勉強におすすめのシャーペン15選

勉強におすすめのシャーペン15選 コラム




高校生になると、勉強中にシャーペンを使っている人がほとんどかと思います。

最近では多種多様なシャーペンが出ていて、デザイン性に優れたものから機能性に優れたものまで様々です。

今回は受験勉強におすすめのシャーペンを15本厳選して紹介していきます。

クルトガ/三菱鉛筆

勉強におすすめのシャーペン「クルトガ」

勉強に使うシャーペンとしては、圧倒的な人気を誇るのがクルトガです。

クルトガの最大の特徴は、芯が尖り続ける点です。

普通のシャーペンの場合、書いている内に文字の線が太くなっていきます。その為、多くの人が定期的にシャーペンを持ち替えて、文字が太くならないようにしているでしょう。

クルトガに搭載されている、芯を保持するギアは書く度に筆圧で上下しながら回転するように工夫されているので、持ち替えなくとも自動的に細い文字を維持できるようになっています。

また、常に芯が回転するので、文字の太さを均等に保ち、同じ筆圧でも濃い線を書くことが出来ます。

デルガード/ZEBRA

勉強におすすめのシャーペン「デルガード」

「どれだけ力を込めても芯が折れない世界初のシャープペン」というキャッチフレーズで、発売から2年で1000万本を売り上げた人気のシャーペンです。

搭載されているバネが、縦と横方向からの力を分散して、芯が折れるのを防いでくれます。

その為、筆圧が強く芯がよく折れてしまう人やシャーペンを寝かせて持つ人にはぴったりです。

また、シャーペン内部に折れた短い芯が入るスペースを無くしているので、勉強中によく起こる芯詰まりを防いでくれます。

製図用0.5mm/ステッドラー

勉強におすすめのシャーペン「ステッドラー」

元々製図用に設計されたシャーペンです。

グリップ部分に凹凸が付けられていて、抜群の重量感と握り心地を味わうことが出来ます。

また、製図用ということでペン先が見やすく、細かい作業をするのに向いています。

ただ、重量が少し重いので、重いシャーペンが苦手な人には向いていないと言えます。

鉛筆シャープ/コクヨ

勉強におすすめのシャーペン「鉛筆シャープ」

名前の通り、鉛筆を持って書いているような感覚を味わえるシャーペンです。

具体的には、六角軸になっている上に、凹凸のないシンプルな形状をしています。ペンの後方からそのまま芯を投入できるので、勉強中でもスピーディーに補充することが出来ます。

また、芯が太く、折れにくいので筆圧が強い方でも安心して使用することが出来ます。

芯が太いという事で、センター試験などのマーク形式に適しているシャーペンであると言えます。

ペンシルスペシャル/カヴェコ

勉強におすすめのシャーペン「ペンシルスペシャル」

洗練された正八角形のフォルムが特徴的な高級シャーペンです。

クリップも排除しており、アルミ素材のクラシックなデザインは高級感を感じさせます。

値段が高いだけあって使い心地も抜群で、非常に滑らかな書き心地を実現しています。

1930年代の事務用ペンシルをイメージしてデザインされていて、使用すると「なぜ鉛筆があのような形状だったのか」を認識することが出来ます。

スマッシュ/ぺんてる

勉強におすすめのシャーペン「スマッシュ」

デザインは非常にシンプルですが、抜群の機能性を備えているシャーペンです。

ペン先とグリップを一体化していて、長時間勉強で書いていてもゆるんだりぐらついたりしないのが特徴です。

芯が折れにくく、滑り止めの感触も良いので、文字を書こうとする力がそのままペン先に伝わる感覚を実感することが出来ます。

また、ノックミスが起こりにくいように、蛇腹構造のノックを採用しているのも魅力です。

Amazonで最も売れているシャーペンであり、勉強はもちろんのこと、ビジネス用や普段使いでも高い人気を誇っています。

ドクターグリップ Gスペック/パイロット

勉強におすすめのシャーペン「ドクターグリップ Gスペック」

ペンを振るだけで芯が出てくる便利さが最大の魅力のシャーペンです。

わざわざシャーペンを持ち替えてノックする必要が無いので、勉強中の僅かな時間も無駄にすることはありません。

グリップには指にフィットするソフトグリップを採用していて、長時間勉強していも疲れにくいように工夫されています。

また、ペン自体の重量が重めになっているので、軽い力で滑らかな線を描くことが出来るのも魅力の1つです。

レックスグリップ/パイロット

勉強におすすめのシャーペン「レックスグリップ」

 

「安さ・書きやすさ・軽さ」の三拍子を揃えているシャーペンです。

グリップとボディの間に段差がないシンプルなデザインになっていて、持ちやすいのが特徴です。

グリップはソフトとハードの中間を採用していて、指が痛くなりにくい上に安定した文字を書き続けることが出来るようになっています。

また、価格は驚異の100円+消費税。

カラー展開も10種類と豊富なので、自分の好きな色をしっかりと選ぶことが出来ます。

さらに、地球に優しい「リサイクルシャープ」であるという点も魅力の1つです。

モノグラフグリップ

勉強におすすめのシャーペン「モノグラフグリップ」

精密なペン先とフレノック機能で書く機能を充実させた上に、便利な繰り返し式消しゴムを搭載したシャーペンです。

芯の出し方はグリップ部分をノックするのと、振るだけで芯が出るフレノック機能の2通りがあり、自分の好みに応じて使い分けることが出来ます。

また、グリップ部分を上げておくことで、誤って振った時に芯が出ないようにロックしておくことが出来るようになっています。

ペン先には、製図用シャープペンシルの標準的なものを搭載していて、安定した精密な筆記を実現しています。

消しゴムは使用すると回転して少しずつ出てくるようになっていて、書き間違いがあっても素早く消すことが出来ます。

グラフギア1000/ぺんてる

勉強におすすめのシャーペン「グラフギア1000」

メタリックで洗練されたデザインと、高い機能性を備えている製図用シャーペンです。

グリップがローレット加工とゴムの2層構造になっていて、長時間勉強していても疲れにくく、滑りにくくなっています。

勉強中の手汗が気になるという人にとってはもってこいのグリップの構造です。

また、クリップ部分をノックすることで、ペンの先端をワンタッチでしまうことが出来るので、製図用シャーペンでありがちな壊れやすさをカバーしています。

安価な割に高級感を感じさせるデザインになっているのも魅力の1つです。

オレンズネロ/ぺんてる

勉強におすすめのシャーペン「オレンズネロ」

名前の通り、芯が折れにくいのが特徴のシャーペンです。

ノック1回することで自動的に芯が出続けるのですが、文字を書くのに最低限必要な芯しか出てこないので、書いている途中で折れることがありません。

また、ノックの手間も省けるので、勉強中の時間を無駄にすることがありません。

値段はやや高めですが、ボディが重めで軽い力でスイスイ書くことが出来るおすすめのシャーペンです。

ノノック/オート

勉強におすすめのシャーペン「ノノック」

名前から想像できる通り、ノックしなくても芯が出てくるシャーペンです。

具体的には、自動芯出し機能が付いており、必要以上に出過ぎないように調整してくれるので芯が折れる心配もありません。

また、フォルムはアルミ製で美しく、カラー展開も豊富なのも魅力の1つです。

エストゥエンティ/パイロット

勉強におすすめのシャーペン「エストゥエンティ」

 

天然のカバの木を使っているという事で、自然で優しい雰囲気が特徴的なシャーペンです。

木製ということで、手汗などがあっても滑りにくく、長時間勉強していても安定した筆記が可能になっています。

また、やや太めですが、手に上手くフィットして持ちやすいのも特徴です。

木目の入ったボディが美しく、値段はやや高めですがおすすめのシャーペンです。

サファリ/ラミー

勉強におすすめのシャーペン「ラミー」

おしゃれなデザインが魅力的なシャーペンです。

ペン軸に凹凸が付いていて、指に沿うようになっているので、正しい持ち方で持てるようになっています。

特徴的な大きなクリップは、ノートや胸元に挟んでおく時に役立ちます。

ジョッター コアライン/PARKER

勉強におすすめのシャーペン「ジョッター コアライン」

高級筆記用具ブランドとして信頼できるPARKERのシャーペンです。

ボディ素材はプラスチックになっていて、ハードタイプのシャーペンが好きという人にもってこいになっています。

また、高い耐久性と書きやすさを誇っていて、長期間に渡って勉強中のシャーペンとして愛用することが出来ます。

カラー展開は、ブルー・ブラック・オレンジなど計6色で、どれも気品に溢れているおすすめシャーペンです。

まとめ

受験勉強におすすめのシャーペンを15本紹介してきました。

機能性やデザイン性など人によってシャーペンに求めるものは異なります。

今回紹介したシャーペンの中で気に入った物があった人は、是非チェックしてみて下さい。

また、勉強がはかどるおすすめの文房具について以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

勉強がはかどるおすすめの文房具7選

2018.09.26

おすすめの勉強グッズについてもまとめているので合わせてご覧ください。

【これで勉強が快適に?】勉強に集中できるグッズおすすめ19選! 

2018.02.10
和田秀樹