【成績アップ】大学受験の現代文対策には音読が効果的!

【成績アップ】大学受験の現代文対策には音読が効果的! 勉強法



「音読って本当に意味あるの?」

「やったことあるけどあんまり効果を感じられなかった」

「音読をしたらどんな力が身につくの?」

このように音読に対して不信感を抱いている人も少なくないと思います。

たしかに、文章をただ声に出して読むだけで成績が上がるの?と疑問を持ちたくなってしまいますよね。

しかし、そのただ声に出して読むだけで本当に成績が上がっていくんです。

音読は、短期的に見たら効果が薄いと思われがちですが、気付かぬうちに力がつき、入試本番で圧倒的な差を生んでくれる勉強法です。

音読をすることによって得られる効果も数多くあります。

今回は、大学受験の現代文対策に効果的な「音読」に焦点を当ててしっかり解説していきます。

音読を試したいと思っている人や、逆に音読に不信感を抱いている人もぜひ最後まで読んでほしいと思います。

音読がもたらしてくれる効果とは?

音読がもたらしてくれる効果

音読は、文章を自分の目で見て、声に出して、それを自分の耳で聞くという目・口・耳の3つの器官を使って行う勉強法です。

目で見た文章を自分が内容を理解しやすいように声を出して読むことによって、その文章の内容が頭に入ってきやすくなります。

さらに、声に出して読んでいると、わからないところで引っかかるので、わからないけど飛ばしてしまうということがなくなります。

黙読では、無意識のうちに流し読みや飛ばし読みをしてしまうこともよくありますよね。音読ではそれを防いでくれます。

わからない漢字や読めない漢字があったら調べて、その漢字の意味や読み方を知ることにもつながります。

ここでは、このような音読がもたらしてくれる効果を解説していきます。まずは音読の効果を理解するようにしてください!

 

具体的に音読がもたらしてくれる効果は以下のようなものがあります。

  • 読解力が向上する
  • 文章を速く読めるようになる
  • 自分の弱点を知れる
  • 記憶に定着しやすくなる
  • 記述問題の解答力が向上する

どういうことかひとつずつ詳しく解説していきます。

読解力が向上する

現代文の音読の効果『読解力が向上する』

現代文の能力を構成する要素として、大きな割合を占めるのが「読解力」です。

その現代文に必要な読解力を向上させるために音読をするのが最適なのです。

それは、音読をすると、言葉の意味や読み方、文章の構造を自然と考えるようになるからです。

同じ文章を何度も繰り返して読んでいくと、その文章の理解度がどんどん高まっていきます。

そして、何度も繰り返し読む文章が増えていくと、試験などで出題される初見の文章でも深く理解できるようになっていきます。

その状態で文章を読んでいけば、自然と読者にどのようなことを伝えたい文章なのかがわかっていきます。

音読をすることで、文章を理解する能力、つまり「読解力」を向上させることができるのです。

文章を速く読めるようになる

現代文の音読の効果『文章を速く読めるようになる』

速読力が高まり、初見の文章でも素早く読めるようになります。

入試では試験時間も限られ、文章をいかに速く読めるかも点数に大きく関わってきます。

なので、文章を速く読める能力を身に付けておくことは非常に大切なのです。

音読をすればその能力が一気に高まります。

自分の弱点を知れる

現代文の音読の効果『弱点を知れる』

音読をしていると、繰り返し間違う部分や何度も読んでも意味がわからない部分、つっかかりやすい部分が明らかになります。

つまり、このスムーズにいかない部分が自分の弱点と知ることができます。

この弱点の箇所をチェックして、語句の意味をしっかり調べ、なぜ間違えるのかを分析しましょう。この弱点を解消していけば苦手克服につながり、学力アップが見込めます。

これを繰り返し行っていけば意味がわからないという感覚がなくなります。

記憶に定着しやすくなる

現代文の音読の効果『記憶に定着しやすくなる』

最初にも述べたように音読は、文章を自分の目で見て、声に出して、それを自分の耳で聞くという目・口・耳すべての器官を使って行う勉強法です。

なので、「読む」「話す」「聞く」という3要素を同時にこなしていることになります。

様々な要素を掛け合わせて行動すれば、人間の脳はどんどん活性化していきます。そうすることによって、脳の記憶容量が増えやすくなっていきます。

音読を続ければ、その音読によってインプットされた情報が記憶に定着しやすくなります。

なので、現代文で重要な「語彙力」を勉強する際にも、音読をすればその定着率は向上します。

現代文の語彙力の勉強のしていき方はこちらの記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

大学受験の現代文攻略には語彙力が必要!身につける方法・参考書を紹介!

2020.07.30

記述問題の解答力が向上する

現代文の音読の効果『記述問題に強くなる』

現代文の試験では記述式の問題も出題されますよね。

記述式の問題は、理解したものを出題者に言葉で示さないといけないといけないので、本当の国語力が試されます。本文で読んだものを踏まえて自分の言葉にして解答するのです。

ここで必要になってくる力が論理的思考力です。

音読をすれば、文意を論理的に汲み取れて、それを解答として反映できるようになります。

つまり、試験の設問で出題者が求めていることがわかり、それを説明するために必要なことを本文から抜粋して、採点者が理解しやすいように表現を変える。それをすべてまとめたものを解答欄に記入する。

このすべての流れが音読で身につくようになります。

音読が効果を発揮するタイミング

音読が効果を発揮するタイミングは模試や入試で初見の文章を読む時

音読の勉強が効果を発揮するタイミングは、ズバリ「模試や入試で初見の文章を読む時」です。

初見の文章を読む時には、これまでその人が現代文の文章をどのように読んできたのかが問われます。現代文に対する本物の実力が試されるということです。

これまで説明してきたように、音読をすることで文章を深く理解する力が養われたり、文章を論理的に判断する力が身についたりと、現代文の入試で出題される初見の文章に対して必要になってくる力がつきます。

そしてそこで染み付いた能力が入試本番で試されるわけです。

大学受験の現代文の効果的な音読の仕方

大学受験の現代文の効果的な音読の仕方

音読をする理由や音読の効果がわかったところで、一番大切な結界に結びつく効果的な音読の仕方を紹介していきます。

ぜひ音読をする際には、ここで紹介することを意識して行うようにしてください。

毎日10分以上の音読を継続する

最初は、自分がしっかりと理解できている簡単な文章を用いて1日10分間の音読を繰り返していきましょう。

その際には普段使っている現代文の参考書や問題集、学校の教科書などの3ページ前後の文章を読むのがおすすめです。

それを習慣化にするために、まずは1ヶ月でいいので継続してみてください。

自分の耳から聞こえるように大きくはっきり声を出す

大きくはっきり声を出して自分の耳にしっかり聞こえるように音読するようにしましょう。

たまに聞こえるか聞こえないくらいの大きさで読んでいる人がいますが、それは黙読とあまり変わりません。

音読は、自分の声がそのまま自分の耳にも届くことで効果を発揮します。

なのでしっかり声が聞こえるように音読するようにしてください。

内容を理解しながら読む

回数が増えてくると読むことが目的となってしまい、内容理解を疎かにする人が出てきます。しかしこれはやめてください。

回数をこなすのではなく、内容を深く理解するために音読を行っているはずです。

なので、音読をする際には、1回1回筆者の主張を頭に入れながら、キーワードやキーセンテンスも確認していきましょう。

そして内容がわからない箇所が出てきたら、少し止まって考えて理解するように努めてください。わからない場合は辞書を引いて意味を確認して読み進めましょう。

これによって内容理解がどんどん深まっていきます。

そして余裕がある方は、音読した後にその文章を要約してみるのもおすすめです。さらに理解度が深まり、記述力も向上します。

だんだんと音読のスピードを上げる

音読を始めたばかりの頃はゆっくりと音読し、慣れてくるにしたがって徐々に音読のスピードを上げていくのが効果的です。

それによって速読力もどんどん高まっていきます。

速く正確に読めることを目指して継続していきましょう。

わからない言葉が出てきたら

音読をしていて知らない言葉や意味のわからない言葉が出てきたら辞書を引くようにしましょう。

辞書を引いてその言葉の意味を調べ、しっかりと覚えるようにしてください。

ノートやルーズリーフにわからなくて調べた言葉をまとめておくと、後からも見直せるようになるのでおすすめです。

音読以外の現代文の勉強法は?

大学受験の現代文の勉強に音読を取り入れる効果や効果的な音読のやり方などはわかったと思いますが、音読以外の現代文の勉強法がわからないという方もいると思います。

なので、音読以外の現代文の基礎を固めるための勉強法や評論文・小説の勉強法などをこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてご自身の現代文の勉強に活かしていってください。

【偏差値アップ】大学受験の現代文攻略のための勉強法を徹底解説!

2020.08.06

まとめ

 

音読は毎日繰り返してナンボで、短期的には効果が現れにくい勉強法です。なので音読を勉強に取り入れても、すぐにやめてしまう人もたくさんいます。

しかし、音読を繰り返し行っていれば、効果は突然現れます。

知らず知らずのうちに文章が速く読めるようになっていたり、文章を深く理解し論理的に解答できるようになっていたりします。

すぐに結果が出ないからといって諦めるのではなく、入試本番で結果を出すために、ぜひ音読を現代文の勉強に取り入れるようにしてみてください。

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載