【大学受験】誰でもできる英単語の簡単な覚え方のコツをご紹介!

【大学受験】誰でもできる英単語の簡単な覚え方のコツをご紹介! 勉強法



  • 英単語がなかなか覚えられなくて困っている…
  • 効率良く覚えていく方法はないのかな…
  • 英単語を覚えることが大切なのはわかっているけどなかなかモチベーションが上がらない…

このような悩みを抱えている高校生・受験生は多いと思います。

たしかに、覚えないといけない英単語の量は膨大で、3日前に勉強したはずの英単語をもう忘れてしまったなんてこともざらにありますよね。

英単語学習は、どうしても終わりが見えない戦いのように感じてしまいます。

そんな少し億劫に感じる英単語学習も、効率的に進めていくコツや方法は存在します。

なるべくなら、簡単な効率的な方法で覚えていきたいという思いの人も多いのではないでしょうか。

今回は、大学受験の英単語の簡単な覚え方のコツをご紹介します。

現在英単語を覚えるのに苦労している方は、ぜひ今回の記事を参考にして、今後の学習に活かしていってください!

英単語を効率的に覚えるために必要なこと

まず、効率的に英単語を覚えていくにあたって必要なことがあります。

ここで紹介することを意識して英単語を覚えていくようにしてください。

自分に合ったやり方を見つける

英単語を効率的に覚えるために必要なこと「自分に合ったやり方を見つける」

最初に考えるべきことは、「どうしたら効率的に早く英単語を覚えられるようになるのか」ということです。

素早く効率的に英単語を覚えていくためには、この自分に合ったやり方を見つけることが非常に大切です。

人によって向き不向きのやり方があります。自分が最も記憶に残りやすいやり方を実践していきましょう。

当然この記事で紹介することすべてが自分に合っているかもわかりません。何かひとつでも良いので、自分に合ったやり方を見つけて、それを実践に移していくようにしてください。

これは英単語だけではなく、他の科目の勉強にも同じことが言えます。

毎日続ける

英単語を効率的に覚えるために必要なこと「毎日続ける」

「効率的に覚えるために毎日続けるってどういうことだよ」と思われる方もいるかもしれませんが、これは事実です。

効率的に覚えるには、毎日続けることが大切なんです。

どういうことか詳しく説明していきます。

この勉強を習慣化する方法の記事内でも解説していますが、覚えたいことを毎日継続することは絶大な効果を発揮します。

毎日続けるだけで知らず知らずのうちに力がついていきます。スマホなどのゲームで、特に力を入れてプレイはしていなかったけど、毎日ログインしていただけでいつの間にか強くなっていたという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

英単語の勉強にもまったく同じことが言えて、毎日少しの時間でも続けることによって、知らず知らずのうちに記憶に定着していきます。

他の分野や科目に比べても、特に英単語は毎日続けることの影響をもろに受ける部類です。むしろ特別なことはいらず、毎日続けるだけで大量の英単語を覚えていくことができます。

毎日続けることこそ、英単語を効率的に覚えるために必要なことということです。これを覚えておいてください。

先ほど紹介した勉強を習慣化する方法について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【受験生必見】勉強を継続させて習慣化にする方法をご紹介

英単語を簡単に毎日続けるコツ

英単語を簡単に毎日続けるコツ

しかし、「そうはいっても毎日続けることは難しいよ…」「どのように毎日続けていけばいいかわからない」という方もいると思います。

なので、簡単に英単語を毎日続けるコツを紹介します。

毎日覚える単語数を決めておく

毎日必ず覚える単語数数を決めておきましょう。

基本的には毎日100単語を覚えていくことが良いですが、まだ慣れていないと言う人は半分の50単語から始めてみて、慣れてきたら徐々に数を増やしていきましょう。

毎日決まった時間・場所で覚える

学校に向かう電車の中やお風呂を出た後すぐ、夜寝る前などというように、毎日決まった時間・決まった場所で覚えるようにしましょう。

そうすれば、この場所に行ったら、この時間になったら英単語の勉強をするんだという意識が自分の中で芽生えて、毎日継続できることにつながります。

1回では覚えられないと考える

英単語を1回で覚えることは不可能です。「英単語は1回では覚えられない」この考えを前提に持つようにしてください。

どうしても完璧主義な人は、1回で完璧に覚えようとしてしまいますが、むしろそれは逆効果です。

1つの英単語に時間をかけすぎてしまうと、他の英単語に触れられる数や時間がどんどんなくなってきてしまうため、結局多くの英単語は覚えられないことになってしまいます。

また後でも説明しますが、1単語に10秒以上の時間はかけないようにしましょう。

1冊の単語帳を繰り返す

これ!と決めた単語帳を何度も繰り返してください。

浮気や目移りは禁止です。ひたすら自分が信じた1冊を極めるようにしましょう。

どの英単語帳を使うかまだ決めていないという方は、以下の記事を参考にして、自分のレベルや目的に合った単語帳を1冊買うようにしてください。

大学受験でおすすめの英単語帳12選

【大学受験】レベル別おすすめ英単語帳12選

英単語を簡単に覚えるコツ

簡単に覚えるコツを紹介していきます。

色を使う

英単語を簡単に覚えるコツ「色を使う」

どの英単語帳を使っても大抵は、綺麗なレイアウトで均一の大きさで均一に並んでいますよね。

そのこと自体はもちろん使いやすく素晴らしいことなのですが、「英単語を覚える」という点だけで考えると非常に覚えにくくなっています。綺麗に均一に並んでいるので、どれも同じに見えて区別がつかないですからね。

例えば、白い服を着ている初見の100人を一人ひとり覚えてくださいと言われてもかなり難しいですが、同じ100人でも特徴ごとに色の違った服を着ている100人のほうが覚えやすそうですよね。

それと同じことが、英単語を覚える時にも発生するんです。

つまり、英単語にも色を使って覚えやすくすることが大切ということです。

特徴別やイメージ別に色分けをしてあげると、記憶に残りやすくなります。例えば、ポジティブなイメージのものは「赤色」、ネガティブなイメージのものは「青色」というような形です。

色が記憶に与える影響は意外と大きいです。長文問題を解いていて、ある単語の正確な意味はわからなくても、色の記憶でどのようなイメージの意味を持っているのかは思い出すことができます。

その情報をもとに、前後の文脈から単語の意味がわかるようになったり、ポジティブの意味なのかネガティブの意味なのかがわかるだけでも、その文の言いたいことがわかったりしますよね。

自分で英単語の意味を考えながら、自分が記憶しやすい色のイメージを使って英単語を覚えていくことは、単に英単語を覚えていくよりもはるかに記憶に残りやすくなります。

ちゃんと自分でその単語のイメージを考えるということをしていますからね。

なので、この「色を使う」ことはおすすめです。

勉強と色の関係についてはこちらの記事でも解説しているので、興味がある方はぜひ合わせてご覧ください。

勉強に集中するのにおすすめの色

勉強と色の関係について

ひとつの英単語に時間をかけすぎない

英単語を簡単に覚えるコツ「ひとつの英単語に時間をかけすぎない」

英単語を効率的に覚えていくためには、ひとつの英単語に時間をかけすぎないことが大切です。

英単語の記憶は、「どれだけたくさん触れ合うことができたか」で決まってきます。

同じ英単語をとにかく何度も目に触れさせることが重要です。

時間をかけて1日20単語を5日間に分けて100単語覚えるよりも、短い時間でいいので毎日100単語を目に触れて、それを5日間繰り返したほうが覚えられます。

そのため「1単語10秒」を徹底して、このペースで毎日回していきましょう。1単語10秒でたくさんの英単語を毎日目に触れさせて、何度も何度も繰り返していきます。

「あ、この単語見たことある」という状況をたくさん作っていけば、その英単語の意味も自然と覚えていけます。

最初はメインの意味だけ覚えていく

英単語を簡単に覚えるコツ「最初はメインの意味だけ覚えていく」

最初の3周目くらいまでは、その単語のメインの意味だけをひたすら目に入れて、頭にインプットさせていきましょう。

付属で載っている派生語や関連語は無視して構いません。最初からそんな細かいところまでチェックしていたらまったく進みませんし、覚えられなさすぎて途中で挫折してしまうことにもなりかねません。

この小さく載っている派生語や関連語、付属の意味は4周目以降で触れていきましょう。まずはメインの意味を覚えることで、その後に派生語や関連語も覚えやすくなります。

音を使って耳でも覚えていく

英単語を簡単に覚えるコツ「音を使って耳でも覚えていく」

英単語を覚えるときは、英単語帳を見るなどの「目」を使って覚えることが一般的ですよね。

もちろん目を使って覚えていくことは問題ないのですが、それに加えて、音声を使って「耳」で覚えることもコツの1つです。

最近の英単語帳には「音声」がついているものが多くあります。その単語帳に付随している音声を使って、英単語を耳で聞いて覚えていくことをぜひやってみてください。

リスニング力のアップや正しい発音・アクセントを理解することにもつながります。

さらに、耳を使うだけなので、たとえ手がふさがっていても、歩いている・走っている最中でも覚えていくことができます。

この耳を使って覚えていく方法は、特に電車の中がおすすめです。静かな場所でしか集中できないという人も、イヤホンをすれば外の雑音をシャットアウトできるので、音声だけに集中できます。

隙間時間を有効活用したい人や電車内で勉強したいけど集中できなくて困っている人は、ぜひこの「耳」で英単語を覚える方法を試してみてください。

音読する

英単語を簡単に覚えるコツ「音読する」

英単語を音読しながら覚えていくのもおすすめです。

音読をすれば、自分の口から発した音が、そのまま自分の耳にも入ってくるのでインプットとアウトプットが同時にできることになります。

それによって、習得が早く、忘れにくくなります。

詳しい音読の方法や音読がもたらす効果はこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

英語の音読ってどんな効果があるの?そのやり方と共にご紹介!

英語の音読の効果とやり方

英単語はいつから始めるべきか?

英単語はいつから始めるべきか?

よく「英単語はいつから始めるべきでしょうか?」という質問をされることがあります。

この質問に対しての回答は、ずばり「高1」です。

先ほども説明したように、英単語はどれだけ繰り返して目に触れさせられるかで、記憶への定着率が変わってきます。

当然、高1の頃から毎日英単語に触れている人と、高3の受験生になって慌てて勉強し始めた人では触れてきた量が大きく違ってきますよね。

なので、英単語に関しては早く始めることに越すことはありません。

とは言いつつも、もう高3だけどまだ全然覚えられていないという人もいるかと思います。

その人は今日からしっかり始めていきましょう。高3だからもう遅いとは言っても、この記事を見た今この瞬間がこれからの受験期間では一番早い時期です。

英単語は繰り返す量によって左右される分野なので、一番早いタイミングの今日この瞬間から始めてみてください。

英単語はどのくらい覚えるべきなのか?

英単語はどのくらい覚えるべきなのか?

英単語をどのくらい覚えるべきかに悩んでいる人も多いかと思います。

たしかに、初めの時点でどのくらいの英単語を覚えればいいか把握しておいたほうが、ゴールが見えてモチベーションにもつながりますよね。

しかも英単語は目指す大学のレベルによっても覚える数が変わってきます。

なので、志望校のレベル別で覚えるべき英単語数を以下の記事で詳しく解説しています。

また、その際に使うべき英単語帳も合わせて紹介しているので、どのくらいの英単語を覚えればいいかわからずに悩んでいる人や、どの英単語帳を使えばいいかわからずに困っている人は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

【大学受験】必要な英単語数と英単語帳をレベル別で徹底解説!

【大学受験】必要な英単語数と英単語帳をレベル別で徹底解説!

まとめ

今回紹介した英単語を効率的に覚えるコツをおさらいすると以下のようになります。

  • 色を使う
  • ひとつの英単語に時間をかけすぎない
  • 最初はメインの意味だけ覚えていく
  • 音を使って耳でも覚えていく
  • 音読する

英単語学習は、果てしなく終わりが見えないと感じて途中で挫折しそうになりますよね。これは多くの高校生・受験生が抱える悩みでもあります。

だからこそ、様々な工夫をして、飽きさせない、記憶に長く定着させるように勉強することが大切です。

今回紹介したコツの中で、ひとつでも自分に合う方法を見つけてみてください。

そして何よりも英単語は継続的に勉強することが重要なので、英単語を勉強するときは、完璧に覚えようとしないようにしましょう。

完璧に覚えることよりも、挫折せずに何度も繰り返すことが重要です。

完璧主義な考え方は捨てて、覚えられなかったら、また繰り返せばいいんだという考え方を持って取り組むようにしてみてください。

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載