」という方も多いと思います。それは観客効果がないからです。家では特に誰にも見られていないのでリラックスしてしまい、集中できないというメカニズムです。カフェに行くと他人に見られている感じがして気が引き締まります。「家では集中できない」という方は一度カフェに行って、「他人に見られている感じ」を体感してみてください。

うるさすぎず静かすぎない

「図書館や自習室はなぜか集中できない」という人はいませんか?その理由は静かすぎるからかもしれません。シャーペンやボールペンをノックする音やノートのページをめくる音くらいしか聞こえないので、変に気が張ってしまうことがあるでしょう。「お腹がなる音が隣の人に聞こえそう」や「仮眠を取りたいけど寝息を立ててしまったらどうしよう」など心配になって落ち着かないという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

図書館や自習室が静かすぎるから、ガヤガヤしているファストフード店やファミレスに行ったとしましょう。こちらは他人の話し声や店員さんの声、音楽、厨房の音などで集中力を妨げられる恐れがあります。他のお客さんは食事を楽しみに来ていたり、おしゃべりを楽しみに来ているので、うるさいのは当然です。勉強にはあまり向いていないでしょう。

 

そこでちょうどいいのがカフェです。カフェにはコーヒーやランチを楽しんでいる人だけでなく勉強しに来ている人や仕事をしている人がいます。店員さんの落ち着いた声や厨房の音、他のお客さんの話し声は聞こえてきますが、その音はファミレスやファストフード店と比べると小さくて落ち着いています。

 

ちょうどいいくらいの雑音があるので張り詰めたような気持ちにならず伸び伸びと勉強できるでしょう。

 

カフェで勉強するデメリット

他人に見られている感じがするし、ちょうどいい雑音があるから集中して勉強できるカフェですが、実はカフェで勉強することにはデメリットもあります。それをご紹介します。

お金がかかる

カフェで勉強するデメリットはお金がかかること

カフェで勉強するには当然食べ物か飲み物を購入しなければいけません。コーヒー1杯が300円とすると1週間通うと2100円です。お腹が減ってパンやケーキを食べることもあると思います。コーヒーとケーキを頼むと500円は超えるので結構お金を使うことになります。

 

カフェの利用頻度はその人のお財布事情によって変わってくるでしょう。

 

時と場合によって環境が変わる

カフェはコーヒーやスイーツを楽しむ場なので、新商品が出たりイベントをやっていたりすればお客さんが多くなり騒がしくなります。駅前の店舗であれば常に人が多いということもありえます。必ずしも「カフェ=静かで勉強しやすい」とは限らないので注意が必要です。

 

カフェで勉強する時の注意点

当然のことですが、カフェには自分以外にお客さんがいます。働いている店員さんもいます。他のお客さんや店員さんの迷惑にならないように心がけることが大切です。カフェで勉強する時の注意点を紹介します。

お店が混雑している時は避ける

昼食の時間など、お店が混雑している時はカフェで勉強するのはやめましょう。もし自分が席を探している客だとします。その時に席を占領して勉強している人を見たらどう思いますか?「飲み終わってるなら席を譲ってほしい」と思うはずです。また、席の占領はお客さんに席を案内しようとしている店員さんにも迷惑がかかります。

 

混雑する時間帯は店員さんから「勉強はご遠慮ください」と言われるかもしれません。そんな時は素早く店を出ましょう。他のカフェに行くかお客さんが減ってから入りましょう。

イヤホンで音楽を聞く場合は音漏れに注意する

カフェで勉強する時に注意するべきなのはイヤホンの音量

休憩がてら音楽を聞く人、聞きながら勉強する人はイヤホンからの音漏れに十分に注意しましょう。音漏れをすると他の客さんを不快にさせる可能性があります。トラブルにつながるので音量は要チェックです!

 

勉強内容や時間などの予定を決めてから店に入る

「現代文の問題集の第2講と第3講を1時間で終わらせて残りの1時間は古文単語の勉強をする」というように勉強する内容と時間を決めることをおすすめします。やることと時間を決めることで集中力も上がりますし、長居する可能性も低くなるのでお店にも迷惑がかかりません。

 

何も決めずにカフェに入って勉強すると「いつの間にか3時間が経っているけどあまり進んでいないからもう少しいよう」というようにダラダラと長居してしまう可能性があります。そういったことを避けるために「何を何分で終わらせる」ということをしっかり決めてそれが終わったらサッと格好良く店を出ましょう。

まとめ

カフェで勉強することのメリット、デメリットと注意点をご紹介しました。主なメリットは他人の目があるから頑張りやすいしちょうどいいくらいに音がするから集中できるということでした。デメリットはお金がかかるということといつも同じ環境とは限らないということでした。

 

注意点は、混雑時は勉強しない、イヤホンの音量は控えめにする、予定を決めて店に入るということでした。

 

デメリットもありますが、カフェで勉強することはメリットが大きいです。「家や自習室で勉強しているけど捗らない」という人は一度カフェに行って勉強してみてはいかがでしょうか?

 

勉強できる場所を他にも探している方はこちらの記事をご覧ください。

【定番から穴場まで】勉強に集中できるおすすめの場所9選!

2018.02.09