成績を上げる方法12選

コラム




成績を上げる方法を知りたい人は多いかと思います。

成績を上げるには勉強するのはもちろんですが、他にも様々な点に着手する必要があります。今回は、成績を上げる方法を12個紹介していきます。

成績を上げる方法

成績を上げる方法を紹介していきます。

復習を大事にする

成績を上げる方法「復習を大事にする」

成績を上げるには、受けた授業や模試をほったらかしにせずに復習することが不可欠です。

何度も繰り返し復習をすることで、脳が重要な情報だと認識してくれて覚えることが出来ます。

予習やテストなどより、何より復習が大事だということを意識しておきましょう。

具体的な復習のタイミングや効果的なやり方は以下の記事にまとめているので是非ご覧ください。

復習の適切なタイミングや効果的なやり方とは!?

2018.06.27

勉強の質を重視する

成績を上げる方法「勉強の質を重視する」

ある程度の勉強時間を確保するのは当然大事ですが、勉強の質を上げるのも成績を上げるには必須です。

勉強時間だけに目が行ってしまい肝心の勉強はあまり進んでいないと成績は上がらないので、勉強時間を確保するのはあくまでもスタートラインにすぎないということを覚えておきましょう。

具体的な勉強の質を上げる方法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

勉強の集中時間はどれくらい?集中力や勉強時間を伸ばす方法もご紹介

2018.02.18

アウトプットを重視する

成績を上げる方法「アウトプットを重視する」

成績を上げるには、インプットばかりせずにアウトプットを重視することが大事です。

アウトプットとは、問題を解くこと全般です。

入試本番で必要になるのは、あくまでもアウトプットできる力です。その為、問題を解く為に必要な事をアウトプットできるようにしておかないと、入試で合格出来ないだけでなく、成績も一向に上がりません。

インプットすることも大事ですが、以下のような勉強でアウトプットにも時間を割くのがおすすめです。

・単語をただ眺めて覚えるのではなく、自分でテストを作成して単語から意味を思い浮かべれる確認する。

・数学の解答を見て納得するのではなく、しっかりと自分で答えまで行きつくことが出来るかを試してみる。

上記の勉強だとインプットとアウトプットの両方が組み込まれていますね。 多くの人は無意識の内にインプットばかりをしてしまうので、意識的にアウトプットをするようにしましょう。

問題集は何冊も手を付けない

成績を上げる方法「問題集は何冊も手を付けない」

成績を上げるには、何冊かの問題集に絞って何周も繰り返すのが効果的です。

新たに取り組んだ問題集を1周目から全て解き切れることは少ないでしょう。おそらく2周目でも分からない問題は多くありますよね。

分からない問題があるということは、まだ使用している問題集を活用し切れていないという事です。

問題集は各問題の解き方はもちろんのこと、どのページのどこに何の問題があるかまでを言えるようになるくらいまで、何周も反復するようにしましょう。

各教科のおすすめの問題集は以下の記事にまとめています。

【科目別】大学受験におすすめの参考書・問題集

2018.11.12

苦手科目から目を背けない

成績を上げる方法「苦手科目から目を背けない」

成績を上げるには、得意科目を伸ばしていくのはもちろんですが、苦手科目を出来るようにするのが効果的です。

苦手なので出来るだけ手を付けたくないのは分かりますが、受験で強いのは「1つの科目がずば抜けて良い人」ではなく「全ての科目が満遍なく良い人」です。

得意科目を伸ばすのももちろん大事ですが、成績を効率的に上げる為にも苦手科目に積極的に取り組むようにしましょう。

基礎を完璧にする

成績を上げる方法「基礎を完璧にする」

何度も聞いたことがあるかと思いますが、勉強ではとにかく基礎が大事です。

どんな難しい問題でも基礎的な知識を前提として作られています。その為、基礎を完璧にしておくことで、成績を効率的に上げることが出来ます。

試験が近づくにつれて応用問題が出来ないと焦る気持ちはあるかと思いますが、グッと堪えて基礎を確実にこなしていきましょう。

焦らないでしっかりとやるべき事をこなしていけば、入試問題のような発展問題も解けるようになっていきます。

計画を立てる

成績を上げる方法「計画を立てる」

成績を上げるには勉強計画を立てるべきです。

大学受験では「志望校合格のためには何をやらなければいけないのか?」ということをしっかりと把握した上で勉強することが大事になります。

というのも、大学受験は長期戦です。

受験勉強で気ままに勉強していると勉強科目が偏ってしまい、試験に間に合わなくなります。どう勉強していくかをしっかりと計画するようにしましょう。

効果的な勉強計画の立て方は、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

大学受験の勉強計画の立て方

2017.12.20

勉強法は1度決めたら変えない

成績を上げる方法「勉強法は1度決めたら変えない」

自分の中で大まかに決まっている勉強法はあるかと思います。

成績を上げるためには、1度決めた勉強法を変えないことが大事です。

決めた勉強法で勉強していて、中々成績が上がらない時には、勉強法を変えようか迷うでしょう。しかし、勉強法を変えてしまうと、せっかく表れようとしていた成果が先延ばしにされてしまいます。

不安な気持ちはあるかもしれませんが、自分で決めた勉強を信じて変えないようにしましょう。

中には特定の科目の勉強法が分からなくて困っているという人がいるかもしれません。以下の記事に、各科目の勉強法をまとめているので是非ご覧ください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

また、どの科目も自分の勉強法に自信が持てない人は大学受験プロが自信をもっておすすめする勉強法を試してみてください。

プライドを捨てる

成績を上げる方法「プライドを捨てる」

何か分からない問題があったら先生にすぐ聞いていますか?

プライドが高い人ほど、分からない事を他人に聞くのがかっこ悪いことだと思っていて、質問などを中々しない傾向にあります。

ただ、分からない内容は先生などに聞いて解決しなければ、先には進めませんよね。

その為、成績を上げるにはプライドを捨てて、素直になることが大事です。

生活リズムを安定させる

成績を上げる方法「生活リズムを安定させる」

生活リズムが崩れてしまうと、勉強に集中出来ないだけでなく、食欲も低下してエネルギーがどんどん無くなっていきます。

その為、成績を上げるには生活リズムを安定させることが必須です。

受験生にとって生活リズムを安定させることは、勉強以前に大事です。

受験生にとって、理想の睡眠時間などを知りたいという人は、こちらの記事をご覧ください。

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

2017.12.21

他人の情報を気にしない

成績を上げる方法「他人の情報を気にしない」

友達がどれだけ勉強しているとか成績が良く上がっているなどは気にしていると、勉強のモチベーションが下がったり焦りを感じてしまったりします。

あくまでも友達は友達、自分は自分です。

成績を上げるには、他人の情報はあまり気にしないようにすることが大事です。

自分のしている勉強に興味を持つ

成績を上げる方法「自分のしている勉強に興味を持つ」

成績を上げるには、自分のしている勉強に興味を持つことが効果的です。

例えば、歴史の授業で「ルイ14世は太陽王です」と出てきたとします。「なんだかよく分からないけど、テストに出そうだから覚えておこう」と考えるのはあまり良くありません。

対して「どうして呼ばれるようになったのだろう?」と興味を持ってみて、調べることで授業では出てこないようなところまで知ることが出来ます。

このように主体的に覚えたことは、記憶にも長く残ります。

もちろん全ての勉強に興味を持つことは難しいですが、興味を持つことが成績を上げるのに効果的だという事は覚えておきましょう。

まとめ

成績を上げる方法を12個紹介してきました。

現在、成績が上がらないと困っている人は、是非試してみて下さい。

また、今回は成績を上げる方法を紹介してきましたが、以下の記事で成績が上がらない原因を紹介しているので合わせてご覧ください。

成績が上がらない原因12選

2018.12.05
大学受験プロおすすめの勉強法