浪人生が予備校の寮に入る事について

浪人生が予備校の寮に入る事について 浪人生向け



浪人して予備校に通う時に、寮に入る事を考えている人はいるのではないかと思います。

実際の所、予備校の寮はどうなのでしょうか?

今回は、浪人生が予備校の寮に入る事について解説していきます。

浪人生が予備校の寮に入るメリット

ここでは、浪人生が予備校の寮に入るメリットを紹介していきます。

勉強に集中できる環境が整っている

浪人生が予備校に入るメリット「勉強に集中できる環境が整っている」

当然の事ですが、予備校の寮は勉強に集中できる環境が整っています。

基本的に寮に入っている浪人生は、日中は予備校で勉強して、終了後は寮で自習をしています。

多くの予備校の寮では、自習室が設けられているので開放的な環境で勉強に集中することが出来ます。

また、受験に関する様々な情報を閲覧できる情報ステーションなどがある寮も多く、常に受験の事を意識しながら生活できるようになっています。

通学時間が短い

浪人生が予備校に入るメリット「通学時間が短い」

寮は多くの場合、予備校の近くに建てられています。

なので、予備校に通学するまでの時間が短くて済みます。基本的には、徒歩で通学出来るので交通費がかからないのも魅力です。

中には、電車を乗ることで気分を切り替えれるからと少し離れた場所に寮を置いている予備校もあるようですが、通学するのに30分以上かかることはないでしょう。

周りがみんな受験生

浪人生が予備校の寮に入るメリット「周りがみんな受験生」

予備校の寮に住んでいるのはみんな受験生、更に言うと浪人生です。

毎日勉強はもちろんのこと、食事などの生活を共にする仲間の存在は受験生活において大きいです。

たとえモチベーションが落ちそうになっても、周りの頑張っている姿を見て上げ直す事が出来ますし、みんなで励まし合いながら受験生活を進めていくことが出来ます。

浪人の大変な1年間を共に過ごしきった後でも、定期的に集まり合う一生の仲間になるかもしれません。

食事面の心配が要らない

浪人生が予備校の寮に入るメリット「食事面の心配が要らない」

多くの予備校の寮では、栄養士が食事の管理をしてくれます。

実家を離れて1人暮らしをする際には、食事が問題になりますが、寮だと栄養バランスを考えた食事を毎日食べれるので安心です。

受験生と食事の関係性については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

2018.02.11

生活リズムを保てる

浪人生が予備校の寮に入るメリット「生活リズムを保てる」

ほとんどの予備校の寮では、門限や消灯時間が決められています。

また、食事の時間なども毎日同じなので、生活リズムを崩すことなく一定に保つことが出来ます。

生活リズムを保つ事は受験生活においては重要で、特に浪人生は精神的な辛さから崩れてしまうことが多いです。

予備校の寮だと自然と保たざるを得ない環境になっているので大きなメリットだと言えます。

浪人生が予備校の寮に入るデメリット

浪人生が予備校の寮に入るデメリット

予備校の寮は、勉強のみに専念出来るよう生活の面も管理されるので、人によっては逆にプレッシャーだと感じてしまうこともあります。

特に浪人生は、ただでさえプレッシャーがかかっています。

度のプレッシャーがあると、逆に勉強の効率を下げてしまうのでデメリットであると言えます。

ただ、プレッシャーを感じるか否かは性格によって違うので、全員に当てはまるデメリットではありません。

予備校の寮に向いている浪人生の特徴

予備校の寮に向いている浪人生の特徴

予備校の寮には、メリット・デメリット共にありますが、どのような浪人生が向いているのでしょうか?

予備校の寮に向いているのは、それなりに管理されても嫌でない人です。

先ほども書きましたが、予備校の寮では門限や消灯時間が決められていたり、中には起床時間になっても起きないと、起こしにくる所もあります。

管理されるのが嫌ですぐに反発してしまう人だと、ストレスが溜まって勉強に身が入らないかもしれません。

それなりに管理されても嫌でなく、しっかりと自分の目標のみを見て生活していける人なら、予備校の寮に入る価値は大いにあります。

予備校の寮を選ぶ際の基準

予備校の寮を選ぶ際の基準

予備校の寮と言っても様々ありますけど、浪人生が選ぶ際には何を基準にして選べば良いのでしょうか?

特に大事なのは、設備や管理の充実度です。具体的に重視すれば良いのは以下の要素です。

・予備校から近いか

・24時間面倒を見てくれる体制があるか

・集中できる自習室があるか

・食事が付いているか

人によって何を重視するかは違いますが、予備校の寮を選ぶ際には上記の要素は最低見るようにしましょう。

浪人生が予備校の寮に入るのに費用

浪人生が予備校の寮に入るのにかかる費用

予備校の寮については分かったけど、多くの人が気になるのが費用面だと思います。

予備校や寮のタイプによってかかる費用は大きく変わりますが、一般的に月に10万円を切る所は多くないと言えます。

また、入寮の際の一時金が必要な事を考慮すると、最低でも100万円はかかってきます。

寮の費用で100万円程かかるので、予備校の授業料などを含めるとかなりの金額がかかることが分かるかと思います。

予備校の寮に入ると勉強のみに集中できる環境が手に入る一方、かなりの費用がかかるということを覚えておきましょう。

まとめ

浪人生が予備校の寮に入る事について分かってもらえたかと思います。

予備校の寮には多くの良い点がある一方、不向きな人もいるので自分の性格を見て合っているかを考える必要があります。

ただ、勉強のみに専念できる環境であるのは間違いないので、興味がある人は入寮することを考えてみましょう。

今回は予備校の寮について解説してきましたが、浪人して一人暮らしをする事を考えている人もいあるかと思います。浪人生の一人暮らしについては以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

浪人生の一人暮らしについて

2019.02.09

成績が上がる勉強法を習得する

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載