【大学受験】現代文の漢字対策!果たして漢字の勉強は必要?

【大学受験】現代文の漢字の勉強は本当に必要なの? 勉強法



「大学受験の現代文の勉強って必要なの?」

この疑問を抱えている受験生は非常に多いと思います。

今回はこの疑問を解消するべく、大学受験の現代文において漢字の勉強は果たして必要なのかを解説していきます。

それに加えて、漢字の勉強が必要な受験生向けに、漢字の対策の仕方やおすすめの参考書なども紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、自分にとって漢字は必要なのかどうかを理解するようにしてください。

大学受験の現代文において漢字の勉強は必要なの?

大学受験の現代文において漢字の勉強は必要なの?

「漢字の勉強は必要なのか?」の問いに対しては、「人による」というのが回答になります。一概に「絶対に勉強しないといけない」「別に勉強をする必要はない」ということは言えません。

なぜかというと、漢字の勉強が必要かどうかは、自分の入試形態や志望校、現代文の実力によってくるからです。

なのでここでは、「どのような状況の場合に漢字の勉強が必要になってくるのか」という状況別に漢字の勉強の必要性を説明します。

共通テストで高得点を狙うなら必要

共通テストで8〜9割以上を目指す人は漢字の勉強はしたほうが良いでしょう。

共通テストでは1問2点の漢字の問題が5問出題されます。なので、200点中の10点分を占めています。

たかが1問2点かもしれませんが、8〜9割を目指すにあたって2点を落とすのは痛いです。仮に1問もわからず10点落としてしまえば190点からのスタートになってしまいます。

共通テストで高得点を狙うならどんな漢字問題が出題されても答えられるように対策をしておく必要があります。

各大学の個別試験では出題率・配点による

傾向として、難関大学と呼ばれる上位の大学になるにつれて、漢字自体を問う問題は少なくなっていきます。

ただし、漢字の出題率は大学によって様々なので、自分の志望校の現代文の問題を分析する必要があります。

なので、自分の志望校の過去問を確認してみて、漢字はどのくらい出題されるのか、どのくらいの配点で出題されるのか、ということから判断するようにしてください。

一番大切なのが自分の実力から判断すること

どの模試や過去問でも漢字の設問を1ミスまでに抑えられるなら特別な対策はしなくても大丈夫でしょう。

模試や過去問を解いていく中で、漢字のミスが目立ってきたら漢字の勉強は必要になってきます。

また、漢字以外でどのくらい点数が取れるのかで判断するのも重要です。

内容一致問題や文章構造把握問題などの各設問でしっかりと点数を取れるのであれば、力を入れて漢字の勉強をしなくても問題ないです。他の設問で確実に点数を取れるのなら、わざわざ漢字の対策をしなくても現代文の点数は安定して取れるようになります。

しかし、そもそも読解が苦手で各設問で思うように点数を取ることができないという人であれば、他の設問の代わりに漢字で点数を稼ぐために、漢字の勉強をするのが得策と言えます。

筆者自身は現代文の読解が苦手だったため、漢字の勉強をしっかり行う選択をして、どの試験でも満点を取れる実力をつけました。

大学受験現代文の漢字の対策の仕方は?

続いて、漢字問題で満点を取っていくために必要な具体的な漢字の対策方法を紹介します。

1冊の参考書を完璧に仕上げる

1冊の参考書を準備して、その1冊を完璧に仕上げるようにしましょう。なので、漢字の参考書を何冊も用意する必要はありません。

そこで重要になってくる漢字の参考書は後で紹介します。

模試・過去問で間違えた問題は必ず覚える

模試や過去問で間違えた問題は、必ず覚えるようにして二度と間違えないようにしましょう。

模試や過去問で出題される漢字は基本的にどれも頻出漢字で、入試本番でも出題される可能性があります。

なので、間違えた漢字はしっかりノートにまとめておくなどして、いつでも復習できるようにしておきましょう。

覚えた漢字を使える知識にする

そして漢字を勉強する時に気をつけることが、しっかりと漢字の意味を理解して自分の言葉で説明できるようにすることです。

覚えた漢字を使える知識にするようにしましょう。

これは英単語を覚える時をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

英単語を勉強する時は、英単語と意味をセットにして覚えていきますよね。読めたからOK、書けたからOKなんてことはないはずです。

しっかり単語と意味を連動させて、この単語はどのような例文で使うのか、どのような単語とつながるのか、ということを意識して覚えていくと思います。

そこでようやく「覚えた」「使えるようになった」と言えます。

なので漢字を勉強する時にも、漢字と意味をセットにして覚える必要があります。漢字も読めるからOK、書けるからOKという考えは捨ててください。

重要なのは覚えた漢字を使える知識にすることです。

友達に「この漢字の意味は?」と聞かれてもすんなり答えられるようにしましょう。

大学受験の現代文の漢字の勉強時間はどのくらい必要?

漢字の勉強に時間をかけすぎるのもよくありません。他の現代文の勉強や他の科目の勉強もありますからね。

なので、基本的に漢字の勉強に関しては、英単語の勉強などと同じように隙間時間を有効活用するようにしましょう。

毎日15〜20分ほどの隙間時間を利用して、1冊の参考書を進めていけば問題ありません。

おすすめは、電車の中での移動時間やお風呂上がり・寝る前など、漢字を勉強する時間を決めておくことです。そうすれば毎日漢字を勉強する習慣も作れて、負担なく効率的に進めることができます。

大学受験の現代文の漢字対策に使えるおすすめの参考書を厳選してご紹介!

最後に、漢字を勉強するにあたって、おすすめの参考書を紹介していきます。

時間を使って勉強するなら満点を取るために良い参考書を使いたいですよね。

なので今回は、漢字で満点を取るために特におすすめと言えるものを厳選しました。

どの大学の入試にも対応できるようにしたいなら『入試漢字マスター1800+』

大学受験の現代文の漢字対策に使えるおすすめの参考書『入試漢字マスター1800+』 『入試漢字マスター1800+』のAmazonリンク

 

どの大学の入試にも対応できるようにしたい人におすすめの参考書は河合塾から出版されている『入試漢字マスター1800+』です。

何度も改定されていてこの四訂版では、共通テストにも対応しています。最新の入試データを分析し、入試に必要な約1800個の漢字問題が収録されています。

この参考書の大きな特徴は、各漢字の横にその漢字の意味が書いてあることです。多くの漢字の参考書は、ただ単に漢字が書いてあり、それの読み書きをさせるだけの構造になっていますが、『入試漢字マスター1800+』はしっかりと意味まで明記されています。

そのため、漢字の練習に加えて、現代文の語彙力強化につながります。

漢字の読み書きだけができても、結局意味がわからなければ読解で使えません。漢字の意味を理解する語彙力強化は、現代文の読み取りに大きく関わってきます。

この参考書をやれば、漢字の勉強とともに、語彙力が強化され、現代文の成績が上がることにもつながります。

なので、この参考書は現在現代文の偏差値が40台の受験生にもおすすめです。

時間がない人におすすめなのが『銀の漢字』

大学受験の現代文の漢字対策に使えるおすすめの参考書『銀の漢字』 『銀の漢字』のAmazonリンク

 

入試まであまり時間がなく、短期間で漢字を仕上げたいという受験生におすすめなのが『銀の漢字』です。

収録漢字数は1200個と『入試漢字マスター1800+』よりは少なめですが、入試に必要な漢字を厳選しているので、基礎力をつけるには十分なレベルです。

対義語・類義語・同音異義語・四字熟語なども収録されているので、入試対策はしっかりできると言えます。

まとめ

ここまで、漢字の勉強が必要かどうか、対策方法やおすすめの参考書について解説してきました。

おさらいのために、漢字の勉強が必要な人と必要ではない人をまとめました。

漢字の勉強が必要な人

  • 共通テストで8〜9割以上を目指したい人
  • 漢字が多く出題される大学を受験する人
  • 模試や過去問で漢字のミスが目立つ人
  • 現代文の他の分野であまり点数を取れない人

漢字の勉強が必要ではない人

  • どの試験でも常に漢字で満点が取れる人
  • 漢字があまり出題されない大学を受験する人
  • 現代文の他の分野で安定して点数が取れる人

漢字は知っていれば必ず点数につながるので、覚えて損はないと言えます。

しかし、他の科目の勉強との兼ね合いや入試までの残り時間などで、しっかりと勉強するかどうかは自分自身で判断する必要があります。

勉強すると決めた人は、今回紹介した対策方法や参考書を使って、漢字では満点を取れるようにしてください。

 

また、こちらの記事で現代文の勉強法をまとめています。現代文の勉強法がわからない、最近現代文の点数が伸び悩んでいるという方はぜひ合わせてご覧ください。

現代文の勉強法

2018.03.24

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載