受験勉強のストレスの症状と解消法

受験におけるストレスの症状や解消法を詳しく解説! メンタルマネジメント




受験勉強は自分が思っている以上に辛いものです。頑張った成果が現れなかったり、試験まで時間がなくて焦ったりと色々な不安が押し寄せてきます。

そんな中でストレスを溜め込んでしまって成績が上がらなくなったり勉強自体ができなくなってしまう人もいます。

この記事では、そんな受験におけるストレスについて主な症状から解消法まで詳しく解説するのでぜひ参考にしてもらえればと思います。

受験勉強ではストレス解消が重要

受験におけるストレスは勉強の敵

大学受験では、いかに日々のストレスとうまく向き合っていけるかが志望校の合否に直結するといっても過言ではありません。

半年、時には1年以上となる受験生活で毎日自分の能力以上の勉強をし過ぎてしまうとストレスによる鬱や極度の緊張にも陥る可能性もあるのです。

特に、進学校に通っている人にとっては学校からの課題や予備校での勉強で1日のほとんどが勉強時間となっている人もいます。

そんな受験生活の中で勉強以外の「息抜き」の部分を大切にすることで、勉強の質を高めることが重要です。ただ勉強時間を確保しても、成績は上がりにくいことは今までの経験からもわかると思います。

ストレスに潰されてしまい、今までの勉強全てを水の泡にしないためにもストレス解消法を身につけなければならないのです。

受験勉強のストレスが起こる仕組み

受験のストレスが起こる仕組み

ストレスとは、そもそも何か目標に対して期待している時や努力している時に起こりやすい症状の1つです。なので、受験に対してストレスを持つことは当然のことなのです。

多くの方は「毎日これだけ勉強したんだから成績は上がるはずだ」のように無意識に自分に期待しています。

そして、その期待が試験本番になった際は重圧やストレスに変わってしまい、腹痛や緊張の原因になってしまうのです。

「これだけやったのに結果が出なかった」といった経験は誰もがしたことがあるのではないでしょうか。

受験勉強のストレスによる主な症状

受験において、ストレスを溜めすぎると以下のような症状が出ることが多いです。今この症状がある人は注意しましょう。

頭痛

「勉強を少ししただけで頭が痛くなってしまう」といった症状がある人は勉強に対してストレスが溜まっている可能性が高いです。

長時間勉強した後は頭が疲れて痛くなることはあるのですが、短時間で痛くなる場合は要注意です。

ただ、頭痛はまだストレスの症状としては軽い方なので、よっぽど痛いことがない限りは病院に行く必要はないでしょう。

頭痛薬を飲んで早めに寝ることを意識すれば、すぐに治ることが多いです。

腹痛

受験のストレスによる主な症状「腹痛」

ストレスによる過度の緊張で試験本番で腹痛を起こしてしまう人は意外と多いのではないでしょうか。特に難関大学を目指している受験生に多い症状です。

自分の中では「頑張らないといけない」という気持ちがあるにもかかわらず、体がついていけない状況から腹痛が起こると言われています。

最悪の場合は胃に穴が空いてしまい、入院というケースもあるので自分を追い込みすぎることは控えましょう。

イライラ・無関心

勉強をし過ぎてストレスがたまると、些細なことでイライラしてしまったり、他のことに対して関心を示すことができなくなってしまいます。

気分転換の運動をしたり音楽を聴いたりしてみても常に頭の中には勉強があって楽しいと思えることがなくなります。

また、勉強の効率も下がってしまうので思う通りに勉強が進まない自分にまたイライラするという悪循環が生まれてしまいます。

勉強中にイライラしてしまう際の対処法については下の記事で詳しく紹介しています。

勉強中にイライラする時の対処法とは

2018.02.26

泣いてしまう

受験のストレスによる主な症状「泣いてしまう」

受験生の中では勉強のストレスによって突然泣き出してしまう人もいます。試験本番の不安や成績不振などいろいろな要因が考えられます。

ストレス解消のために泣く人もいるので一概に悪いとは言えませんが、勝手に涙が出てくる症状がある人はうつ病の可能性があるので要注意です。

ここまで我慢していると取り返しにつかないことになりかねませんので、一度病院に行って診察してもらうといいでしょう。

また、勉強におけるうつについては下の記事でさらに詳しく解説しています。

受験うつの対策と克服法

2018.06.16

食欲不振

受験によるストレスでほとんど食事ができなくなり体重がみるみる減ってしまうといった食事系の症状も受験では見受けられます。

これは摂食障害という病気の恐れがあり、胃腸の消化機能がうまく働いておらず食べ物を受け付けない状態になってしまっているのです。

ストレスで食べることができないという人は適度に間食を取ると1日の摂取カロリーを満たすことができるでしょう。

受験勉強のストレス解消法

ここでは、受験におけるストレスを解消するための方法を7つ紹介します。ぜひ自分にあった方法を見つけてもらえればと思います。

睡眠

受験におけるストレス解消法「睡眠」

受験のストレスに一番効果的であることは「睡眠」で間違いないでしょう。目を瞑るだけでも十分な効果が期待できます。

勉強によるストレスは成績がうまく上がらず「もっと勉強をしないといけない」といった焦りから生まれることが多数ですが、一度勉強から離れてみることも重要です。

常に勉強を考えるのではなく、少し休むといった心の余裕を持つことを意識するようにしましょう。

下の記事では受験における睡眠の重要性や正しい睡眠時間などを解説しています。

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

2017.12.21

音楽を聴く

音楽を聴く際には、ただラジオのように聴き流すのではなく自分の一番好きな曲を集中して一度聴くだけでもかなりストレス軽減の効果があります。

勉強と音楽で時間の使い方にメリハリもつけることができるので勉強に集中して取り組むこともできるようになります。

また、音楽は聴くだけでなく歌うこともストレス解消には最適です。たまにはカラオケに行って思いっきり歌ってみでもいいでしょう。

勉強における音楽の関係やおすすめBGMについては下の記事で紹介しているのでぜひ読んでみてください。

受験勉強の音楽の活用法と勉強用BGMまとめ

2018.01.20

見たいテレビや映画をメモする

受験におけるストレス解消法「見たいテレビや映画をメモする」

自分が好きなテレビや映画を手帳などにリストアップして「受験が終わったらこれを見よう!」という楽しみを自分で作っておくことでストレスを溜めずに頑張ることができます。

ただ、上で紹介した音楽は手軽に聴くことができるのですが、テレビや映画は続きが気になって1日が過ぎてしまうといったことも起こり得るので30分以上は見ないように注意しましょう。

あらかじめメモをしておくことによって自分が今まで頑張ってきた証拠を残すこともできるのでモチベーションのアップにもつながります。

ストレッチや軽い運動

毎日同じ椅子に座って何時間も勉強していては、精神的にもストレスが溜まりますし身体的にもストレスが溜まって勉強を効率的に進めることができません。

なので、勉強の合間には一度椅子から離れてストレッチやジョギングをすると血行も良くなり、スッキリするので勉強に取り組みやすくなります。

また、椅子に座ったままでも少し背伸びをするだけでリラックスできます。特に首や肩は勉強を長時間行うと一番疲れやすいので重点的に行うと良いと思います。

下の記事では勉強と運動の関係についてさらに詳しく解説しています。

大学受験生の運動不足の影響と解消法

2018.01.07

ノートを全て閉じる

受験におけるストレス解消法「ノートを全て閉じる」

受験に対してストレスが溜まる原因の1つとして「常に勉強のことが頭にある」ことが挙げられるので、一度勉強のことを遮断する必要があります。

そんな時は一度ノートや問題集を全て閉じて、勉強から離れてみると心が軽くなって勉強に対して嫌気を感じなくなります。

注意点としては、この時に罪悪感を感じてはいけません。10分ほどでいいので勉強を頭からなくして全力で休憩しましょう。

友達と話す

毎日毎日学校と塾を行き来しているとほとんどの時間が1人になってしまい、友達と話す機会が激減してしまいます。話したのが家族だけということもあるくらいです。

なのでストレス解消のためにも、たまには友達と話してみてもいいかもしれません。同じ受験生の友達であれば悩みや不安も共有できるので気持ちも軽くなるでしょう。

予備校に通っている人などは、塾の先生にも悩みを相談するとすぐに解決してくれることも少なくありません。

買い物をする

受験におけるストレス解消法「買い物をする」

ストレスが溜まった時は、近くのショッピングモールなどに出かけて普段は買わないものや少し高価なものを購入してみるとストレスも軽くなります。

勉強しているとずっと室内にこもりがちになり、そもそも外に出ることすら少なくなってくるので定期的に買い物に行くといいでしょう。

ウィンドウショッピングでも構わないので、欲しいものがあったらチェックリストに入れて受験が終わるまでの楽しみにとっておくと試験本番まで頑張ることができますよ。

まとめ

今回の記事のまとめとしては以下のようになります。

・受験のストレスは期待することによって生まれる

・主な症状としては腹痛やひどくなると食欲不振まである

・解消法は数多くあるので自分にあったものを選ぶことが大事

受験においては、ストレスは必ず出てくるものでありなくすことは不可能です。なので、どうやってストレスと向き合って行くかが重要となります。

この記事をうまく活用してストレスを軽減しながら勉強を継続してもらえばと思います。

大学受験プロおすすめの勉強法