浪人生の一人暮らしについて

浪人生の一人暮らしについて 浪人生向け



浪人をする時に、親元を離れて一人暮らしを考えている人は多いかと思います。

では、浪人生が一人暮らしをするのは有りなのでしょうか?

今回は、浪人生が一人暮らしをする事について、解説していきます。浪人をする事になった受験生は参考にしていって下さい。

浪人生の一人暮らしは基本的に無し

浪人生の一人暮らしは基本的に無し

結論から言うと、浪人生の一人暮らしは基本的に無しです。

あくまでも浪人生の目的は志望校に合格することです。

なので、出来るだけ志望校合格に近づきやすい環境に身を置くべきです。

実家暮らしだと親のプレッシャーがしんどいのは分かりますが、可能なら1年間実家に住んで勉強に専念するべきです。

以下で浪人生の一人暮らしが厳しい理由を解説していきます。

浪人生の一人暮らしが厳しい理由

ここからは、浪人生の1人暮らしが厳しい理由を解説していきます。

バイトに時間を取られる

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「バイトに時間を取られる」

親が生活費の全てを仕送りしてくれる場合は良いですが、ほとんどの1人暮らしをしている浪人生はバイトをして生活費を賄います。

当然の事ながら、バイトをすると勉強時間が減ってしまいます。

また、バイトに疲れて勉強に集中できないという事もあるでしょう。

一人暮らしをする際にバイトをする必要がある浪人生は、両立して成績を上げていくのは難しいと言えます。

浪人生とアルバイトについては、以下の記事に更に詳しくまとめています。合わせてご覧ください。

アルバイトしている浪人生は成功できるの?

2018.02.15

生活リズムが崩れる

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「生活リズムが崩れる」

急に一人暮らしとなると、生活リズムが崩れてしまいます。

実家暮らしの時には、親や兄弟がいて仕事や学校があるので、自然と朝は決まった時間に起きることが出来ます。また、ご飯もある程度決まった時間に出てくるでしょう。

しかし、一人暮らしとなると起こしてくれる人もいなければ、ご飯も勝手に出てきません。

また、あくまでも浪人なので、勉強を重点的に行いながら生活リズムを整える必要があります。

いきなり自分で生活リズムを管理するのは中々難しいでしょう。

受験は長期戦なので1年間で生活リズムを整えておかないと、どんどん怠けていってしまいます。

受験生活における理想の睡眠時間は以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

2017.12.21

栄養バランスが崩れる

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「栄養バランスが崩れる」

浪人生が一人暮らしをすると、栄養バランスも崩れてしまいがちです。

最初の内は一人暮らしが楽しくて、頑張って自炊をするかもしれませんが、次第にラーメンなどの調理が簡単な食事に変わっていったり、1日1食になることもあるでしょう。

栄養バランスが崩れてしまうと、風邪を引きやすいのは当然の事、勉強効率も大きく低下してしまいます。

実家暮らしだと気にすることも無かった事ですが、栄養バランスが崩れた状態で成績を上げていくのは難しいと言えます。

受験生と食事の関係性については以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

2018.02.11

家事に時間を取られる

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「家事に時間を取られる」

浪人生が一人暮らしをすると、家事も自分で行う必要があります。

掃除や洗濯・料理などの家事の時間は、実家暮らしの受験生にはかからない時間であり、大きなハンデになります。

一般的に一人暮らしだと、洗濯・掃除・料理に1日約40分かかると言われています。

受験勉強をするのが4月~翌年2月とすると、約330日です。

毎日40分消費すると、合計で220時間もの時間を家事に使ってしまうことになります。

1日単位で見ると大した時間ではありませんが、トータルで見るとかなりの時間を奪われていることが分かります。

実家暮らしなら勉強出来るはずの丸々約9日間を消費してしまうとなると、成績を上げるのは難しくなります。

モチベーションの維持が難しい

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「モチベーションの維持が難しい」

一人暮らしは、本当に自由が利きます。

ただでさえ自由な浪人生活に加えて、一人暮らしとなると、自由すぎるので勉強に対するモチベーションを維持するのが難しいです。

実際、家には誰も居ないので、勉強をサボろうと思えばいくらでもサボれます。

一人暮らしの中、「絶対に○○大学に合格したい!」と1年間継続してモチベーションを維持するのは至難の業です。

浪人で1年間モチベーションを維持する方法については以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【浪人生必見】1年間モチベーションを保ち続けるための方法8選!

2018.02.16

メンタル面の管理が難しい

浪人生の一人暮らしが厳しい理由「メンタル面の管理が難しい」

一人暮らしは、かなり孤独です。

更に浪人生は精神的に追い詰められている事が多いので、孤独感と合わさることでモチベーションがどんどん低下していってしまいます。

予備校に通っている場合は会話があるので問題ありませんが、1人暮らしで宅浪をしている人は誰との会話も無く、かなりしんどいでしょう。

浪人生活ではモチベーションの維持が重要で、維持できないと自由な時間を逆に遊びなどに使ってしまいます。

浪人生活におけるメンタルマネジメント法については以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

浪人はなぜつらい?また、そのメンタルマネジメント法とは!?

2018.05.16

浪人生は一人暮らしではなく、実家暮らしや寮がおすすめ

浪人生は一人暮らしではなく、実家暮らしや寮がおすすめ

浪人生が一人暮らしをしながら、志望校合格を目指すのがいかに厳しい事であるか分かってもらえたと思います。

家族や近所の人の目線が気になるのは分かりますが、1年間は我慢して実家で面倒見てもらうことをおすすめします。

また、どうしても嫌だという場合には、費用は高くなりますが予備校の寮に入る手もあります。

寮だと親元を離れて勉強のみに専念出来る上に、大学合格を目指す仲間も多く出来るので日々モチベーションを保ちながら過ごすことが出来ます。

一人暮らしに憧れる気持ちは分かりますが、大学に入ってからでも出来ます。

浪人生活の1年間は、いかに勉強のみに専念できるかを意識して身を置く環境を選ぶようにしましょう。

まとめ

浪人生が一人暮らしをしながら、志望校合格を目指すことがいかに無謀であるかが分かってもらえたかと思います。

基本的に浪人生は実家暮らしか予備校などの寮に住むことをおすすめします。

ただ、一人暮らしが絶対にいけないという訳ではありません。よほど志望校への気持ちが強い人や、自己管理能力がある人なら、一人暮らしをしながら志望校合格を達成できる事もあるので、最後は親や自分自身と相談して決めるようにしましょう。

浪人生活を上手く進めていく為の方法は、以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【浪人生必読】大学受験プロ式の浪人成功方法まとめ

2018.07.02

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載