Focus Goldの使い方を解説

Focus Goldの使い方を解説 参考書



Focus Goldは数学の参考書としてとても有名な本です。学校の授業で使っているという人もいるのではないでしょうか。今回はFocus Goldの特徴と使い方について解説します。

Focus Goldの基本情報

Focus Goldの基本情報

Focus Goldは啓林館が出版している数学の参考書です。数学Ⅰ+A、数学ⅡB、数学Ⅲの3冊があります。Ⅰ+Aは784ページ、Ⅱ+Bは944ページ、Ⅲは912ページとなっています。

 

check、例題、step問題、章末問題に分かれており、段階を踏んだ学習ができるようになっています。

 

Focus Goldのレベル

基礎レベルの問題から過去問の中から選ばれた問題まで、幅広く収録されているため、さまざまなレベルの受験生に対応しています。Focus Goldを仕上げれば国公立大学の二次試験や、私立大学の一般入試の問題が解けるようになります。

 

センター試験より少し難易度の高い問題も多いので、初学者がいきなり取り組むとつまずいてしまいます。

Focus Goldの特徴

基本情報とレベルについてご紹介しました。ここからはFocus Goldの特徴をいくつかご紹介します。

マスター編とチャレンジ編と実践編の3部構成

単元ごとの学習とその分野の復習ができるマスター編と、過去問の中から選び抜かれた問題を解いて実力をつけることができるチャレンジ編と、より深い内容を学び難問に出会った時の考え方を身に着けることができる実践編に分かれています。

 

最初のうちはマスター編を何周もして基礎的な力を身に着けたり、チャレンジ編に集中して実力あげたりと、自分に合った使い方をすることができます。

問題と解答が1対1の関係になっている

この問題はこの解き方をすると解けるというように、1つの問題に対して1つの解法が用意されていて非常に学習しやすいです。問題と解法を覚えるくらい何度も取り組めば、同様の問題が入試で出たときにしっかり得点できるでしょう。

問題解説が丁寧

Focus Goldの解説はとても丁寧です。正解の計算式と答えだけでなく、どのように考えればいいかということが詳しく説明されています。

 

途中の計算式も省略することなく丁寧に書かれているので、答え合わせがしやすくなっています。また、自分がどこで間違ったのかということに気がつきやすいです。

勉強に役立つコラムが充実

数学の勉強法やちょっとした知識を紹介するコラムがたくさんあって、とてもためになります。問題を解き終わった時に一息つきながら読んでみましょう。コラムで読んだ知識が本番で役に立つかもしれません。

1冊で二次試験の対策ができる

センター試験レベルの問題から東大京大レベルの問題まで幅広く収録されているので、参考書を何冊も買う必要がありません。Focus Goldを仕上げるだけで入試に対応する力を身に着けることができます。

Focus Goldはとにかく二次試験対策に向いていています。チャレンジ編の問題は東大京大、早慶、医学部をはじめとする最難関大学の問題が含まれており、解きごたえがあります。

Focus Goldの前後に使うべき参考書

Focus Goldの前後に使うべき参考書は白チャートと過去問

Focus Goldは数学の基礎知識を習得していることが前提の参考書なので、Focus Goldの前に使うのは基礎を身に着けるためのテキストがいいでしょう。

 

学校の授業で使っている教科書、やさしい高校数学(学研)、白チャートをおすすめします。

数学の参考書について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【受験生必見!】数学のおすすめの問題集・参考書をレベル別に41冊ご紹介!

2018.01.15

 

Focus Goldを終えたあとは、志望校の過去問に取り組みましょう。Focus Goldのチャレンジ編、実践編を何度も解いて、だいたい正解できるようになれば、難関大学の数学を解く力はついています。そうなれば後は過去問で問題に慣れるのみです。

Focus Goldをおすすめする人

ここからはFocus Goldはこんな人に向いている参考書だというお話です。自分に当てはまっているかどうか確かめてみてください。

基礎を身に着けて、これから問題演習をするという人

教科書の内容はすべて理解できるけど、まだ問題慣れしていないという受験生にピッタリです。標準レベルの問題から実際に入試に使われた問題まで、良問ばかりなので基礎を身に着けた理系受験生はぜひ取り組みましょう!

センターレベル以上の数学力をつけたい人

二次試験の数学のレベルが高いからセンターよりはるか上のレベルを目指したいという人にもFocus Goldは向いていると言えます。マスター編を素早く終わらせて、チャレンジ編、実践編の問題にどんどん挑戦していきましょう。

大学でも数学を学びたい人

東大京大などの最難関大学の問題が収録されているだけでなく、実践編ではあまりないタイプの問題が出てきたときの対処法が紹介されているので、数学のセンスを磨くことができます。

 

また、コラムには数学のさまざまな知識が掲載されているので大学でも数学を学びたいという人にとっては役に立つのではないでしょうか。

Focus Goldの使い方

Focus Goldの使い方

ここからはFocus Goldを実際にどのように使って勉強すればいいのかということについてお話します。

単元別のまとめとCheck問題を使って苦手な分野を確実につぶす

得意な分野はいきなり例題に進んでも問題ありませんが、少しでも苦手な分野は単元別のまとめをしっかり読むようにしましょう。苦手な部分を残したまま進むと難しい問題を解くときにつまずいてしまいます。

 

単元別のまとめをしっかり読みCheck問題を解いて間違いようがないという状態にして、次に進んでいきましょう。完全に理解することは自信にも繋がります。

例題と練習のレベル1と2を繰り返す

例題と練習は4つの難易度に分かれています。レベル1と2は教科書レベルの基礎的な問題で、レベル3は教科書の応用、レベル4は入試の標準レベルとなっています。

 

まずは難易度の低いレベル1と2の問題を2回か3回取り組み、解き方を完全に理解してからレベル3以降に進みましょう。

模範解答と解説をしっかり読む

問題の後ろに解答が付属している参考書が多い中、Focus Goldは解答が別冊になっていて非常に見やすいです。丁寧でボリュームのある解説をしっかり読むことをおすすめします。

 

自分の解答とどこが違うのかをよく見ることが大切です。途中まであっていればそこは自信を持ちましょう。そしてどこからどう間違えたのか、間違えないようにするにはどう考えたらいいのかを意識してください。

模範解答を再現するつもりで取り組む

Focus Goldの模範解答は丁寧なだけでなく無駄なものがなくてわかりやすいので、それを再現すれば必ず本番で点数が取れます。

 

最初のうちは過程の書き方が複雑になってしまうことも多いと思うので、模範解答の真似をするのがおすすめです。図や表の使い方や、わかりやすく書く方法もぜひ参考にしましょう。

Focus Goldの評判

Focus Goldの評判はいい

Focus Goldを実際に使った人の感想をAmazonより、いくつかご紹介します。

この問題集の良いところは例題と練習問題が同じ形式の問題になっていて、例えば練習問題をやっていて引っかかる所があれば例題の解説付きの問題に戻って理解を深めることができるということです。

フォーカスゴールドというとハイレベルな参考書というイメージであるが、確かに難関大学レベルまでの問題を扱っているが基礎の説明もすごく親切な作りになっている。途中式を省かない数式、どの公式を使っているか、どういう展開をするかなどの補足説明や参照箇所が書かれており、そういう意味ではこれほど親切な参考書は少ない。

数学という科目を得意科目にしてくれるだけでなく、思考力を上げながら考える楽しさを教えてくれました。

引用元:Amazon

わからないところがあれば確認しやすい作りになっている、基礎の説明も省かず丁寧にされていて親切、考える楽しさを知ることができたという声がありました。例題と問題が同じ形式で、確認しやすいというのは素晴らしいポイントですね。

まとめ

Focus Goldのレベル、特徴、前後に使うべき参考書、おすすめする人、使い方、実際に使った人の評判をご紹介しました。自分に合った参考書だと判断できれば、何周も取り組み、解説をしっかり読んで自分のものにしていきましょう!

 

Focus Goldとよく比較されるチャートについてはこちらの記事にまとめてありますので、興味のある方はぜひ読んで参考にしてください。

数学のチャートの選び方や使い方

2018.04.10

 

 

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載