名問の森の問題数やレベルや使い方を紹介

名問の森の問題数やレベルや使い方を紹介 参考書




名問の森は河合出版が出版している大学受験の物理の参考書です。物理を選択している受験生の方ならおなじみの参考書と言えるのではないでしょうか。今回は名問の森の問題数、レベル、具体的な使い方についてご紹介していきます!

名問の森の問題数

名問の森は2冊に分かれています。1冊は力学、熱、波動Ⅰを扱っており、もう1冊は波動Ⅱ、電磁気、原子を扱っています。

力学

力学は合計で41問あります。内訳は、放物運動3問、剛体の釣り合い3問、運動方程式4問、エネルギー保存則2問、保存則5問、慣性力5問、等速円運動3問、円運動3問、円運動・単振動1問、単振動10問、万有引力2問です。

熱は合計で16問あります。内訳は比熱・熱容量1問、気体の法則1問、分子運動論2問、熱力学12問です。

波動Ⅰ

波動Ⅰは合計で12問あります。内訳は、波の性質1問、反射・定常波1問、弦の共振1問、弦と気柱の共鳴1問、波の式1問、ドップラー効果4問、反射・屈折の法則1問、レンズ1問、光波1問です。

 

波動Ⅱ

波動Ⅱは9問です。内訳は波の干渉2問、光の干渉7問です。

電磁気

電磁気は44問です。内訳は静電気6問、コンデンサー9問、直流回路9問、電流と磁場1問、電磁誘導10問、交流の過渡現象1問、交流2問、電磁場中の粒子6問です。

原子

原子は15問です。内訳は光の粒子性3問、X線管・物質波1問、原子構造3問、原子核7問です。

名問の森のレベルと特徴

名問の森は大学受験の物理の参考書の中で、ハイレベルの参考書です。基礎がしっかりできている人が演習のために使うものなので初学者は名問の森に手を出すのはやめましょう。同じ河合出版の物理のエッセンスや良問の風を終わらせてから、名問の森に取り組みましょう。名問の森のレベルは、MARCH、中堅国立~早慶、難関国立となっています。

 

名問の森は難関大向けの参考書ですが、すべての問題のレベルが異常に高いというわけではありません。物理のエッセンスや良問の風を勉強してから名問の森に取り組んだ人であれば、「難しい割に理解できる」と感じるでしょう。一問一問がとても丁寧に作られているので、難関大の問題を解く力が身に付きます。

 

名問の森は、問題ごとに重要レベルが表示されていて、どの問題に力を入れたらいいのかということがわかりやすくなっています。小問ごとに難易度が表示されているので、勉強がしやすいという特徴もあります。

 

名問の森の使い方

これまで、名問の森の内容とレベルについてご紹介してきました。ここからは具体的な使い方についてご紹介します!

スケジュールを立てる

名問の森の使い方の1つはスケジュールを立てること

力学、熱、波動、電磁気、原子を合わせると全部で約130題あります。名問の森のレベルは高いので1周するだけではなかなか身に付きません。少なくとも2周、理想は3周したほうがいいでしょう。そうなるとスケジュールをしっかり立てて早いうちから取り組むということが大切です。

 

1日に5題だとするとだいたい26日かかります。勉強の進み具合によってこれを早いとするか遅いとするかは人それぞれです。遅いと感じる人は1日にやる量を増やすか、勉強の開始日を早くできるように、物理のエッセンスや良問の風を仕上げるようにしましょう。

問題を解く時は必ず時間を測る

名問の森の使い方の1つは問題を解くときに時間を測ること

問題演習をする時の鉄則は時間を測るということです。本番を意識して制限時間を自分で決めてみましょう。本番では解いたあとの見直しができるように余裕を持って時間を設定するはずです。練習の段階からその厳しい時間を守れるようトレーニングしましょう。

物理のエッセンスを辞書代わりに使う

名問の森の使い方の1つは物理のエッセンスを辞書代わりに使うこと

名問の森は難関大学志望者のための問題を扱っているので、どうしても理解ができない部分が出てくるでしょう。そういう時は物理のエッセンスを横に置いておいてすぐ調べられるようにしましょう。名問の森と同じく物理のエッセンスも浜島清利先生が書かれたものなので使いやすいです。

 

問題を解いて答え合わせをして、解答を読んでもなぜかピンとこないという時は、基礎知識が抜けている可能性があります。人間なので忘れることは仕方のないことです。その時にあやふやなまま進むのではなく、物理のエッセンスを使って復習をして、名問の森の問題演習に役立てるようにしましょう。

 

物理のエッセンスについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

物理のエッセンスの対象レベルや効果的な使い方を解説!

2018.07.13

まとめ

名問の森の問題数、レベル、使い方についてご紹介しました。力学が41問、熱が16問、波動がⅠとⅡに分かれていて21問、電磁気が44問、原子が15問です。

 

レベルは、受験物理の中でハイレベルということができます。物理のエッセンスや良問の風を仕上げてから取り組むようにしましょう。おすすめの使い方はスケジュールを立てる、時間を測って解く、物理エッセンスを横に置いて辞書として使いながら解いていくということです。

 

名問の森を使って物理の得点力を上げ、第一志望の大学、学部、学科に合格しましょう!

 

名問の森以外の物理の参考書、問題集について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【2019年版】物理のおすすめの問題集・参考書をレベル別に31冊ご紹介!

2018.01.28
大学受験プロおすすめの勉強法