試験中に緊張で頭が真っ白になったら?すぐ使える対処法をご紹介

試験中に頭が真っ白になった時の対処法 勉強中の不安



「やばい、全部飛んだ・・・」「何も出てこない、どうしよう・・・」

普段なら簡単に解けるはずの問題がなぜか解けない、公式が思い出せない。

試験中に突如として頭が真っ白になり、焦ってペース配分がおかしくなってしまう。こんな経験したことがある人も多いのではないのでしょうか?本当に焦ってパニックになりますよね…。

全力を尽くして勉強してきたのに、毎年多くの受験生が試験中に緊張のせいで急に頭が真っ白、パニックになり、試験本番で持っている実力を発揮できず涙を飲んでいます。

では、そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、試験中に緊張で頭が真っ白になる原因やそれに対する対処法を紹介していきます。

なぜ頭が真っ白になるのか?

まずは、試験中に頭が真っ白になってしまう原因について知りましょう。

試験中に頭が真っ白になる原因

予想外のことが起こる

自分の予想にしなかったことが起こると多くの人は混乱します。例えば、受験本番でいきなり出題形式が変わった時などですね。

このような準備や対策ができていないことが起こると、通常の精神状態ではなくなります。そして、その精神状態になったことに対して、自分の体調や心境にも驚いてパニックになるケースも多いです。

その結果、焦って頭が真っ白になることにつながります。

完璧を求めすぎてしまう

完璧を求めすぎてしまうことも、頭が真っ白になる原因のひとつです。なので、自分で完璧主義者だと自覚のある人は要注意です。

このケースは、完璧を求めすぎるあまり、できない自分を嫌って過度に自分を追い込んでしまいます。このような人たちは、緊張せずにいつも通りの落ち着いた気持ちで試験を受ける自分を追い求めています。

なので、多くの問題がある中での1問が分からないだけで、「こんな簡単な問題も解けない私って・・・」と思い悩む傾向にあります。それがどんどん悪い方向へ悪い方向へ考えがいきがちになり、頭が真っ白になります。

自分で最悪の未来を妄想してしまう

勝手に自分の頭の中で妄想を広げて、できない自分のイメージを広げてしまうケースです。序盤の1問が分からないだけで、「このままじゃ落ちる」と自分で最悪の未来を思い描いてパニックになります。

それが、試験全体の失敗、そして受験自体に発展し、下手をすると試験中に「浪人するんじゃないか」と思い悩んでしまう人もいます。

緊張への耐性がついていない

入試本番の独特の緊張感や会場の雰囲気にのまれて、自分をコントロールできなくなる人もいます。

緊張する自分の姿をイメージできておらず、入試のような一発勝負の雰囲気に慣れていない人が陥りやすく、緊張への耐性がついていないと頭の中が真っ白になってしまう傾向にあります。

このような人は、普段より情報量や刺激が多く、緊張や不安などのストレス、試験の独特の雰囲気が一気に押し寄せることによって、脳の処理が追い付かずに思考が困難になってしまいます。

受験本番で緊張しないためにはこちらの記事を読んでください。詳しい解説を紹介しています。

大学受験本番で緊張しないための12の方法

大学受験本番で緊張しない方法12選

力が入りすぎる

自分に過度な期待をして、頑張ろうとしすぎることも頭が真っ白になる原因のひとつです。

余計な力が入ってしまい、いつも通りの力が出ないなんてことは多々ありますよね。それが結果としてパニックを生み、頭が真っ白になるケースも少なくありません。

 

では、実際に頭の中が真っ白になったらどうすればいいのでしょうか?

頭が真っ白になったらどうすればいいのか?

試験中に頭が真っ白になった時の対処法

このパートでは、頭が真っ白になったときの対処の仕方を紹介します。

もし試験中に頭が真っ白になってしまったらここで紹介する方法を試してみてください。

深呼吸をする

一度目をつぶって何も考えず大きな深呼吸をしてみてください。今まで焦っていた気持ちを一旦落ち着かせることにより、思考がリセットされて、もう一度冷静になって考えてみようと思えます。

開き直る

試験中にパニックになった時には開き直って、気軽に解いていくことも大切です。「わからないけど、この日までやってきた努力を信じて、全力を尽くすだけだ」と自分に言い聞かせてみてください。

「どうしよう、わからない・・・」という暗い気持ちが、「まずやってみよう」という明るい前向きな気持ちに変化します。前向きな気持ちで解いていけば、頭が真っ白になっている状況からは解放されます。

笑う

パニックになったら笑ってみてください。開き直るのに近いですが、暗い顔で取り組むよりも、笑いながら楽しんで取り組むほうが心に余裕が生まれます。

その結果、さっきまでわからなかった問題の糸口が見つかるかもしれません。

自分を客観視する

頭が真っ白になっている自分を、第三者的目線から客観視してみることはおすすめです。赤の他人の目線で考えて、「なるほど、この人は今緊張しているのか」「へー、そんな自分もいるんだ」という感覚です。

「頭が真っ白になっている自分がいる」と考えて、そこから、この状況の自分を「どうすれば良い方向に導けるだろう」と考えを移してみてください。

分からない問題や解けない問題があるのは当然だよねという意識になり、心に余裕が生まれて自分の気持ちが切り替えられます。新たな観点を持つことは、自分の思考をクリアにしてくれます。

冷静に周りを見渡してみる

一度冷静に試験会場を見渡してみましょう。もちろんあからさまに見渡すと、試験官に不正行為と勘違いされるので、ストレッチがてら首を回す程度にやってみてください。

冷静になって周りを見渡すと、今まで視野が狭くて自分のことしか目がいかなかったものと一変して、いろんな景色が見えてくるはずです。

他の受験生も焦りながら必死に問題を解いていることがわかり、焦っているのは自分だけじゃないということが理解できます。そこからもう一度試験に向き合ってみてください。きっと冷静になれている自分がいるはずです。

事実を再確認する

満点を取らなくても合格ができるという事実を再確認してください。別に満点を取る必要はないんです。

あなたが頭が真っ白になって悩まされている問題は、きっと他の受験生も同じように悩んで時間を取られているはずです。そう考えると、他の問題に手が回らなくなるくらいなら、自分は冷静になって解ける問題から淡々と解いていこうと思えるようになりますよね。

あなたの目的はその問題を解くことではなく、試験に合格することです。合格するための行動を取っていきましょう。

ツボを押す

頭が真っ白になってパニックになってしまったら、ツボを押してリラックスしてみましょう。この時に効果があるとされているのが、手のひらのど真ん中にある「労宮(ろうきゅう)」というツボと、親指と人差し指の分かれ目にある「合谷(ごうこく)」というツボです。

このツボを押すと血行が良くなり、緊張を緩和させたり、気持ちを落ち着かせることができるという効力があります。パニックになっている時は、まずとにかく冷静になることが必要です。なので、この紹介したツボを押してリラックスしてみてください。

 

対処は、頭が真っ白になってしまった時の打開策です。

では、そもそも頭が真っ白にならないためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

頭が真っ白にならないためには?

試験中に頭が真っ白にならないための対策

ここでは頭が真っ白にならないための対策紹介します。

大事な試験中にパニック状態にならないように、今日からすぐに取り組んでみてください。

ポジティブ思考になる

今日からポジティブ思考になりましょう。日頃から常にポジティブに考える、ポジティブに変換する癖をつけておくことは、あなたが受験本番で力を発揮するために非常に大切になってくる要素のひとつです。

この考え方を持っていれば、試験中に何が起こってもポジティブに考えることができ、頭が真っ白になることもパニック状態になることもなくなります。

例えば、仮にわからない問題が出題されたとしても、「どうせ他の受験生も解けない」「一旦飛ばしてまた帰ってこればいい」と悩む時間が減ります。

悩む時間が減れば確実に点数が取れる問題に集中でき、試験中に焦ることもなくなるので冷静に進めていくことができます。試験中にこの考え方を発揮するためにも、日頃からポジティブに物事を捉えることは非常に大切になってきます。

イメージトレーニングをしておく

が真っ白になった時のイメージを持っておきましょう。頭が真っ白になるかもしれないとあらかじめ考えておけば、いざその状況になっても過度に焦ることはなくなります。

そして、その状況になったら自分はどうするかまでしっかり考えておくと、試験中に冷静に対応できます。

この記事で紹介した対処法を知っておくだけでも他の受験生と差がつきます。なので、試験前にこの記事をもう一度読んでおくこともイメージトレーニングになりますね。

試験にアクシデント・ハプニングはつきものと考える

あらゆることを想定しておくのは大切です。パニックは自分の期待や予想が外れた時に起きます。

「まあ一発勝負の試験だと、予期せぬことは起こるかもね」と考えておいてください。そして多少のミスはしょうがないと気を楽にしておきましょう。

もちろん予想外の難問も出題されるでしょう。そもそも出題側も満点は取らせたくないので、そのための難問を用意しています。

なので、わからない問題が出るのは当然ですし、他の受験者もきっと解けません。この考えを持っておくだけで、わからない問題が出てきてもパニックにはならなくて済みます。

緊張感のある模試を受けておく

受験の雰囲気に少しでも慣れておくために、場慣れをするという意識を持って、本番さながらの緊張感のある模試を受けておくことはおすすめです。

受験と同じような会場で、受験と同じような人数で行う模試を経験しておくことは本番に向けて良い練習になります。自分のレベルを測るためにも、また場慣れするためにも模試に取り組んでみてください。

簡単な問題から解く癖をつけておく

常日頃から簡単な問題から解くことを癖づけておいてください。まだ試験のモードになり切れていない試験開始後の最初の10分が一番パニックになりやすい傾向にあります。

最初の10分を気持ちよく乗り切るために、簡単な問題から解いていきましょう。その中で問題を解くリズムを自分で作り出します。自分に自信がついて、むしろ「あれ、いけるかも」と思うことができます。

どんな試験でも自分の土俵に持っていく工夫をしてみてください。

自分のルーティンを作っておく

同じように試験をスムーズに行うリズムを作るために、試験前のルーティンを決めておくこともおすすめです。

模試や学校のテストからやっていること、もしくはやることを決めておいて試験本番でもそのルーティンをしてから臨むようにすれば、落ち着いて試験に取り組むことができます。

軽いストレッチをしてから試験を迎える、深呼吸をするなど何でも構いません。あくまでもいつも通り、変わるのは試験会場だけという意識を持って、普段の試験からやっていることを受験本番でもやるようにしてみてください。

前日から完璧な準備をしておく

万全な準備をしておくことは大切です。試験当日にあれがない、これがないと試験前から気持ちに余裕がないと、連鎖して試験本番でもパニックになる可能性があります。そうならないためにも、前日の完璧な準備は必須です。

まずは、試験当日に必要な持ち物をしっかりと用意しておきましょう。その際には、当日の気候や試験会場の気温なども考えて、どんな状況にも対応できるようにしておいてください。

また、試験会場、試験時間、受験科目、科目の順番などをしっかりと確認しておくことも大切です。送付された受験上の注意を今一度確認して、試験に臨むようにしてください。

そして、完璧な心構えで受験当日を迎えるために、おすすめの受験前日の過ごし方をこちらの記事で紹介しています。ぜひこちらの記事もチェックするようにしてください。

対応力を身につけておく

予想外の出来事への対応力をつけておけば、試験本番にパニックになりそうな場面でも冷静に対応することができます。簡単なことでいいので、普段しないことにチャレンジしてみてください。

  • レストランで席についた瞬間に注文してみる
  • いつもと違うルートで帰ってみる

なんでも構いません。いつもと少し違うことをすることによって対応力を身につけることができます。

まとめ

試験中に頭が真っ白になった時の対処法や、そうならないために今日から行える対策などを紹介してきました。

最後にもう一度試験中に頭が真っ白になった時の対処法をおさらいしておきます。

 

  • 深呼吸をする
  • 開き直る
  • 笑う
  • 自分を客観視する
  • 冷静に周りを見渡してみる
  • 事実を再確認する
  • ツボを押す

また、この記事で紹介した対策は、どれも今日からできることなので取り組んでみてください。受験本番でも冷静に試験を受けることにつながります。

ぜひ実践してみてください。

 

加えて、以下の記事で、効率的に受験勉強をしていくための方法を紹介しています。受験勉強の進め方や勉強法に困っている方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

大学受験を制覇するための効率の良い勉強法!

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

【限定公開】偏差値46.8から早稲田に逆転合格した方法を今だけ公開します

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載