合格する受験生の平日・休日の平均勉強時間を徹底解説!

合格する受験生の平日・休日の勉強時間 コラム



勉強を頑張っているつもりだけど、時間が少ないのではと不安になったことはありませんか?

実際、合格する受験生は何時間勉強しているのでしょうか?

今回は、受験生の平均勉強時間、合格するのに必要な平日・休日の勉強時間を紹介していきます。

受験生の勉強時間の平均はどれぐらい?

受験生の勉強時間の平均はどれぐらいなのか

大学受験生の勉強時間の平均は何時間なのでしょうか?

某大手予備校によると、難関大学に合格した高校3年生の1日の平均勉強時間は6時間、1週間で42時間です。

対して、難関大学不合格者の平均勉強時間は5時間半です。

両者の差は、わずか30分しかないように思えますが、1年間で約180時間にもなります。1日30分でも積み重ねると大きいですよね。

勉強時間が足りていない受験生が合格出来ないのも納得です。

合格する受験生の平日・休日の勉強時間

合格する受験生の平日・休日の勉強時間を解説

ここでは、合格する受験生の平日・休日の勉強時間を学年別に紹介していきます。

高校1年生の勉強時間

大学受験に合格する高校1年生の勉強時間は、平日1時間・休日2時間です。

高校1年生の時の勉強する内容は、学校の授業の復習で十分です。ただ、定期テスト前は更に時間をとって、勉強するようにしましょう。

高校1年生の大学受験勉強法は以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

高校2年生の勉強時間

大学受験に合格する高校2年生の勉強時間は、平日3時間・休日5時間です。

ただ、高校2年生の時期によって取るべき勉強時間が変わってきます。

高校2年生の大学受験勉強法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

高2生の勉強法

2019.03.01

高校3年生の勉強時間

大学受験に合格する高校3年生の勉強時間は、時期によって異なります。

  • 春休み~夏休み前まで
  • 夏休み
  • 12月以降

ここからは、上記の4つの時期に分けて高校3年生の勉強時間を紹介していきます。

高校3年生の大学受験勉強法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

高3生の勉強法

2019.05.03

春休み~夏休み前までの勉強時間

高校3年生の春休み~夏休みまでの勉強時間は、平日3時間・休日5~6時間です。

春休み~夏休みの間には、部活を続けながら大学受験の勉強をしている人が多いでしょう。部活と大学受験を上手く両立させると、自己管理能力が身につき引退後も計画的に勉強を進めることが出来ます。

大学受験と部活を上手く両立する方法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

夏休みの勉強時間

大学受験に合格する高校3年生の夏休みの勉強時間は志望校によって異なり、具体的には以下の通りです。

  • 私立文系:1日8時間
  • 私立理系:1日10時間
  • 国公立:1日12〜13時間

効果的な高校3年生の夏休みの勉強時間の内訳などは、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

受験生の夏休みの勉強時間はどのくらいがベスト?

2018.07.02

秋の勉強時間

大学受験に合格する高校3年生の秋の勉強時間は、平日4時間・休日10時間です。

秋は受験本番が近づくにつれ、焦りが増しているかと思います。秋には、さすがにどの受験生も勉強時間を確保しているので、上記の時間くらいは確保するようにしましょう。

12月以降の勉強時間

大学受験に合格する高校3年生の12月以降の勉強時間は、平日5時間・休日11時間です。

直前期で全受験生が追い込みをかけます。最低でも上記の時間、生活全てを勉強に捧げる意識で過ごしましょう。

大学受験に合格する高校3年生の冬休みの勉強時間については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

受験生の冬休みの勉強時間はどのくらいがベスト?

2018.11.21

浪人生の勉強時間

大学受験に合格する浪人生の勉強時間は、毎日10時間です。

当然のことながら浪人生は高校がないので、強制的に勉強を始める環境がありません。そのため、すべて自分で勉強時間や勉強する環境を決めなくてはいけません。

つまり、徹底的な自己管理が必要になってきます。

合格するために必要な詳しい浪人生の勉強時間については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

浪人生に必要な勉強時間ってどれくらい?勉強時間を増やす秘訣も解説!

2018.02.17

効果的な勉強時間帯

効果的な勉強時間帯は朝

学年別に勉強時間を紹介してきましたが、平日はいけるものの、急に休日に上記の時間を確保できない人も多いかと思います。

勉強時間を確保するのにおすすめなのは、朝を活用する事です。

朝に勉強する事は規則正しい生活リズムを作るのに役立ちます。午後からは夜まで時間があるからと、ダラダラしてしまう事が多いです。

朝の効果的な勉強時間や正しい取り組み方は以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

朝に勉強する効果と正しい取り組み方

2018.08.27

また、時間帯別におすすめの勉強を以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

勉強の効率が上がる時間帯とは

2018.02.19

勉強時間と同じくらい質も大事

ここまでは、大学受験に合格する受験生の勉強時間について解説してきました。

ただ、各時期の勉強時間に達しているか否かだけで合否が決まる訳ではありません。

受験生の合否は、同じ勉強時間でどのくらい効率的な勉強が出来ているかも影響してきます。

勉強時間だけに意識を向けすぎて、あまり進んでいないようでは合格出来ないので、勉強時間を確保するのはあくまでもスタートラインにすぎないことを覚えておきましょう。

大学受験における勉強の質を高める方法については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

勉強の集中時間はどれくらい?集中力や勉強時間を伸ばす方法もご紹介

2018.02.18

勉強時間を確保したら具体的なスケジュールを立てる

1日の勉強時間を確保したら、次にその勉強時間内に何の勉強をするのかが大事になってきます。

なのでここでは、勉強のスケジュールを立てるために必要なことを紹介していきます。

勉強計画を立てる

まずは大学受験の勉強計画を立てることが重要になります。

そのために、大学受験の勉強計画の立て方を以下の記事で解説しているので、ぜひ読んで参考にしてください。

大学受験の勉強計画の立て方

2017.12.20

Googleカレンダーを使う

1日の勉強時間を確保するには、朝起きたらカレンダーに何の勉強をするのかを書き込むのが効果的です。

特に、Googleカレンダーは、1分単位で予定を決められる上に後から反省もしやすいのでおすすめです。

勉強時間を効率よく増やすために、事前に学習する内容を決めるようにしましょう。

Googleカレンダーのリンクは下に載せておきます。ぜひ活用してみましょう。

勉強時間を確保するにはGoogleカレンダーを使うのがおすすめ

 

Googleカレンダーのリンク先

タイマー式勉強法を活用する

1日の勉強時間を確保する方法として、タイマー式勉強法あります。

タイマー式勉強法とは、細かく時間を区切って勉強することで集中力が高い状態を維持する方法です。

タイマーを使って時間を管理しながら勉強する事で、緊張感を保てる上にメリハリを付けることが出来ます。

タイマー式勉強法の具体的な方法は以下の通りです。

  1. 1日で勉強する時間を決める
  2. 1回で集中する時間を決める
  3. タイマーを使って時間通りに勉強する

更に具体的なタイマー式勉強法の方法や効果は以下の記事にまとめているので、合わせてご覧ください。

集中力が上がる!タイマー式勉強法とは

2018.03.29

まとめ

合格する受験生とそうでない人の平日・休日の勉強時間の差が分かってもらえたかと思います。

勉強時間を増やすには、無理に休日に1日中勉強するなどはせずに、スキマ時間を効率的に活用するのがおすすめです。特に、朝に勉強することのメリットは多いので、朝に勉強する習慣をつけるのは効果的です。

また、勉強時間のみにこだわるのではなく、同じ時間でどれだけ質の高い勉強を出来るかも大事です。勉強時間と質を意識して、受験勉強を進めていくようにしましょう。

この記事を書いた人

hamusuke

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載