浪人は就職に影響するのか?

浪人は就職に影響するのか? 浪人生向け




「浪人したら就職活動に影響がありそうで不安だ」と思っている受験生や浪人生は多いようです。

では、実際のところ浪人することが就職に影響を与えることはあるのでしょうか?

今回は、浪人が就職に不利なのか否かや、浪人して就職する際の強みやデメリットなど幅広く解説していきます。

浪人は就職に不利?

浪人は就職に不利?

「浪人したら就職に不利になるのではないか?」「面接の時に浪人であることを言うと、マイナスのイメージを与えてしまうのではないか?」など、浪人が就職にネガティブであると思っている受験生は多いようです。

しかし結論から言うと、浪人したからと言って、就職で不利になることはほとんどありません。

ただ、不利にならないのは2浪までに限ります。また、企業によっては不利になる事もあるかもしれませんが、99%の企業で不利になることはないでしょう。

以下で理由を解説していきますが、2浪までであれば他の学生と同等に評価してもらえるので気にする必要はありません。

浪人が就職に不利では無い理由

ここでは、浪人が就職に不利にならない理由を解説していきます。

就職では2年遅れまでが新卒扱いになる

浪人が就職に不利では無い理由「就職では2年遅れまでが新卒扱いになる」

日本の企業では、一般的に2年遅れまでを新卒扱いとして採用しています。

つまり、二浪まででダイレクトに大学卒業や、一浪で大学に入ってから一年休学などは新卒扱いになります。

日本の企業は新卒一括採用と言って、企業が在学中の学生を年度毎に採用して、卒業後すぐに勤務させるという形式を取っているところがほとんどです。

なので、2浪までは現役で合格した人と同等に新卒として評価されるので、心配する必要はありません。

就職では学歴が重視される事が多い

浪人が就職に不利では無い理由「就職では抱く歴が重視されることが多い」

最近でこそ、個性やスキルなどを重視する企業が増えてきているものの、まだまだ日本の就職制度では学歴重視であると言われています。

というのも、学歴が高い人はどこでも採用できるという訳ではありませんからね。

特に大企業では、ある程度の大学のレベルでボーダーラインが引かれているところもあるようです。

なので、浪人してレベルの高い大学に行くのは、不利ではなくむしろ有利になります。

企業にとっては仕事できるかどうかが大事

浪人が就職に不利では無い理由「企業にとっては仕事できるかどうかが大事」

採用をする企業からすると、大事なのはあくまでも採用した時に企業にとってメリットがあるのか?」という点であり、1年や2年大学に入学するのが遅いなどは基準になりません。

実際にあなたが採用する側に立ったとして考えてみて下さい。

・現役で入ったT大学卒で、面接の時にコミュニケーションがまともに取れない

・2浪で入ったT大学卒で、面接の時に円滑にコミュニケーションが取れる

同じ大学卒業の上記の2人が面接に来たとして、1人しか採用できないとした時に、どちらを採用しますか?

もちろん他に特別なスキルを持っている可能性もありますが、ほとんどの人が2人目の2浪の学生を採用すると思います。

自分で考えてみても分かるように、1浪や2浪はそこまで関係ないですよね。あくまでも大事なのは、他の要素なので浪人だからと言って気にする必要はありません。

浪人して就職する際の強み

浪人して就職することは対して不利では無いという事を分かったもらえたかと思います。

実は、浪人すると就職する際に様々な強い点があることも事実です。以下で浪人して就職する際の強みを紹介し知恵きます。

高校の同期から就職の話を聞ける

浪人して就職する際の強み「高校の同期から就職の話を聞ける」

浪人して就職すると、現役で合格して就職した高校の同期から就職の様々な情報を聞くことが出来ます。

何事も同じですが、実際に体験した人のリアルな声が一番参考になります。

大学の先輩に聞くことも出来ますが、先輩なので気を遣うこともあるでしょう。高校の同期だと気も遣わずに聞きたい事を聞けるのでかなりタメになります。

意思の強さをアピール出来る

浪人して就職する際の強み「意思の強さをアピール出来る」

企業によっては、面接の時に浪人した事について聞かれることもあります。

聞かれた時に「どうしても○○大学に行きたくて浪人しました。そして1年間意思を強く持って、このくらい頑張って勉強して、目標を達成することが出来ました。」と話すことで、逆に意思の強さをアピールすることが出来ます。

企業からしても、自分の目標に対してしっかりと努力出来るのはプラスのイメージなので、就職の際に浪人を強みに変えることが出来ます。

浪人して就職する事のデメリット

先ほど浪人して就職するのを強みに変える方法を紹介しましたが、もちろん浪人して就職する事には、幾つかのデメリットがあります。以下でデメリットについて解説していきます。

給料が1年分減る

浪人して就職する事のデメリット「給料が1年分減る」

1年浪人して卒業後に就職した場合には、現役で合格した人に比べて定年までに貰える給料が1年分少ないことになります。

「1年分くらい気にしない」という人は良いですが、大企業だと約1000~1500万円です。

一浪で就職すると、60歳の定年までで37年間給料を貰えることになります。

基本的に新卒時の給料は同じなので、同じように出世していったと仮定して、辞職前の1年分の年収分が一浪の人は少なくなります。

また、多くの企業では退職金が勤続年数に応じて決まる形式になっているので、1年分で約200万円少なくなります。

新卒1年目の給料分が少なくなると考えると大したことないですが、少なくなるのは59際から60際までの年収と退職金なので割と大きな金額になります。

もちろん同じように出世したと仮定した場合なので、入社してからの活躍で大きく変わるので、いくらでも挽回することは出来ます。

上司が同い年、年下の同期

浪人して就職する事のデメリット「上司が同い年、年下の同期」

浪人して就職すると、多くの上司は自分と同い年で、同期は自分よりも1つ年下に当たります。

気にしない人なら良いですが、年齢を気にしてしまう人にとってはデメリットであると言えます。

まとめ

浪人が就職に大した影響を及ぼさない事が分かってもらえたかと思います。

就職には、大学に入学してからの頑張りや為人が重視され、浪人してかどうかなどはほとんど関係ありません。

もちろんデメリットもありますが、対して気にする事でもありませんし、逆に浪人を強みに変えることも出来ます。

現在浪人している人は、就職の際に不利になることは無いので、安心して勉強を進めていくようにしましょう。

浪人生活を上手く進めていく為の方法は、以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【浪人生必読】大学受験プロ式の浪人成功方法まとめ

2018.07.02
和田秀樹