【デキる人はやってる】隙間時間の勉強で効率良く成績を上げる方法

【デキる人はやってる】隙間時間の勉強で効率良く成績を上げる方法 勉強法



「いつも隙間時間を無駄にしてしまっている…」

「どうにかして隙間時間を有効活用したいと思っているのになかなかうまくいかない…」

「隙間時間にどんな勉強をすればいいのかわからない」

こんな悩みを抱えている人も多いかと思います。今回はこのような悩みを解消していく記事になっています。

 

移動時間の15分、寝る前の10分、歯磨き中の5分。1日の中で隙間時間は意外とたくさんありますよね。

そんな隙間時間をあなたはどう使っているでしょうか?

「時間を制するものは受験を制す」

時間を有効活用できるかどうかで受験が成功するかどうかが決まると言われます。

なぜなら時間だけは、通っている学校や周りの環境、住んでいる場所に関わらず、唯一すべての人が平等に与えられているものだからです。

たしかに今までの経験上、隙間時間をうまく使っている人のほうが合格しやすいと言えます。

ということで今回は、隙間時間を使った勉強で効率良く成績を上げていく方法を紹介していきます。

「忙しくてなかなかまとまった勉強時間が取れない」「隙間時間を有効活用して成績を伸ばしていきたい」などと思っている方は、ぜひ最後まで読むようにしてください!

そもそも隙間時間とは?

そもそも隙間時間とは?

まずは、隙間時間はどの時間を指しているのか、そして1日どのくらいの時間あるのかということを解説していきます。

隙間時間は身近に潜んでいる

予定と予定の間に生じた短時間の暇、ちょっとした物事に取り組めるわずかな余裕などを意味する語。
移動時間や待ち時間などを指すことが多く、勉強や情報収集などを小刻みに積み重ねる事柄で用いられる場合が多い。

出典:weblio辞書 実用日本語表現辞典

隙間時間という言葉のイメージはつくと思いますが、辞書で調べるとこのように説明されています。

予定と予定の間に生じた短い時間となると、辞書にも書かれているように移動時間や待ち時間、またホッと一息つくような休憩時間も含まれるので、身近なありとあらゆるところに隙間時間は潜んでいると言えますね。

1日の隙間時間は2時間もある

では、1日に隙間時間はどれくらいあるでしょうか?

人によって差はあるかもしれませんが、トイレ・歯磨き・食事・起床後・就寝前・お風呂・通学など、ありとあらゆる日常の隙間時間を合計すると、人の1日の隙間時間は約2時間あるとされています。

こんなに時間があると考えれば、いくらでも有効活用できそうですよね。

今までこれらの隙間時間を無駄にしてきた人が有効活用するようになれば、1週間で14時間、1ヶ月で56時間、1年で672時間もの時間を得られることになります。

「時間がない」と嘆いている人は、自分の隙間時間がどこにあるのか、そしてその隙間時間で何をしているのかを今一度確認したほうが良いでしょう。

なぜ隙間時間に勉強をすることが大切なのか?

1日の中にどのくらいの隙間時間が存在しているかがわかったところで、続いては、なぜ隙間時間に勉強することが大切なのかをお伝えしていきます。

勉強時間を生み出すことができる

隙間時間に勉強をすることが大切な理由『勉強時間を生み出すことができる』

まずは勉強時間を生み出すことができるのが一番大きなメリットです。

本当は0だったかもしれなかった勉強時間が、ちょっとした隙間時間を利用することで10分にも20分にも増やせるのです。

先ほども述べたように、1日少しの時間を勉強時間に変えるだけで、長い目で見れば莫大な時間になっていきます。

特に部活やクラブ活動などの勉強以外のことが忙しい人は、隙間時間を利用して勉強時間を生み出すことが非常に大切です。

時間が限られているから集中できる

隙間時間に勉強をすることが大切な理由『時間が限られているから集中できる』

人の集中力が一番発揮されるのが10〜15分と言われています。

1回の隙間時間はたいてい15分以内におさまるので、隙間時間の勉強が最も集中できる勉強時間と言えます。

さらに、時間が限られているからこそ、どうにかしてその時間内で覚えようとしますよね。

必死に覚えようとすることで記憶にも定着しやすくなります。

何度も繰り返すことで記憶に定着しやすくなる

隙間時間に勉強をすることが大切な理由『何度も繰り返すことで記憶に定着しやすくなる』

隙間時間を利用した勉強を何度も何度も繰り返すことで、記憶に定着しやすくなります。

後ほど説明しますが、一問一答や用語説明、英単語などの知識はどれだけ触れたか、何回繰り返したかによって記憶への定着度が変わってきます。

どれだけ難しい単語・用語でも、1日10回の隙間時間すべてで確認すれば覚えられそうですよね。

1回だけではなく何度も繰り返すということが大切になってきます。

隙間時間を効果的に使うために

隙間時間に勉強することの大切さはわかったけれども、なかなか行動に移せないという人も多いかと思います。

なので、ここでは隙間時間を効果的に使うために必要なことを紹介していきます。

ここでお伝えすることは、今まで無駄にしていた隙間時間を、効果的な勉強時間に変えるために必要な準備作業となります。

しっかり理解するようにしてください。

隙間時間への考え方を改める

隙間時間を効果的に使うために『隙間時間への考え方を改める』

そもそもあなたの隙間時間への考え方はどうでしょうか?

一度自分に問いかけてみてください。

「10分くらいなら休憩したほうがいい」「チマチマ勉強しても意味がない」「隙間時間はスマホを触る時間って決まってる」

こう考えている人もいるかと思います。

たしかに隙間時間まで勉強していたら、勉強が生きがいのように感じてきますよね。こんな人生は嫌だと思います。

でも大学受験に失敗した受験生の多くが口にすることは、「もっと勉強しておけばよかった」「スマホを触っている時間は無駄でしかなかった」ということです。

この言葉を聞くと、隙間時間って結構大事なんじゃない?と思いませんか?

よく考えてみてください。

「隙間時間は勉強することが当たり前」という意識の学生と、「隙間時間は休憩時間」と考えている学生では、どちらの学生のほうが成績が伸びていきそうですかね?

受験生の追い込みの時期だと10分も無駄にできなくなります。その追い込みの時期の10分の価値が隙間時間にもあるんです。

本気で成績を上げたいと思っている学生や受験生は、まず自分の隙間時間への意識・考え方を変えてみてください。

まずは1日のどこに隙間時間があるのかを把握する

隙間時間を効果的に使うために『まずは1日のどこに隙間時間があるのかを把握する』

まずは自分の1日のスケジュールを思い浮かべて、朝起きてから夜寝るまでに、どこに隙間時間があるのかを把握することから始めましょう。

しっかり考えると1日にたくさん隙間時間があることに気づきます。そして相当時間を無駄にしていることに気づくはずです。

いきなりすべての隙間時間を勉強時間に変えることは難しいと思うので、最初のうちは、その中の1回10分の時間でいいので、勉強時間に変えてみてください。

それを毎日継続させていけば、その時間に勉強することが当たり前になっていきます。

当たり前の意識になったら、少しずつ新たな隙間時間を勉強時間に変えていきましょう。

徐々に徐々にこの行動を増やしていけば、いつの間にか「隙間時間=勉強時間」として生活できるようになっていきます。

それぞれの隙間時間ごとにやることを決めておく

隙間時間を効果的に使うために『それぞれの隙間時間ごとにやることを決めておく』

上記のように1日のうちの隙間時間を把握したら、その時間に何をするかまで決めておきましょう。

例えば、歩いて移動している時間はイヤホンでリスニングの音源を聴く時間、寝る前の10分間は英単語を覚える時間という感じです。

あらかじめその時間に何をするかを決めておけば、「何しよう?」と考えることなくすんなり勉強を始めることができます。

いつでもどこでも勉強できる用意をしておく

隙間時間を効果的に使うために『いつでもどこでも勉強できる用意をしておく』

いつでもどこでも勉強できる用意をしておくことは、隙間時間を有効活用するために非常に重要になってくることです。

思いがけない待ち時間や予想外の予定変更などで、隙間時間はふとした瞬間に生まれたりすることもあります。

その時に勉強できる材料を持っているか、自分が今やるべきことを自分で理解しているかで、隙間時間を有効活用できるか無駄にしてしまうかが決まってきます。

出先で何も勉強できる材料を持っていなくて、急に隙間時間が生まれた場合には勉強するチャンスを逃してしまいます。

いつでもどこでも邪魔にならず、簡単に勉強できる用意をしておきましょう。

すぐに勉強に入れるようにしておく

隙間時間を効果的に使うために『すぐに勉強に入れるようにしておく』

隙間時間を有効活用するために、すぐに勉強に入れるようなリズムを作っておくことが大切です。

上記でもお伝えしたように、隙間時間は突然やってくることもあります。

そんな時にすぐに勉強に入れる人とだらだらしてしまって結局スマホを触って終わる人では明らかに差がつきますよね。

隙間時間ができたらすぐに勉強に入れる準備をしておくことは時間を無駄にしないことにつながります。

例えば、急にできた隙間時間は英単語の復習をすると決めておく、勉強に入る前のスイッチになるような音楽を聞いて一瞬で集中モードに入る。

どんなことでも構わないので、スッと勉強に入れるような自分の中でのルーティーンやリズムを作っておきましょう。

テキストをバラして持ち運ぶ

隙間時間を効果的に使うために『テキストをバラして持ち運ぶ』

出先の隙間時間で勉強するといっても、何か勉強する道具がないと勉強できませんよね。

しかし、大きく分厚い参考書や問題集をいちいち持ち運ぶのは大変です。

そんな時におすすめなのが、テキストや問題集をバラして持ち運ぶことです。

テキストをバラしておけば、持ち運びする際にもかさばりませんし、サッとカバンから取り出してすぐに勉強に入ることができます。

数十枚ごとに分ければ折りたたんでポケットにしまうこともできます。

これは「いつでもどこでも勉強できる用意をしておく」「すぐに勉強に入れるようにしておく」ことに当てはまっていますよね。

テキストをバラすことに抵抗があるかもしれませんが、大事なのはテキストを綺麗に使うことではありません。大事なことはそのテキストをどう使ったとしても、ひとつでも多く知識を吸収して成績を上げることです。

また、テキストをバラすことによって、勉強する時に感じるハードルを下げることにもつながります。

分厚いテキストを目の前にすると、どうしても心のどこかで「今からこの量のテキストをやるのか…」と果てしないもののように感じてしまいます。

それに対して、数十ページの薄いテキストであれば、「これだけか!」「楽勝じゃん♪」と勉強に対するハードルが一気に下がります。

何事も終わりが見えていたほうが「あと少し!」と思えて取り掛かりやすくなりますよね。

簡単に持ち運びができることに加えて、勉強に取り掛かるハードルを下げることもできるので、ぜひテキストはバラして使ってみましょう。

ざっくり読むことを繰り返す

隙間時間を効果的に使うために『ざっくり読むことを繰り返す』

隙間時間の勉強では、テキストを時間をかけてゆっくり読んでいくのではなく、ざっくりでいいのでペースを上げて読むことを心がけてください。

隙間時間に勉強する際には、大枠を掴むイメージで、わからないこと・知らないことがあっても深くは理解しようとはせずに読み進めて構いません。

細かいところは「なんかよくわからないけど、こういうことなのか」という雰囲気・概要を把握していきましょう。

そして、それを何度も繰り返すことが重要です。何度も繰り返していく中で、理解が追いつき、記憶され、知らず知らずのうちに頭の中に定着されていくのです。

ざっくり読むことを何度も繰り返す。この意識を大切にしてください。

隙間時間にやる勉強科目・内容は?

隙間時間にやる勉強科目・内容

移動時間・通学時間は人それぞれかもしれませんが、日常的にやってくる多くの隙間時間は長くても10分、短ければ1分の場合もあります。

その数分という時間で、数学や物理などのしっかり頭で考えて解答を導かないといけないような問題を解くのは難しいです。

なので、隙間時間にやるべきことは、暗記系の科目の知識を定着させることです。

どのようなことをやるべきか具体的に紹介していきます。

一問一答・用語説明

歴史科目では当然出来事や人物名を理解しないといけませんし、地理・化学・生物などでも様々なキーワードが出題されるので覚える必要があります。

このような用語説明や一問一答の問題は隙間時間を利用して覚えていくことがおすすめです。

そのキーワードを知っているか知らないかを仕分けする作業だけでも十分と言えます。

短い時間の中でスッとわかる知識であれば定着しているということがわかります。わからなかった問題はチェックして、何度もやってくる隙間時間に繰り返し確認することで定着させることができます。

それに加えて、キーワードを覚えるだけではなく、そのキーワードの説明をできるようにしていきましょう。

一問一答に出てくる用語の意味を一人でいる時には口に出して、周りに人がいる場合は頭の中で説明するようにしていきます。

インプットとアウトプットの練習を繰り返して、用語を完璧に説明できるようになりましょう。隙間時間で何度も繰り返すことによって、知らず知らずのうちに記憶に定着していきます。

英単語

英単語も隙間時間にやることをおすすめします。

英単語も一問一答・用語説明と同じように、知っているか知らないかで仕分けして、知らない単語を繰り返し目にする・口に出すことが大切です。

より詳しい英単語の覚え方のコツは以下の記事で解説しています。隙間時間に英単語を覚える際にも使えることなので、ぜひ参考にしてください。

【大学受験】誰でもできる英単語の簡単な覚え方のコツをご紹介!

【大学受験】誰でもできる英単語の簡単な覚え方のコツをご紹介!

【状況別】隙間時間に効率良く勉強する方法

【状況別】隙間時間に効率良く勉強する方法
  • トイレ
  • 歯磨き
  • 食事
  • 睡眠前
  • お風呂
  • 駅まで歩く時間
  • 電車内
  • 休み時間
  • 先生が教室に来るまでの時間
  • ドラマのCM

などなど、1日に隙間時間は数多く存在します。

なので、ここでは代表的な隙間時間での勉強方法を紹介します。

ここで紹介することを参考にしながら「この隙間時間にはこの勉強をやる」と自分なりに決めてしまってください。

トイレ

1日で合計すると、トイレの時間は意外と長くあります。その長い時間をボーッと過ごしてしまうのはもったいないですよね。

なので、トイレの壁に何か暗記したい事柄を貼って、トイレに入るたびにそれを見る癖をつけてしまいましょう。例えば、古文の助動詞変化表や日本史の年表などですね。

また、トイレに長居する場合もあるので、そんな時に勉強できるように簡単な参考書や語呂合わせの暗記本などを1冊トイレに置いておくようにします。

そうすれば1回1回トイレの時間を無駄にすることなく、1つでも知識を覚えることにつながります。

歯磨き

歯磨きをしている時あなたは何をしていますか?ボーッとしていることやテレビを見ていることが多いはずです。

その歯磨きの時間も工夫すれば勉強時間に変えることができます。

片手でめくれる参考書などを1回の歯磨きにつき1ページでも進めていけば、1日2〜3ページ、1ヶ月で60〜90ページも進めることができます。

英単語を30個覚えるまで歯磨きを続けるなどのノルマを課してみるのもおすすめです。

食事

受験勉強の期間では、家族との時間が合わず1人で食事をすること多いかと思います。

そんな時もスマホを見たり、ボーッと何も考えずに過ごしたりするのではなく、今日やったことの復習や間違えた問題の見直しなどをするようにしましょう。

食事の時に今日間違えた箇所の見直しをすると決めておけば、毎日間違えた問題を見直しすることができるようになりますよね。

軽く見直すだけでも定着率が大きく変わってきます。

睡眠前

ベットに入ってから少しスマホを触って電気を消して寝る。このようなパターンの人も多いのではないでしょうか?

そのスマホを触る時間を、今日やったことの振り返りに充てる時間にしてみませんか?

「今日はどんなことを勉強したっけ?」と1日にやった勉強内容を振り返るだけでも構いません。それだけでも頭の中が整理され、記憶への定着が良くなります。

また、寝る前にスマホから発せられるブルーライトを見ないようにすれば、睡眠の質も格段に良くなります。

お風呂

お風呂はリラックスすることに重きを置いても構いませんが、どうせならその時間を何か有意義に使いたいということであれば、その日に勉強した英語の構文・フレーズを声に出してみることをおすすめします。

多くの人は英語の構文やフレーズを書いたり声に出したりして覚えていると思います。その覚えたものをもう一度声に出して言ってみましょう。

うまく言えない、適切な前置詞が出てこないなどとわかれば、それはまだ定着できていない証拠です。

もう一度お風呂上がりに確認をしてから寝るようにしてください。

通学中

通学中は、数ある隙間時間の中でもまとまって長く時間が取れるタイミングです。

電車やバスの中では、苦手な暗記ものの勉強に充てる時間にしましょう。

また、駅まで歩く時間や徒歩通学の場合には、イヤホンで英語の音源を聞いてリスニング対策をすることもおすすめです。

周りにあまり人がいなければ、同時に声に出してシャドーイングをすることもできます。

隙間時間の勉強に使えるおすすめのアプリ

隙間時間の勉強に使えるおすすめのアプリ

最近では便利な時代になったので、スマホのアプリで勉強することもできるようになりました。

スマホならいつでもどこでも手軽に見られるものなので、隙間時間の勉強にも活かすことができます。

暇な時間になったらスマホを触る癖がある人は、どうせならその癖を活かしてスマホを使って勉強してしまいましょう。

隙間時間の勉強に使えるおすすめのアプリは以下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

勉強に役立つアプリ一覧

【高校生必見】受験勉強に役立つアプリ一覧

まとめ

隙間時間を無駄にしないために、そして有効に使うために必要なことをお伝えしてきました。

隙間時間を有効活用するだけで、1日の勉強時間が1〜2時間も増えます。そうすると1ヶ月、1年と積み重なった場合には、ものすごい差が生まれてきます。

ぜひ今日から隙間時間の使い方を見直して、勉強時間に充てるようにしてみてください!

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載