化学の新研究の使い方を解説

化学の新研究の使い方を解説 参考書




難関大志望者向けの化学参考書として有名な化学の新研究についてご紹介します。レベルや特徴、使い方など、詳しく解説していきます!化学の新研究を買おうか迷っているという人はぜひ参考にしてください。

化学の新研究の基本情報

化学の新研究は三省堂が出版している、化学の参考書です。化学の参考書の中でも特に内容が濃いものになっていて、レベルが高いので難関大志望者向けの参考書だと言えます。

 

832ページで、本のサイズはA5です。定価は2600円+税となっています。

化学の新研究のレベル

化学の新研究のレベルは高い

化学の新研究のレベルは、数ある化学の参考書の中でも特に高いです。化学の新研究に取り組む前に教科書や入門レベルの参考書の内容をしっかり身につける必要があります。

 

化学の新研究を読み込んで、知識を身につけたら旧帝大や難関私立大学の問題にも対応することができるようになります。

化学の新研究の特徴

化学の新研究という参考書がどのような特徴を持っているのか、ということについてご紹介します。

ボリュームが多い

化学の新研究の特徴はボリュームが多いこと

化学の新研究は、「最も詳しい化学の参考書」と言われているくらい内容量が多い参考書です。とにかくボリュームが多く、ほかの参考書の1.5倍くらいあります。

 

教科書の内容をさらに掘り下げていて、深い知識を身につけることができます。現象や実験に関する知識がこれでもかというくらい詰め込まれているので、化学の勉強を本気でしたい受験生にとっては最適です。

まとめや整理の項目がない

化学の新研究は、内容の深さとボリュームを重視している分、各項目のまとめやポイントの整理がありません。そのため、まとめが欲しいと思う人は自分でノートなどに作る必要があります。

 

まとめやポイントの整理がないというのは一見悪いように思えますが、自分で作ると、理解を深められるだけでなく、見直しもしやすいので、良いことかもしれません。

なぜそうなるのかという理由がしっかり書かれている

化学の新研究の特徴は理由がわかりやすい

他の参考書ではなかなか説明されていない、化学現象の起こる原理や公式の導出方法などが詳しく説明されています。教科書を読むだけだと納得できない事象も、化学の新研究の解説を読むと納得できるでしょう。

 

細かい理由を知ることができるので、勉強を進めやすいのではないでしょうか。

大学生になっても使うことができる

化学の新研究の内容はとても濃いものなので、大学生になっても活用できる部分が多くあります。大学の理学部で化学を専門的に学びたい人にとっては、受験だけでなくそのあとにも使える知識を得ることができるのでおすすめです。

化学の新研究の前後に使うべき参考書

化学の新研究は内容量が多くて難しいので、初学者には向いていません。そのため、化学の新研究の前に別の参考書に取り組む必要があります。学校で使っている教科書、とってもやさしい化学、化学入門問題精講を使いましょう。

 

化学の新研究は辞書のように使うべき参考書なので、終わらせて次の参考書に進むというものではありません。入試が終わるまで、問題を解いてわかりにくかった部分を化学の新研究で調べるという使い方がおすすめです。

 

化学の新演習という問題集を並行して一緒に使い、勉強を進めていきましょう。

化学の新研究をおすすめする人

ここからは、こんな人は化学の新研究を使うべきだということについて詳しくお話します。

教科書や基礎レベルの参考書を完璧に仕上げた人

教科書の内容は完全に理解できたという人や、基礎レベルの参考書を何周もして化学の基礎の知識は全て頭に入っているという人に、化学の新研究がピッタリです。

 

すでに持っている知識の上に、さらに深い知識を身につけることができるので、化学の点数は飛躍的に上がります。

旧帝大や難関私立大学の理系学部を志望している人

二次試験で化学を受験する人で、なおかつ化学の試験内容が難しい人にとって、化学の新研究は最適な参考書です。あらゆる化学現象の原理を徹底的に学べるので、力がつくでしょう。

 

基礎知識だけでは点数が取れない難関大学の問題も、化学の新研究に掲載されている知識を理解していれば点数が取れるようになります。

大学で化学を学ぶつもりの人

理学部の化学科を志望している人、大学で化学を専門的に学びたいと考えている人にも化学の新研究はおすすめです。全ての内容が大学の勉強に使えるというわけではありませんが、大学での専門的な学びに生かせる知識はたくさん掲載されています。

 

化学は受験だけでは終わらないという人は、ぜひ化学の新研究を使って勉強してみましょう。

化学が好きな人

化学の新研究は、難関大学志望者向けで内容が濃い参考書です。分量がとても多いので、いくら受験で必要だからとは言っても化学が嫌いな人が読むと、疲れてしまうでしょう。

 

反対に、化学が好きで本気で学びたいという人にとっては、深い知識を手に入れることができるのでとてもおすすめです。

化学の新研究の使い方

化学の新研究の使い方

ここからは化学の新研究を実際にどう使って勉強すればいいのかということについてお話します。

辞書として使う

化学の新研究はとても分厚く、内容量が多いので最初から最後まで読んでまとめるというよりは、辞書として使うのに向いています。問題集をやって答え合わせをしても、納得できないことがあると思います。その時に、化学の新研究が役に立ちます。

 

辞書をひくつもりで、わからない内容が載っているページを探してみましょう。この現象はどうして起こるのかということが徹底的に解説されているので、根本を理解することができます。

章ごとや、1度見たページに付箋を貼る

化学の新研究の解説の文はとても長く、自分が知りたい内容を一から探すのはとても大変です。そこで、章ごとや単元ごとに付箋を貼っておくととても見やすくなります。

 

また、自分が一度見たページにまた違う種類の付箋を貼ることでもう一度調べなおすという手間を省くことができます。

問題集と並行して使う

化学の勉強をゲームに例えてお話をします。化学の新研究は、いわば攻略本です。いくら攻略本を読み込んでも実際にゲームをプレイしなければ、クリアできませんし、うまくなれませんよね。実際にプレイするゲームというのが、ここで言う問題集です。

 

化学の新演習という、化学の新研究と対になった問題集があります。化学の新演習でトレーニングをしながら、わからない部分を化学の新研究で調べて理解するというやり方がおすすめです。

 

化学の新演習が合わないという人は、化学重要問題集、標準問題精講、総合的研究を試してみましょう。

化学の新研究の評判

化学の新研究を実際に使った人の感想をAmazonとTwitterよりいくつかご紹介します。

勉強をしていると、聞いたこともない実験や単語が出てくる。しかしそれらは化学の新研究に書いてあり疑問を解決する事ができる、これはモチベアップにも繋がる。

最難関大志望の方は熟読したほうがいいのかもしれないが、それ以外の方はわからないところを見て納得する程度で良い。

高校の化学で必要なことはほぼ網羅されていると思います。今流行りの「思考力」を鍛えるためにも、少し深いところを読み漁るのもよいのでは・・・と思います。

理系の化学の入試の手引きは必要かと。化学の辞書的なものとして、楽かな。

引用元:Amazon

 

高校の化学で必要なことは全て網羅されていて、辞書のように使うのが良いということですね。大学になってからも役に立つ内容まで含まれているということです。

まとめ

化学の新研究の基本情報、レベル、特徴、前後に使うべき参考書、おすすめする人、使い方、評判についてご紹介しました。化学の基礎知識を一通り学んで、これからレベルアップしたいという人は是非使ってみてください。

 

化学の新研究以外の参考書について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【2019年版】化学のおすすめ参考書・問題集31選

2018.01.18
和田秀樹