高校生・受験生が共感できる勉強あるある19選

受験生が共感できる勉強あるあるを計19個紹介! コラム




毎日勉強をしている中で「わかる!」という話から「そんなこともあるかも?」というあるある話をこの記事では紹介します。

特に、受験生の方は共感できるあるあるも多いでしょう。計19個紹介しているのでぜひ読んでみてください。

受験勉強あるある

ここでは、受験勉強のあるあるを紹介します。共感できるものも多いのではないでしょうか。

掃除がやたらと捗る

受験勉強あるある「掃除がやたらと捗る」

いざ勉強を始めたら机の上のほこりが気になり始めて部屋全体の掃除をしていたというのはよくある話です。

この行為は、心理学的には「セルフ・ハンディキャッピング」といって物事に取り組む際にわざと自分が不利な状況になるようにして失敗した時の言い訳にしているそうです。

人間の深い心理もあるんですね…。

仮眠がいつも間にか睡眠になる

「よし、今日は徹夜だから1時間だけ仮眠するそ!」と思って仮眠して起きたら朝の8時…。

目覚ましは3回セットしてあったのになぜか止まってる…なんてことはテスト直前ではよく起きますよね。(笑)

夜食で眠くなる

夜食でがっつりコンビニ弁当とカップラーメンを食べてしまい、すぐに眠くなってしまう人も多いですよね。

特に、深夜に食べるポテトチップスやおにぎりは最高に美味しいのでたくさん食べてすぐに寝てしまいます。

ラジオをよく聞く

受験勉強あるある「ラジオをよく聞く」

テレビだと見ながら勉強できないので、ラジオを聴きながら勉強していたらいつの間にかラジオが大好きになっていた。

ラジオは、テレビとは違って制限も少ないので面白い番組も多いですよね。

お菓子の食べ過ぎで太る

受験勉強を毎日続けていると、ストレスからかお菓子を食べ過ぎて太ってしまう人も多いようです。

特に運動部の人は、部活をしなくなることも重なり10kg以上太って別人になってしまうこともしばしば…。

音楽を聴いていたらノリノリ

音楽を聴いていたらノリノリになってしまって勉強どころではなくなってしまうこともよくあります。

特に、歌詞がある音楽を聴く際には要注意です。カフェなどのBGMが最適ですね。

親に「勉強しろ!」→やる気なくす

自分で勉強しようと思っている時の「勉強しろ!」ほどやる気をなくす言葉はないですよね。

「せっかく勉強しようと思ってたのに!」と言い返して最終的には親子喧嘩にまで発展してしまうことも…。

タイムリープしたい

「前の自分に戻って勉強し直したい」と思うことは受験勉強をしている中で多々あるはずです。

特にテスト前夜などは、1週間前の自分をぶん殴りたくなるくらいに後悔しながら勉強することも多発します。

テスト前日の「学校なくなればいいのに」

テスト前日は毎回「明日学校なくならないかな…」と謎の期待をしながら勉強しています。

台風や学級閉鎖などを期待しているのですが、ほとんどは期待もむなしく学校に行ってテストを受けることになります。(笑)

計画を立てて満足

受験勉強あるある「計画を立てて満足」

受験勉強の計画を立ててカレンダーに書き込んだ時点で満足してしまい、計画倒れになってしまったことは経験がある人も多いでしょう。

計画を立て直して頑張ってみるものの、うまくいかないことが多いですよね。

毎日言う「明日から頑張る」

「明日こそ頑張って勉強するぞ!」と思ったけど、明日になったらやる気が全く出ずにまた「明日こそ頑張ろう」となっています。

こうなって初めて林先生の「今でしょ!」の重要性がわかる気がします。(笑)

テスト期間に限って携帯の使う時間が増える

テスト期間の方が、なぜかYouTubeやTwitterを開いてしまうことが多いですよね。

そして、友達が「全然勉強してないわ〜」とつぶやいているのをみて安心感に浸ってさらに携帯を使ってしまいます。

ノート1ページ目だけすごくきれい

毎学期最初の方は勉強に対してやる気に満ち溢れていて、ノートも色ペンなどを駆使してとても綺麗に仕上げられています。

しかし、ページが進んでいくとペンを使わなくなり、字が汚くなり、最終的にはノートすら書かなくなります。

テストの時に見直すと「あ、ここでやる気がなくなったんだな」とすぐにわかることでしょう。

予習をしていない時に限って授業中当てられる

受験勉強あるある「予習をしていない時に限って授業中当てられる」

「やばい!今日予習してない!」と思いながら授業を受けている時に限って先生から当てられることが多いですよね。

特に、自分の出席番号がその日の日付と一致していた時の焦り具合は半端じゃないです。(笑)

「全然勉強してない」はだいたい嘘

友達の「今回は全然勉強してない〜」ほど信用できない言葉はありません。そんな時ほど高得点を取ってきます。

高校生にもなると高度な情報戦が繰り広げられているものだな…と思います。

授業の休み時間は眠くない

授業中はとても眠いのに、休み時間になった途端眠ろうとしても全く眠くならない。

授業中の先生の言葉には、眠気を誘うための秘密が隠されているのではないかと疑うレベルです。

受験が終わった際の妄想に時間をかける

「受験が終わったら旅行に行こう」「髪を染めよう」といった楽しみに花を咲かす受験生も多くいます。

友達と話している時も、「海外に行きたいね〜」と言ったら「受験が終わったらね」の1パターンの会話になってしまうくらいです。

テスト直前の謎の自信

あまり勉強していない時に限ってテスト直前に「なんかいける気がする…」という謎の自信が芽生えることは誰もが経験したことがあると思います。

あの自信がどこから出てくるのか今だにわかりませんが、自信とは裏腹にテスト結果はボロボロなことが多いです。

選択問題で同じ番号が続くと不安になる

受験勉強あるある「選択問題で同じ番号が続くと不安になる」

選択問題は、回答がわからなくても選ぶことはできるので、なんとかなると思っている人も多いでしょう。しかし、同じ選択肢が3〜4問続くとかなり不安になってきます。

「ここは違うんじゃない?」と思って1つだけ変えてみるものの、実際は間違っていることがほとんどですよね。

まとめ

今回の記事では、受験勉強や勉強ができる人のあるあるをまとめてみました。

共感できるものが多かったのではないでしょうか。私個人的には「選択問題で同じ番号が続くと不安になる」が共感できました。

勉強の息抜きには最適な記事だったと思うので、疲れた時にはぜひ読んでもらえればと思います。

ちなみに、大学受験プロではおすすめ参考書や科目別勉強法といった記事も執筆しているので、興味がある方はぜひ読んでもらえればと思います。

大学受験の効率的な参考書・問題集の選び方、使い方とは

2018.03.08

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14
大学受験プロおすすめの勉強法