オープンキャンパスを最大限利用するためには質問が重要

オープンキャンパスを最大限生かすためには質問が重要 コラム



志望校選びにおいてオープンキャンパスは非常に重要です。オープンキャンパスをうまく活用することで大学のことを深く理解することができたり、うまく印象を残してその後の入試を有利に進められるなんてこともできるかもしれません。今回は、オープンキャンパスにおいての質問の重要性についてお話していきます。

オープンキャンパスでは質問が重要

オープンキャンパスでは質問が重要

オープンキャンパスをうまく活用するためには質問することが重要です。ではどうして質問することが重要なのか見ていきましょう。

学生生活をイメージできる

オープンキャンパスを通して大学の先生や実際に通っている生徒の方々に直接質問を投げかけることで、自分のキャンパスライフを具体的にイメージすることができます。

「実際にどんな勉強をしているのか?」、「どんな部活やサークルがあるんだろうか?」、「学校以外ではどんな生活をしているのか?」パンフレットだけを眺めていてもイマイチイメージがつかないことが多いと思います。

そんな時に実際に大学で教えている教授の方や通っている学生の方に質問をして生の声を聞くことで、「自分もこんな風になりたい」「こんなことまで勉強できるんだ」など自分の中で具体的なイメージを持つことができるようになり大学のことをより深く理解することができます。

また、自分のなかで思い描いているキャンパスライフと照らし合わせてみて後悔することがないように慎重に大学選びをしていきたいですね。

 

印象に残るので推薦に有利

積極的に質問をしている生徒は大学側の教授などの印象に残りやすく顔を覚えてもらいやすくなり、推薦入試の面接時などに有利に働くことがあります。

その他に、推薦入試やAO入試などの出願条件の中にオープンキャンパスの参加が必須となる大学もあります。そのため行きたい大学の募集要項は早めの段階でしっかりと確認しておくことが大切です。

また必須ではなくても、面接時にオープンキャンパスの話題を取り入れることができますし、そこで質問した内容から志望動機を考えたりすることができます。そのため、気になるところはどんどん質問をして疑問に思うことをなくしていきましょう。

オープンキャンパスで教授に聞くべき10個の質問

オープンキャンパスで教授に聞くべき10個の質問

オープンキャンパスで質問することの重要性は理解できたと思います。では実際にどんなことを質問すればいいのかをご説明していきます。

大学ならではの特徴

大学にはそれぞれ特徴があります。教育方針やカリキュラムなどは大学独自のカラーがあり、これを把握しておくことは志望校を決定するときにとても役立ちます。

また、自分の行きたい学部のキャンパスのある位置や大学の図書館などの施設や設備についても知っておくことが重要です。

各学部の詳しい内容

たとえ同じ名前の学部学科だったとしても、大学によって実際に学ぶ内容は異なっています。講義の種類や内容、研究室の雰囲気などを確認しておくと入学してからのミスマッチを防ぐことができます。

まだ行きたい学部が決まっていない人は先生に将来の夢や今好きなことなどを相談してみると、自分の将来の夢に近づくため最適な学部を紹介してもらえるかもしれません。

奨学金制度について

奨学金や授業料などの支払い方法に関しては、親御さんともしっかりと相談する必要があることだと思いますので、しっかりと個別に相談するといいですね。入学金や授業料は決して安いものではないので慎重になりしっかりと把握することが大切です。

特待生制度などの条件もしっかり把握して特待生を目指してみるのもいいかもしれません。

留学制度の有無

大学に入って留学を考えている方もおられると思います。そんな方は、どこへ何を学びに行くのかをあらかじめしっかりと考える必要があります。

その大学の提携校とマッチしているのか、また卒業単位に含まれているのかも確認する必要があります。ここを確認しておかないと自分で留学先を探す必要があったり、卒業単位に含まれない場合は、大学を休学していかなくてはいけなくなりますので、結果的に卒業が伸びてしまう原因になってしまいます。

そのため入学前に留学に関してしっかりと理解していないと入学後に悩む原因になる可能性があります。

大学が求める人物像

学校によって掲げている教育理念や生徒の学ぶ姿勢など、それぞれの大学で求めている学生像が違っています。志望動機を考える参考にしてみるといいです。推薦書類を重視度合いなども確認しておくといいですね。

面接試験の対策を立てるのに重要になってきますので、しっかりと聞いておくといいですよ。

入試制度の詳細 (推薦入試やAO入試などについて)

入試の募集要項は早い段階で確認しておくことが大切です。AO入試や推薦のほか一般、センター利用など、日程や定員などをしっかり確認します。合否基準などの情報も教えてもらえるかもしれません。

学科試験の必要レベルや推薦書類の書き方のコツ

同じ大学の中でも学部・学科によって必要な学力レベルは全然違います。具体的に有名大学などを比較に挙げてもらうと理解しやすいのではないかと思います。推薦書類においても、どんなポイントが重視されているのかを聞いておくととても有利です。

卒業後の就職

就職率や具体的な実習先、就職先など、実績があると安心できますよね。就職部のキャリア支援などで就職実績は確認できますので、実際にどんな企業に就職できるのか確認してみるのもいいと思います。

就職活動へのサポート制度なども大学ごとに異なる部分があるので、しっかりと確認して、手厚いサポートをしてくれる大学を選んでおきたいですね。

目指せる資格取得について

学部・学科によっては、特定の講義を履修することで資格を取得できるケースや資格試験の受験資格を得られる場合などがあるので、あらかじめどのような資格取得が見込めるかなどは確認しておくと後々の就職活動でも有利に働いたりすることもあります。

また、複数の資格取得を目指す場合は、カリキュラム的に無理がないかを確認しておく必要があり、その資格の対策講義の有無や合格率なども聞いておけば安心ですね。

学生生活の雰囲気

教授目線で学生の学習態度や学校生活での雰囲気を知ることで具体的な学生生活のイメージを形作ることができます。どのような傾向の生徒が多いのか客観的に知ることができるので、積極的に尋ねてみるといいかもしれません。

オープンキャンパスで学生に聞くべき5つの質問

オープンキャンパスで学生に聞くべき5つの質問

オープンキャンパスでは教授だけではなく実際に通っている学生さんも運営で参加されていますので、実際に通われている学生さんに聞いておきたいことをまとめました。

何を勉強しているか

授業内容やカリキュラムは、パンフレットなどで確認できる事ですが、実際に体験されている学生の方の感想や取り組み方などは実際の学生生活のイメージがしっかりとできるので、卒業研究の内容なども参考にしてみるとよりイメージがわいてくると思います。

講義の感想などを聞くとどんなタイプの授業をしてくれるかイメージがつきやすいですね。

学生生活の本音

実際にどんな学生生活を送っているのかは一番気になるところだと思います。学生同士だからこそ話してくれる本音が大学を決定するうえでは重要になってきますので、自分の思い描くキャンパスライフとギャップがないかなど聞いておきたいですね。

部活動・サークル活動について

勉強の面もとても大事ですが、部活動やサークル活動に興味を持つ学生の方もおられると思いますので、どういった規模でどのような活動をしているのかを実際に質問して受験勉強のモチベーションを上げてみるのもいいかもしれませんね。

大学外での活動

大学のことはもちろんですが、大学以外でやっているインターンシップやボランティア活動、アルバイトや長期休みの過ごし方など、大学生の楽しみ方なども気になる方はどんどん聞いてみると大学生のイメージがより膨らんでくると思います。

受験のアドバイス

大学の印象がとても良くても、受験が落ちてしまったら意味がありません。そんな入試の不安は直接通われている学生さんにぶつけてみるのが一番いいです。受験に合格された先輩に対策の仕方や当時の勉強法を聞いて参考にしてみるといいかもしれません。

まとめ

オープンキャンパスで質問をすることの重要性についてお話ししました。

大学に入ってからのミスマッチをなくすためにも気になったことはどんどん質問をしていくことで大学選びで失敗することもありませんし、受験に対するモチベーションも高められるので積極的に質問をしていきましょう。