【大学受験】親がうざいと感じた時の対処法

【大学受験】親がうざいと感じた時の対処法 コラム



「なんでそんなに口挟んでくるの?」

「勉強しろ勉強しろうるさい・・・」

「言われなくてもちゃんと頑張ってるって!!」

親に対して、一度はこんなことを思ったことがある人は多いんじゃないでしょうか?

受験期間の親との関係は難しいですよね・・・。私も受験シーズンは親との関係に悩まされていました。実際に体験したことがあるので気持ちはよくわかります。

その経験も踏まえて、今回は大学受験期に親がうざいと感じた時の対処法をお伝えしていきます。

なぜ親は口を挟んでくるのか?

まずは、なぜ親は子どもに受験に対して口を挟んでくるのかを解説していきます。

子どものことが大好き

受験期に親が口を挟んでくるのは子どものことが大好きだから

親は、子どもが頑張っていると自分のこと以上に気になってしまい、たくさんアドバイスをしたくなります。

よく「子どもは早く親から自立すべきだ」と言われることが多いですが、実は親も子どもから自立できていないんですよね。

これまで長い間一緒に過ごしてきた息子や娘に親も依存しています。子どもを自分の思うようにコントロールしたいというのが親の本音です。

その結果、「子どもは親の言うことを聞くのは当然」「自分の言うことを聞いてちゃんと育ってほしい」と一種の束縛のような状態になってしまうんです。

なので親にとっては、自分の考える“良い大学”に入ることが子どもの成功と思っているんです。親の常識を子どもに押し付けたがります。

大好きが故に、口を挟みたがってしまうんですよね。

子どもに期待している

受験期に親が口を挟んでくるのは子どもに期待しているから

親は自分の子だからこそ過剰に期待してしまいます。

その中でも子どもに一番期待していることは、親が思う「良い大学に入る」ということです。

「私の子だからきっとできる」「息子なら絶対に合格してくれる」こんな期待を持って子どもと接します。

そしてその過程として勉強の量を期待しています。

あなたがどれだけ勉強方法や勉強の質を意識して、短時間で効率良く勉強していたとしても、親が判断するのは結局“勉強時間”です。

親は長時間勉強することが合格への近道だと思って、子どもには少しの息抜きも許さないくらいの勢いで「勉強しなさい」と口を挟みます。

受験期間はどうしても神経質になり、ちょっとしたことでも気になってしまいますよね。受験生のあなたと同様に、親も神経質になってしまうものです。

期待しているからこそ子どもに要求するハードルも高くなりますよね。子どもがその期待を下回るような言動をした時に親はストレスがたまります。

なので勉強していないあなたの姿を見ると、心配になって口を挟んでくるんです。

世間体を気にしすぎている

受験期に親が口を挟んでくるのは世間体を気にしすぎているから

子どもの成功は親の成功。そう思って、子どもの成果を周りに自慢したいと考える親も少なくありません。

そのため、子どもを良い大学に合格、進学させて、周りから「すごいね」と言われたいと思っています。

逆に不合格という結果で、同級生の親に下に見られたくないとも思っています。

なので口を挟んで、なんとしても子どもに勉強をさせて、良い大学に合格させたいと考えてしまうんです。

受験生がうざいと感じる親の言動

受験生がうざいと感じる親の言動

ここでは受験生がうざいと感じる親の言動を紹介していきます。

勉強しろと何度も言ってくる

受験生にとっては、なんと言っても「勉強しなさい」という一言が一番聞き飽きた言葉ですよね。

休憩中やその日にやる勉強を終えた時に限って「勉強しなくて大丈夫なの?」「怠けている」「勉強しないと受験失敗するぞ」などと言ってきますよね。

その時間に勉強していないという事実だけに目を向けて口を挟む親に悩まされている受験生も多いです。

成績に口を挟んでくる

成績に対して口を挟んでくる親も多いです。

テストや模試などの結果が返ってきて落ち込んでいる最中に「それじゃあ第一志望は無理じゃない?」「もっとちゃんと勉強したら?」と言われるとショックです。

同時に、模試の結果を一番受け止めているのは受験生のあなた自身なのに、そこに口を出してくるとイライラしてしまいますよね。

表面上だけの受験情報でマウントを取ってくる

どこかのニュース番組やネットで得た情報、評論家の言葉をそのまま引用して勉強方法などにいちゃもんをつけてくる親もいます。

今のあなたの勉強状況や進み具合も知らないのに平気な顔で指摘されると腹が立ちますよね。

勉強時間だけではなく勉強方法にも口を出されたらたまったもんじゃありません。

志望校を指定してくる

難関校のブランドをほしさに子どもがやりたいことを無視して「この大学のレベルよりは上のレベルの大学には行ってね」と言ってくるパターンもあります。

一番大切なのは受験生本人がどこの大学に行きたくて何をしたいのかということです。子どもの意志を無視して、志望校まで親に指定される筋合いはありません。

これ親自身が世間体を気にしすぎている典型的な例ですね。

他人と比べてくる

まったく関係のない他人を話に出して比較してくる親もいます。

このような親は「〜ちゃんはこうやって勉強してるそうだよ」「〜くんは◯◯大学を志望して毎日頑張っているらしいよ」などと評価の基準が他人との比較に固執しすぎてしまいます。

また、同じ家庭内で兄弟や姉妹とも比較してくることもあります。特に年上の兄弟姉妹が難関と呼ばれている大学に進学した経験がある受験生は、評価の基準がその大学になってしまう場合もあるので大変です。

いろんな比較をされるかもしれませんが、自分は自分という意識を持つことが大切です。

自分の時代の話をしてくる

親自身が受験生だった時の昔話を持ち出されたことのある受験生もいるんじゃないでしょうか。

受験形式も試験のレベルも変わっている今と昔では話が通じるわけがないですよね。

 

そんな親の考え方や性格を理解した上で、口を挟んでくるうるさい親への対策と対処法を考えていきましょう。

口を挟んでくるうざい親への対策と対処法

ここからは、口を挟んでくるうるさい親への対策と対処法を紹介していきます。

親という生き物を理解する

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法は親という生き物を理解すること

これまで書いてきたように、親は子どものことが大好きで、子どもから自立できていません。そう、親も意外と子どもなんです。笑

子どもが思い通りに行動してくれていなかったら、我慢できず口を挟みたくなります。

なので、「親って意外と子どもなんだな」と思って親とコミュニケーションをとってみてください。

これは、親を子どものように扱えということではなく、親に対して「意外と子どもなんだな」という考え方を持って接してみてほしいということです。

この考え方をすることで、びっくりするくらい親への対応が楽になって、あなたのストレスは軽減されるんです。

これはあなたが親から受ける言葉にイライラしないための対策と言えます。おすすめなので、ぜひこの考え方を取り入れてみてください。

親に対して日頃から感謝を伝える

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法は親に対して日頃から感謝を伝えること

これはすぐに今日からでもできることです。

一度親の立場にも立ってみて、親は自分の子どものことが心配だからこそ聞いてくるということを理解しましょう。

いろんなことを言ってきてうざいと感じるかもしれませんが、今あなたが受験勉強ができているのは親のおかげでもあるんです。

だからこそ親に対して日頃から感謝をしてみてください。どんな簡単なことでも構いません。

これまであまり言ってこなかった「いただきます!」「ごちそうさま!美味しかった!」という言葉で十分です。

面倒くさいと思うかもしれません。しかし、この感謝の言葉を伝えるだけで親からのあなたへの対応も変わってきます。

「勉強しなさい」というノイローゼになるくらい聞き飽きたセリフがいつの間にか減っていきます。

あなたが主導権を握るつもりでぜひ試してみてください。

反論せずに聞き流す

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法は反論せずに聞き流すこと

何か理不尽なことを言われたら余計な反論はせずに冷静に聞き流してください。

親の感情や意見は変えられません。あなたがコントロールするのは不可能です。

それならストレスがたまらないようにBGMと解釈して、うまいこと聞いているふりをしておくことが大切です。

ストレスがたまったら一旦寝る

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法はストレスがたまったら一旦寝ること

ストレスがたまった時は一旦冷静になるために寝るというのもひとつの手です。

寝るとストレスや嫌なことを忘れさせることができます。

よくよく考えてみればそんなにストレスをためることでも悩むことでもなかったと思うこともよくあります。

友達に親へのストレスを打ち明ける

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法は友達に親へのストレスを打ち明けること

どうしても困ったら友達に親へのストレスを打ち明けて相談に乗ってもらいましょう。

吐き出し場所を作ることも大切です。他人に聞いてもらうと客観的に物事を判断してくれて解決策が見つかる場合があります。

それと同時に、相手も同じようなことでストレスを抱えているかもしれません。相手の話も聞いてあげれば自分だけじゃないと共感できます。

さらにあなた自身も客観的に意見することができるので自分の状況にもうまく変換できます。

なるべく家にいない

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法はなるべく家にいないこと

なるべく家で過ごすことはやめ、学校、図書館、自習室、カフェなどで勉強することもおすすめです。

受験期間は、家では最低限の生活しかしないようにして、親と距離を置くことで親との接触回数を減らせます。

もう親からの「勉強しなさい」という攻撃を受けたくないあなたは、学校や図書館、自習室、カフェを上手に使って勉強してみてください。

勉強場所を変えることは気分転換になって勉強の効率を上げることにもつながります。

あとは帰宅したらなるべく早く寝ることを意識してください。

こちらの記事で勉強に集中できる場所を紹介しています。

【定番から穴場まで】勉強に集中できるおすすめの場所9選!

2018.02.09

結果で黙らせる

受験期に口を挟んでくるうざい親への対処法は結果で黙らせること

もうこれが一番効果的かもしれません。しっかり勉強して良い成績を残せば、親は安心して何も言ってこなくなります。

何か言ってきたら合格して見返してやるとモチベーションに転換させましょう。

何を言われようが合格すればあなたの勝ちです。

まとめ

受験を成功させるためには、親との関わり方も大切になってきます。勉強に集中したいのに、親の声が気になって勉強に打ち込めなくなってしまうのは、あなたにとって損でしかありません。

大事なのは、自分が思い描くキャンパスライフを実現させるために勉強するということです。決して親のために勉強するのではなく、自分のために勉強するんです。

だからこそ親との関わり方も重要になってきます。親とうまく付き合って受験を乗り越えましょう。

横から口を挟んでくる親がいる人は、今回紹介したことを実践して、親に対する考え方と接し方を工夫してみてください。

この記事を書いた人

yamamotohikaru

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載