キクタンアプリの特徴や効果的な使い方

キクタンアプリの特徴や効果的な使い方 アプリ




多くの受験生が愛用している『キクタン』。

実はキクタンにはアプリ版もあり、アプリ内で英単語の暗記をしていくことが出来ます。

今回は、キクタンアプリの特徴や効果的な使い方について解説していきます。

キクタンアプリの種類

まずは、キクタンアプリの種類を紹介していきます。

キクタンアプリにはレベル別に以下の3種類があります。

・キクタンBasic

・キクタンAdvanced

・キクタンSuper

各アプリの値段は720円です。以下でそれぞれのレベルなどを紹介します。

キクタンBasic

キクタンBasicアプリ

キクタンBasicは、『改訂版 キクタン【Basic】4000」』に収録されている1,120語を収録しているアプリです。

収録されている語彙のレベルは、センター~中堅私大レベルとなっています。


App Storeからダウンロード
Google Play で手に入れよう

キクタンAdvanced

キクタンAdvancedアプリ

キクタンAdvancedは、『改訂版 キクタン【Advanced】6000」』に収録されている1,120語を収録しているアプリです。

収録されている語彙のレベルは、センター~難関大レベルとなっています。


App Storeからダウンロード
Google Play で手に入れよう

キクタンSuper

キクタンSuperアプリ

キクタンSuperは、『改訂版 キクタン【Super】12000」』に収録されている1,120語を収録しているアプリです。

収録されている語彙のレベルは、中堅私大~超難関大レベルとなっています。


App Storeからダウンロード
Google Play で手に入れよう

キクタンアプリの特徴

ここでは、キクタンアプリの特徴を紹介していきます。

キクタンシリーズに完全対応

キクタンアプリは、シリーズ累計390万部突破のベストセラー単語帳『キクタン』の全単語を収録しています。

キクタンには、膨大な受験データを分析した上で「使える英単語」のみが厳選して収録されているので、効率的に単語を覚えていくことが出来ます。

付けたい力に合わせた学習が出来る

キクタンアプリの特徴「付けたい力に合わせた学習が出来る」

キクタンアプリでは、付けたい英語の力や気分に応じて学習する内容を使い分けることが出来ます。具体的には、以下の5つのモードで学習可能になっています。

・単語学習モード:和訳、発音記号、派生語、例文を学習出来ます。

・発音練習モード:音声認識機能を使用し、発音練習が出来ます。

・チャンツモード:リズムに合わせて楽しく英単語を覚えることが出来ます。

・自動学習モード:制限時間を設定し、自動で学習することが出来ます。

・Reviewモード:単語だけではなく、長文の読解にも挑戦出来ます。

「今日は単語を覚えよう」や「移動中に音声で発音を覚えよう」 という気分などに応じて使い分けることが出来ます。

フィルタリング機能

キクタンアプリの特徴「フィルタリング機能」

キクタンアプリに収録されている単語の中には、既に知っているものもあるかと思います。

そのような「知っている単語」と「苦手で中々覚えられない単語」を振り分けて、苦手な単語を集中的に学習出来るのがフィルタリング機能です。

具体的には、アプリが自動的に苦手としている単語を判別してくれて、完璧に覚えることが出来るまで何度も登場します。

自分で苦手な単語に挑戦するのは中々気が引けますが、アプリが振り分けから復習までをサポートしてくれるので、気軽に覚えていくことが出来ます。

キクタンアプリの使い方

ここからは、キクタンアプリの効果的な使い方を紹介していきます。

英単語のフィルタリング

キクタンアプリの使い方「英単語のフィルタリング」

まずは英単語をチェックして、「知っている」「知らない」でフィルタリングします。それぞれを選択すると、以下のタイミングで再登場します。

・知っている:7日後に復習単語として登場

・知らない:1日後に復習単語として登場+詳細学習(次のステップ)

詳細学習

キクタンアプリの使い方「詳細学習」

先ほどのフィルタリングで「知らない」を選択した英単語は、詳細学習を行います。

詳細学習では、単語の意味だけでなくフレーズ、例文まで細かく確認することが出来ます。

曖昧にしたままだといつまで経っても覚えられないので、紙などに書いて完璧になるまで繰り返し覚えるようにしましょう。

確認テスト

キクタンアプリの使い方「確認テスト」

詳細学習した英単語の確認テストをします。確認テストは、3択問題で出題されます。

テストをする際には、分からない問題があっても当てずっぽうで回答せずに、「Don’t Know」の選択肢を選択するようにしましょう。

テストで間違えた問題は、再度詳細学習を行うことが出来ます。

音声を聴きながら復習

キクタンアプリの使い方「音声を聴きながら復習」

最後は復習です。

これまでの学習で苦手だと認識された英単語が自動的に登場します。また、初めのステップで苦手だと判定された英単語は、復習することで次のように再登場します。

・知っているを選択:3日後に復習単語として登場

・知らないを選択:7日後に復習単語として登場

ステップ1で「知っている」を選択した英単語も7日後に再登場するので安心です。

3日後、7日後などはエビングハウスの忘却曲線における忘れやすい時期を利用しているので、合理的な時期となっています。

具体的なエビングハウスの忘却曲線や復習については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

復習の適切なタイミングや効果的なやり方とは!?

2018.06.27

まとめ

キクタンアプリはレベル別で3冊に分かれているので、どの受験生でも活用することが出来ます。

少々費用はかかりますが、かなり効率的に英単語を学習していくことが出来るので、今回紹介してきた事を参考にして、活用してみて下さい。

また、他の教科のおすすめアプリは以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

【高校生必見】受験勉強に役立つアプリ一覧

2018.10.12

今回紹介したキクタンをはじめ、おすすめの英単語帳は以下の記事にまとめています。

【2018年版】レベル別おすすめの英単語帳12選

2018.03.25

効率的に英単語を暗記していく方法は、以下の記事をご覧ください。

英単語の覚え方について

2018.04.08
大学受験プロおすすめの勉強法