部活と勉強の両立法

部活と勉強の両立法 勉強法



高校生の多くは部活に入ってると思います。

では、部活をしながら受験勉強と両立することは可能なのでしょうか?今回は、部活と勉強の両立について解説していきます。

部活と勉強の両立は出来るのか?

部活と勉強の両立は出来るのか?

出来る限り部活は長く続けたいですよね。勉強と部活を両立して大学受験に合格することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、可能です。

もちろん簡単に両立出来るものでない事は理解しておいて下さい。

特に、運動部に所属している人は、部活の練習や試合で時間を取られる上に、体力も大きく削られます。

部活をしていない人と比べて勉強出来る時間が少ない上に、身体的に疲れた状態で勉強しないといけないのはかなり不利になります。

しかし、部活と両立しながら受験勉強を進める事にはメリットもあります。

部活をしながらの受験勉強では、限られた時間の中で効率的に進める必要があります。なので、勉強を進める過程で自己管理能力が身に着きます。

自己管理能力が身に着いていると、部活引退後も計画的に受験勉強を進めることが出来るので、大きな武器になります。

部活と両立しながら勉強をする事は難しいですが、受験は単に勉強量だけで決まりません。部活を続けたい人はチャレンジしてみても良いかもしれません。

部活と勉強を上手く両立する為のコツ

ここからは、部活と勉強を上手く両立するコツを紹介していきます。

授業を大事にする

部活と勉強を両立する為のコツ「授業を大事にする」

部活をしていても、毎日最低限確保されているのが学校の授業です。

学校の授業は寝て過ごして、終わって予備校に行ってから勉強している受験生もいますが、部活をしている人は特に学校の授業の時間を大事にしましょう。

自分の苦手分野の授業の時は、しっかりと予習をして分からない所をはっきりさせて臨むようにしましょう。

また、既に理解している分野の授業で「聞いていても意味がない」と感じた時には、内職をして時間を無駄にしないようにするのが大切です。

学校の授業は毎日6,7時間はあるので、大事にして勉強するとかなりの時間勉強出来ます。

隙間時間を活用する

部活と勉強を両立する為のコツ「隙間時間を活用する」

学校の休み時間や部活の試合に行く際の移動時間など、ちょっとした隙間時間は有効に活用するようにしましょう。

部活と勉強を両立していたら中々まとまった時間を確保するのが難しいので、短い隙間時間を積み重ねることが大事です。

ただ、電車の中で参考書を広げて問題を解くのは難しいですよね。移動時間におすすめの勉強は以下の通りです。

・授業のノートを見て復習

・英単語の暗記

・英語のリスニング対策

・数学の公式の暗記

・社会系の一問一答

毎日少しの時間かもしれませんが、積み重ねると大きいです。隙間時間は無駄にせず、有効に活用しましょう。

最低限やる事を決めておく

部活と勉強を両立する為のコツ「最低限やる事を決めておく」

部活と勉強を両立している人で、1番苦しいのが部活後の疲労です。

部活から帰ってきて、疲労から勉強する気が起きない気持ちはよく分かります。

しかし、そのまま勉強しないと、部活をしていない受験生にどんどん差を付けられてってしまいます。

毎日少しずつでも良いので「絶対にこれだけはやる!」という最低限の事を決めておくようにしましょう。

授業の予習でも良いですし、英単語〇個覚えるなどでも構いません。あまり量が多いと継続するのが難しいので、ハードル低めに設定しておくのがポイントです。

疲労で集中できない時は休む

部活と勉強を両立する為のコツ「疲労で集中できない時は休む」

疲労からあまりにも勉強に集中出来ない時は、躊躇せず休むのも大事です。

集中していない状態で勉強していても、頭に残らないので非効率的です。

「疲れているから1時間仮眠してから勉強しよう」など、上手く休憩を挟みながら勉強すると、部活との両立も上手くいきます。

まとめ

部活と勉強を両立させて、受験で合格するのは可能だと分かってもらえたと思います。

部活をしていたら他の人と比べると勉強出来る時間が限られてくるので、いかに効率的に勉強するかが大事です。

部活をしながら受験勉強をする人は、今回の記事の内容を参考にしてみて下さい。

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載