勉強する意味を詳しく解説!「勉強は意味がない」は間違い!

勉強する意味を詳しく解説!「勉強は意味がない」は間違い! コラム



「勉強は将来使わないから意味がない」と勉強している時に一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

たしかに勉強したこと全てを将来使うことはありませんが、間接的に勉強したことが必要になる場面は必ず出てきます。

今回の記事では、「なぜ勉強が大事なのか」という勉強の意味について詳しく解説していくのでモチベーションを上げるきっかけにしてもらえればと思います。

「勉強する意味がない」は間違い

勉強をしている中では「この勉強は後々役に立つのかな…」「こんな勉強意味ないんじゃないの?」と思う場面が必ず出てきます。

自分の中で勉強に対する意味を見出すことでができずに勉強自体をやめてしまう人も珍しくありません。

しかし、ここで伝えたいことは「勉強する意味がないと思っていることは間違い」ということです。勉強はどの職業においても必ず使用され、勉強ができる方が収入や立場上有利になるのも事実です。

少し厳しいですが「勉強する意味がない」と言っているのは自分が勉強できないことに対する言い訳に過ぎません。勉強から目を背けてはいけないのです。

勉強する意味とは

ここでは、勉強する意味を1つずつ解説していきます。自分の中で勉強のモチベーションを上げるために活用してください。

学力は年収に比例するから

多くの人が勉強を頑張って、偏差値の高い大学に行こうとする1番の理由が「学力は年収に比例するから」でしょう。

下の大学別年収ランキングを見ていただければわかると思うのですが、年収トップ5は日本の最難関大学が独占しています。

1位…東京大学 729万円
2位…京都大学 677万円
3位…慶應義塾大学 632万円
4位…名古屋大学 623万円
5位…東北大学 600万円
もちろん一人一人の個人に当てはまることではないのですが、統計的に見ると学力が高い人の方が発言力や実行力なども高い印象があります。

将来の収入をあげたいのであれば、スポーツ選手などを目指すのも悪くはないのですが、最も稼ぎやすい道が「勉強をしていい大学に入ること」なのです。

人生の選択肢を広げることができるから

高校の時点で自分の将来就きたい仕事が具体的に決まっている人は少ないと思います。そんな人こそ今から勉強しておくようにしましょう。

なせならば、勉強をしておくことで将来の選択肢を広げることができるからです。今では、大学を出ていないと入社すらできない会社もあるのです。

そこで「あの時勉強を頑張っておけば良かった…」と後悔している人はとても多いです。勉強しないことで自分の将来を大きく歪めてしまうことになります。

勉強ができる今だからこそ頑張っておかないと、時間差でそのツケが回ってきてしまうのです。

社会に出たとき、使う科目が多いから

社会では、高校で学習した科目が使われることがかなり多いです。もちろん全科目使うわけではないのですが下のようにどんな仕事でも1科目は使われるのです。

飲食業→売り上げの公式計算
看護師→薬品の濃度計算
公務員→公務員試験で必要
会社員→データ整理や計算
部長・課長→取引先と英語での契約
このように、社会では今まで勉強してきたことが身についているか突然試される場面が多く出てきます。そもそもこのことを知らない人も多いです。

勉強嫌いな人は、自分が持っている職業への勝手なイメージで「勉強が必要ない」と決めつけてしまっているのです。

しかし、そのような考え方になってしまっていること自体が勉強不足であり、視野が狭いと言わざるを得ません。

どの職業でも必ず勉強してきたことが身についているか問われることがあるので、その時に活用できる知識を身につけておきましょう。

嫌なことから逃げないことが社会では重要だから

勉強は誰もが好きでやっていることではありません。難関大学に合格する人でも、勉強を嫌々している人がほとんどです。

しかし、そのような「自分の嫌なことをどれだけ頑張ることができるか」ということが社会に出てからとても重要なのです。

社会に出ると、高校のように勉強する環境が整っていることはまずありません。丁寧に教えてくれる先生や、自習室もありません。

高校という、恵まれた環境でも「勉強は必要ない」と言って取り組むことができない人が社会において活躍できることがあるでしょうか?

少し厳しい言い方になるかもしれませんが、そのような人が企業などで活躍できるとは思わないでしょう。

問題解決能力を鍛えるため

高校生では答えのある問題を解けば点数がもらえますが、社会に出たら答えのない問題を常に考えていかなければなりません。

例えば「会社の売り上げを上げるためには」という問題に対しては、教科書や問題集もありません。自分で考えて行動しないといけないのです。

その訓練のために高校で勉強し、問題解決能力を鍛えておく必要があるのです。自分で筋道を立てて考える力は、高校でしっかり勉強しているからこそ身につくのです。

頭を使うことを諦めて「勉強は意味ない!」と逃げてしまっては、学力以外の部分でも劣ってしまうことになるでしょう。

学歴は自分を守ってくれるから

高校生のうちに全力で勉強を頑張り、偏差値の高い大学に入っておくことで、その学歴は自分を守ってくれるようになります。

例えば、将来起業したいと思った時に「高卒で起業する人」と「東大卒で起業する人」のどちらが信用できるでしょうか。多くの人は後者が信用できると思います。

将来何をするにしても「信用」はとても大事ですが、偏差値の高い大学に入学しておくだけで信用が得られやすいのです。

銀行などで融資を受けるときや会社で採用をするときも、最終学歴は必ず考慮されるので今のうち勉強をしておかないとできることの幅が狭くなってしまいます。

まとめ

今回紹介した「勉強をする意味」は以下の6つです。

・学力は年収に比例するから
・人生の選択肢を広げることができるから
・社会に出たとき、使う科目が多いから
・嫌なことから逃げないことが社会では重要だから
・問題解決能力を鍛えるため
・学歴は自分を守ってくれるから
勉強は、将来の生活を豊かにしていくためには必ず必要であり、すべての職業につながる基礎的な部分でもあります。

なので、ぜひこの記事で勉強する意味を見出して成績を上げることができるように頑張ってもらえればと思います。

また、大学受験プロでは正しい勉強法やおすすめ参考書などの記事も執筆しているのでぜひ参考にしてみてください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

大学受験の効率的な参考書・問題集の選び方、使い方とは

2018.03.08

成績が上がる勉強法を習得する

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載