浪人で志望校を上げるのは有り?

浪人で志望校を上げるのは有り? 浪人生向け



浪人して志望校を上げる人は多いようですが、実際上げても良いのでしょうか?

今回は、浪人して志望校を上げるメリットやデメリットから、実際上げるのがどうなのかについて解説していきます。

浪人生必見の内容ですので、是非参考にしていって下さい。

浪人して志望校を上げるメリット

まずは浪人して志望校を上げるメリットを解説していきます。

成績が伸びやすい

浪人して志望校を上げるメリット「成績が伸びやすい」

浪人して志望校を上げると成績が伸びやすいです。

というのも、目指している目標が高いほど意識が高くなるからです。

志望校を高く設定していると、仮に合格できなかったとしても元々、自分の偏差値に合っていた大学には合格できるかもしれません。

逆に現役時と同じ大学を志望校に設定すると、最高でも志望校のレベルまでしか到達することが出来ません。

現役生より圧倒的に有利になる

浪人して志望校を上げるメリット「現役生より圧倒的に有利になる」

浪人して志望校を上げるメリットの2つ目は、現役生より圧倒的に有利になることです。

浪人生は、センター試験も志望校の入試も1度経験しています。

会場や周りの受験生の雰囲気などを知っているのは、大きなアドバンテージになります。

また、浪人生は体育祭や文化祭などの学校行事はもちろんのこと、学校の授業もありません。

なので、1年中自分の勉強に専念することが出来ます。

もちろん勉強時間だけで決まるわけではありませんが、圧倒的に勉強のみに専念できる浪人生はかなり有利なので、志望校を上げる意味はあります。

人生の選択肢が増える

浪人して志望校を上げるメリット「人生の選択肢が増える」

最近でこそ、個性やスキルなどを重視する企業が増えてきているものの、まだまだ日本の就職制度では学歴重視であると言われています。

というのも、学歴が高い人はどこでも採用できるという訳ではありませんからね。

特に大企業では、ある程度の大学のレベルでボーダーラインが引かれているところもあるようです。

つまり、浪人して志望校を上げて合格すると、人生の選択肢が広がります。

浪人が就職に影響するのかについては、以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

浪人は就職に影響するのか?

2019.02.04

浪人して志望校を上げるデメリット

ここからは、浪人して志望校を上げるデメリットを解説していきます。

現役時の対策が無駄になる

浪人して志望校を上げるデメリット「現役時の対策が無駄になる」

浪人して志望校を上げると、現役時にした対策が無駄になる可能性があります。

というのも、現役時には志望校の傾向を分析して、対策をしてきたはずです。

浪人して志望校を上げると、現役時にしてきた分析や対策が無駄になり、また新たな志望校の分析や対策を行う必要があるので、0からのスタートになります。

教科数が増える場合がある

浪人して志望校を上げるデメリット「教科数が増える場合がある」

入試で必要な科目は大学や学部によって大きく異なります。

浪人して志望校を上げると、教科数が増える場合があります。

得意科目が増える場合には心配する必要はありませんが、中々簡単にはいきません。

教科数が増えるとは、浪人期間の1年間で合格するのに十分なレベルまで仕上げる必要があるので、かなりきついです。

浪人して志望校を上げるのは基本的には無し

浪人して志望校を上げるのは基本的には無し

浪人して、現役時の志望校よりもレベルを上げるのは基本的には無しです。

というのも、単純に志望校を上げると合格の可能性が低くなるからです。

浪人は現役時と比べてリスクを取りにくいです。ほとんどの浪人生は「今年こそは合格する」という決意と共に「今年合格しなかったらどうしよう」という不安を抱えています。

現役時に届かなかった志望校から、更にレベルを上げるのは客観的にみるとリスクを取りすぎていると言えます。

もちろん浪人で志望校を上げて合格する人は多数いますが、基本的には現役時と同じ大学を目指すことをおすすめします。

浪人して志望校を上げても成功しやすい人の特徴

ここまでで浪人して志望校を上げるのは基本的に無しだと解説してきましたが、もちろん必ずしも駄目というわけではありません。

先ほども書いた通り、浪人して志望校を上げて合格する人は多くいます。

では、浪人して志望校を上げても成功しやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?以下で紹介していきます。

教科数が変わらない人

浪人して志望校を上げても成功しやすい人の特徴「教科数が変わらない人」

先ほども書いた通り、浪人で志望校を上げたときに教科数が増えるのはかなりきついです。

必要な科目が変わると、対策も変わってきて、多くの時間が必要になるので勉強する時間が圧迫されます。

志望校を上げても現役時と同じ教科数や少ない教科数で受験できる人は、成功しやすいと言えます。

現役時に僅差で落ちた人

浪人して志望校を上げても成功しやすい人の特徴「現役時に僅差で落ちた人」

現役時に僅差で落ちてしまった人は、浪人で志望校を上げても成功しやすいです。

逆に、現役時に大差で落ちた人は、そもそも全然届かなかった大学から更にレベルを上げるとなると、至難の業です。

現役時に志望校まで全然届かなかったのは、十分に対策が出来なかったということです。浪人して更にレベルの高い大学の対策を練るのは難しいでしょう。

志望校に対して熱い想いを持っている人

浪人して志望校を上げても成功しやすい人の特徴「志望校に対して熱い想いを持っている人」

精神論になりますが、浪人して志望校を上げた時に、志望校に対して「どうしても行きたい!」という熱い想いがないと合格は厳しいでしょう。

ただでさえ、自分の学力より高いレベルの大学を目指しているのに、ちょっとした事で一喜一憂してモチベーションが落ちていてはいけません。

受験勉強が上手く進まなくても、志望校に対して熱い想いを持っている人が、最後に笑うという事を覚えておきましょう。

まとめ

浪人して志望校を上げることのメリットやデメリットなどについて分かってもらえたと思います。

浪人して志望校を上げるのは基本的に無しで、基本的には現役時と同じ大学を受験する事をおすすめします。

ただ、どうしても行きたい大学がある場合や現役時に僅差で落ちたので志望校を上げても自信がある人は、チャレンジしてみても良いかもしれません。

浪人生活を上手く進めていく為の方法は、以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【浪人生必読】大学受験プロ式の浪人成功方法まとめ

2018.07.02

 

 

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載