文理選択の後悔しない決め方

コラム



文理選択をして後になって後悔する人は案外多いです。

文理選択は後から変えようと思っても、中々しんどいです。なので、最初に決める段階で後悔の無い選択をする必要があります。

今回は、文理選択で後悔する人の特徴から後悔しない為に大事な事を解説していきます。

文理選択で後悔する人の特徴

ここでは、文理選択で後悔する人の特徴を解説していきます。

苦手科目で決める

文理選択で後悔する人の特徴「苦手科目で決める」

「数学が苦手だから文系にしよう」「国語が苦手だから理系にしよう」など、現時点の苦手科目で文理選択を行うと、後に後悔する可能性があります。

仮に今苦手だったとしても、自分なりの学習方法やペースが見つかれば、急速に成績は伸びていきます。少なくとも文理選択をする時期からは、いくらでも盛り返す事が出来ます。

逆に、「本当は理系に行きたかったのに文系に来て、数学が得意になってきた」なんて事が起これば、かなり後悔する事になります。

苦手科目を避けて文理選択をするのは後悔する事が多いのでやめておきましょう。

負担の大きさで決める

文理選択で後悔する人の特徴「負担の大きさで決める」

文理選択をする際に、「文系は楽で理系はしんどい」とよく聞くかと思います。

しかし、負担の大きさで文理選択をすると、後に後悔する可能性が高いです。

確かに一般的に理系より文系の方が楽だと言われていますが、一概に当てはまるとは言えません。

理系で授業に出席だけして内職をする人もいますし、文系でも放課後に図書館に籠って勉強をする人もいます。

「楽だと思って文系に入ったけど、かなりきつかった」などと後悔する事がないように、文理選択の際に負担の大きさを考えるのはやめておきましょう。

文理選択で後悔した人の声

文理選択で後悔した人の声

ここでは、実際に文理選択で後悔している人の声を紹介します。

私は数学と理科と英語が得意で国語と社会が苦手なバリバリの理系人間です。

文系と理系でだいぶ人間の性格が分かれるのか、高校時代の友人はほとんど理

系です。

私は高校時代、文理選択する時点で、文系にも理系にも特にやりたい仕事は無かったので、楽だと言われている文系を選択してしまいました。

その時何故か、文系のほうが就職先が多いとも勘違いしていました。

なので文系を選択してしまいました。

そして文大に入ってから、気の合う友達は見つからず、授業もつまらなくて難しくて単位とるのも大変で結構苦労しています。

Yahoo知恵袋より引用

「文系の方が楽だ」という理由から選択して後悔しているようですね。

結局、先ほども書いた通りどちらの方が絶対的に楽という事はありません。

得意科目は特になく、理系のほうが就職先が多いからとなんとなく理系に行って後悔しました。同じように友人とは話があわず、勉強にはついていけず、かなりミジメでした。もともと文系だったんだな、と、そのときにわかりました。

Yahoo知恵袋より引用

なんとなくの理由で理系を選択する人は多いようです。

理系から文系に転向する文転をする人は多いものの、勉強についていくのがかなりしんどく感じるでしょう。

文理選択で後悔しない為に大事な事

ここでは、文理選択で後悔しない為に大事な事を解説していきます。

得意分野で決める

文理選択で後悔しない為に大事な事「得意科目で決める」

現時点での得意分野から文理選択をすると後悔する可能性が低いです。

あくまでも得意分野であり、得意科目ではありません。得意分野とは以下のようなものです。

・プレゼン能力
・リーダーシップ
・リサーチ力

得意分野は他の人よりも優れている点なので、将来を見据えて文理選択の際に考慮するのは、全く問題ありません。

たとえ強くやりたい事でなくても、自分の得意分野だと苦痛に感じる事なく、むしろ快適に作業を進めていけます。

ただ、「数学が得意だから理系にしよう」など、得意科目で決めると後に後悔する可能性が高いのでやめておきましょう。

自分が興味のある事で決める

文理選択で後悔しない為に大事な事「自分が興味のある事で決める」

将来なりたい職業や学びたい学問が明確に定まっている場合には、そこに繋がる文理選択を行うのが正解です。

仮に頭では興味があっても、苦手科目などの関係で踏みとどまっている場合も、迷いなく興味のある方を選択すべきです。

自分が興味のある事であれば、モチベーションに繋がり、苦手科目でも克服しようと努力する事が出来ます。

逆に、工学部に進みたかったのに、数学が苦手だった為、文系に進んだ事を想像してみて下さい。

大学に入学してから、工学部で頑張っている人を見ると必ず後悔するでしょう。

どれだけ興味のある事への壁が高くても、諦めてはいけません。壁を乗り越えた先に後悔のない選択が待っています。

環境で決める

文理選択で後悔しない為に大事な事「環境で決める」

人は知らない内に周りの環境から大きく影響を受けています。

「こういう人達と一緒に大学生活を過ごしたい」など、理想的な環境に近いものがあれば、文理選択をするのに活用しても良いでしょう。

大学に通っている先輩の様子を見たり、オープンキャンパスや学園祭に行くなどして、どのような大学生活を送っているのかは確かめる事が出来ます。

自分が行きたいと感じた雰囲気ならば、参考にして文理選択を行うようにしましょう。

まとめ

文理選択の後悔しない決め方を分かってもらえたかと思います。

文理は後になって変更するのが難しいので、最初の段階でしっかりと選択する必要があります。

今回解説してきた事を参考にして、後悔のない文理選択を行ってください。

また、以下の記事で失敗しない文理選択の決め方についてまとめています。合わせてご覧ください。

失敗しない文理選択の決め方とは

2018.02.25