数学の復習の仕方を解説

数学の復習の仕方を解説 コラム




「数学がとても苦手だ」「数学の復習をしないといけないのはわかっているけど、やり方がわからない」「数学ができるようになりたい」など、数学についての悩みを抱えている受験生の方は非常に多いと思います。今回はそんな方のために数学の復習の仕方についてお話します。

数学の成績を上げるには復習が必要

数学の成績を上げるには復習が必要

みなさん、分かっていることだとは思いますが数学の成績を上げるには復習が必要不可欠です。復習をせずに問題を解いて放置していては、いくら勉強しても定着しません。

 

問題を解いて答え合わせをした時に、間違ってはいたけど解答と解説を読めば納得できるという経験が1度はあると思います。その時に時間をかけて理解を深める人とすぐにやめてしまう人では大きな差が出ます。時間をかけて理解を深めた人は、その問題の解き方が定着します。

 

また、何時間か経った後や、後日に問題を解きなおすことも非常に効果的です。人間は時間が経つと忘れてしまうので、忘れたころにもう1回覚えなおしましょう。

 

数学の復習の仕方

冒頭で数学の復習の大切さを少し説明しました。ここからは具体的な復習の仕方について説明します。

復習しやすいように印をつける

数学の復習をしやすくするために問題に印をつける

「3日間かけてやった問題集の復習をしよう」と意気込んでも、どの問題がどこまで理解できていたのかがわからないと、捗らないですよね。

 

そこで大事なのが印をつけることです。答え合わせをするので当然〇や×はつけると思いますが、それ以外に自分でマークを決めて、書いておきましょう。

 

完全に理解していた問題は無印、途中までは合っていた問題は△、全くわからなくて式が立てられなかった問題には☆を書いておくのがおすすめです。

 

印をつけることによって復習の優先順位がはっきりとわかり、効率よく勉強を進めることができます。

解答と解説を読む

数学の正しい復習の仕方は解答解説を読むこと

問題集には丁寧で見やすい解答解説がついています。それを時間をかけて読みましょう。解説に書いてある解き方を覚えるつもりでじっくり読むことが大切です。読みながらメモを取ったり、声に出すことをおすすめします。

 

解説の中で使われている公式、定理を教科書などで確認し、理解できていなければその勉強からやりましょう。

数学の公式の覚え方を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

数学の公式の効果的な覚え方

2018.11.03

解答解説と自分の答案を見比べる

数学の正しい復習の仕方は解答と自分の答案を見比べる

解答解説をしっかり読んだら、次は自分の解答とどれくらいずれているか確認しましょう。どこで間違えたのか、それはなぜ間違えたのかを理解することが非常に大切です。

 

特に途中式の部分をしっかり見て、「ここの計算が間違っている」「ここで使う公式はこれではない」など、自分の間違いを人に説明できるようにしてください。

解答解説を閉じて、もう1度問題を解く

一度解いた数学の問題をもう一度何も見ずに解きなおそう

理解してそのまま放置するのと、もう1度問題に挑戦するのでは得られるものが大きく変わります。せっかく時間をかけて勉強したのだから、定着させないともったいないですよね。

 

解説を閉じて、問題を解くことが大切です。解説を見ながらやると、どうしても自分の頭で考えずに答えを写すようになってしまいます。解説を閉じて、それまでに読んだものを思い返しながら、問題を解きましょう。

 

数学の復習の仕方は理解度合いによって変えよう

これまでは数学の復習の大まかなお話でした。ここからは少し細かいお話で、復習の仕方は自分の理解度によって変えたほうがいいという内容です。

全くわからない問題

問題文を読んでも式を立てることができなかった問題は、まず解答と解説を読んでみましょう。全くわからないということはその問題で使うべき公式、定理が頭に入っていない可能性が高いです。

 

教科書や解説のポイント欄などを見て公式や定理を覚えましょう。何度も言いますが、解答解説を読んで理解したあとは、何も見ずに自分で考えながら問題を解きましょう。

途中までは合っていて惜しかった問題

途中までは合っていてどこかで間違えた問題は、まず解答だけを見ましょう。そして解説を見ずに1回自分で考えてみましょう。どこでどういう間違いをしたのか、自分自身で理解することが大切です。

 

解き終わったら解説を読みながら、自分の答えが正しいか、もしくは間違っているか、間違っている場合はどこが間違っているのかを確認しましょう。

 

自分の間違いがわかったら、また何も見ずに問題を解いて、正解できるまでやりましょう。

式も答えも正解していた問題

答えが合っていて、式も模範解答と近かった場合は、当然ですが特に見直す必要はありません。しかし、今の時点でできていても、1ヶ月や2ヶ月放置していると、できなくなるかもしれません。

 

習ったばかりだから公式を覚えていて、素早く解けるという可能性もあります。正解した問題も1週間後にまた解いてみるようにしましょう。1週間後にまた完璧にできれば、定着したことになります。

まとめ

数学の復習の仕方について解説しました。一度解いた問題をそのままにせず、なぜ間違えたのか、次間違えないようにするには何を覚えたらいいのかということを理解しましょう。

 

数学の勉強法全般について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

大学受験の数学の勉強法とは

2018.03.06

数学の応用問題についてはこちらの記事にまとめていますので読んでくださいね。

数学の応用問題をスラスラ解けるようになる解き方

2018.04.08
和田秀樹