大学受験の現代文攻略には語彙力が必要!身につける方法・参考書を紹介!

【語彙力の必要性】大学受験の現代文は語彙力がないと落ちる!? 勉強法



  • 現代文の勉強に語彙力の勉強は入れたほうがいいの?
  • 語彙力の勉強はどうやってしていけばいいの?
  • 語彙力を強化する方法を知りたい!
  • 語彙力が身に付くおすすめの参考書が知りたい!

今回の記事ではこのような悩みや疑問を解消していきます。

 

語彙力の必要性がわかっていない人もいるかと思います。

現代文の成績を伸ばしていくためには語彙力の強化が必要不可欠です。

現代文の成績がなかなか上がらずに伸び悩んでいた受験生が、語彙の勉強をしただけで急激に成績を上げた例もあります。また、読解に加えて語彙力の強化をしたところ、偏差値が10も上がった受験生もいました。

この結果が示すように、語彙力の強化こそが現代文の成績を伸ばすと言っても過言ではありません。

ということで、大学受験の現代文の語彙力を身につける方法や語彙力を強化するためのおすすめの参考書などを今回の記事で紹介していきます。

この記事を読んで、語彙力の必要性を理解して、語彙力の力をつけて現代文の成績を上げるきっかけになってくれたら嬉しいです。ぜひ参考にしてください。

大学受験の現代文には語彙力が必要不可欠!

大学受験の現代文には語彙力が必要不可欠

大学受験の現代文の成績を伸ばしていくためには、語彙力の強化が必要です。

ではなぜ語彙力をつける必要があるのか?その理由を説明していきます。

そもそも語彙力とは?

語彙力とは、言葉をどれだけ知っているか、そしてその上でどれだけ使えるのかという能力です。

なぜ語彙力の強化が必要なのか?

「オフサイド」という言葉を知っていますか?

この「オフサイド」という用語はサッカーのルールです。おそらくサッカーのルールを知らない人には意味がわからないと思います。

このオフサイドという専門用語は、知っていないと意味がわからない用語ですよね。いわゆる専門用語です。

現代文にもこのような知らないと意味がわからない専門用語のような言葉がたくさん出てきます。

文章を読んでいてわからない言葉が出てきた場合は、前後の文脈から意味をなんとなく推測することはできますが、あまりにも語彙力が欠如していると、わからない言葉が多すぎて文章そのものをまったく理解できない状況になってしまいます。

たとえ読解力をつけて文章の流れや構造をある程度把握できるようになっても、その文章で使用されている言葉や単語・キーワードなどの語彙がわかっていないと問題を解くことはできませんよね。

文章自体が難しければ、論理的な読解ができるだけでは内容を理解できない場合もあります。

意味を知らない言葉が多ければ多いほど、文章の意味を掴むことが難しくなり、曖昧にしか理解できません。

同じ意味の言葉を違う言葉で言い換えて表現される場合などもありますので、「これと同じ意味の文を抜き出せ」という問題にも対応できなくなります。

なので、現代文の問題を解いていく上で語彙力が必要になるのです。

語彙力が上がると現代文の成績が上がる

語彙力を上げることによって文章を深く理解でき、読解力が向上します。

また文章を書く際にも、より文脈に適した言葉や表現を使って書くことができるので記述問題の解答力も向上します。

このように、語彙力と読解力・表現力・解答力などの他の現代文に必要な力は密接に結びついています。

なので、語彙力を上げると現代文の全体的な能力も向上して、必然的に現代文の成績が上がっていくのです。

現代文の語彙力を身につける方法

ここでは、現代文の語彙力を身につける具体的な方法を紹介していきます。

読書

現代文の語彙力を身につける方法『読書』

語彙力は読書量にも比例してくるので、読書をする時間がある方は積極的に取り入れていくべきです。

本に書いてある内容をきちんと理解して読み進めるためには、当然わからない言葉の意味を調べないといけません。

知らない言葉の意味を調べた結果として、自分の知識が増えて語彙力の向上につながります。

本格的な受験勉強が始まれば、読書をする時間がなかなか取れないと思うので、高1〜2の頃から読書の習慣をつけていくことをおすすめします。

辞書を引いて調べるクセをつける

現代文の語彙力を身につける方法『辞書を引いて調べるクセをつける』

先ほどの読書の例にも付随しますが、現代文の問題を解いている際や新聞などの読み物を読んでいる際に、わからない・知らない言葉が出てきたら、すぐに辞書を引いて調べるクセをつけましょう。

わからない言葉は、ひとつひとつ意味を調べながら覚えていくしかありません。逆に考えれば、辞書を引く度にわからない言葉がなくなっていくとも言えますよね。

なので、辞書を引いて調べるクセをつけて、自分が知らない言葉をどんどんなくしていきましょう。

また、辞書には調べた言葉の同意語や反意語、例文なども合わせて掲載されているので、調べた際にはそれらのことも同時に確認しておくと語彙力を高めることができます。

参考書を使って勉強する

現代文の語彙力を身につける方法『参考書を使って勉強する』

正直1番手取り早くておすすめなのが、語彙力を身につける専用の参考書を使って勉強することです。

英単語や古文単語と同じように学んでいく形です。

語彙力を身につけるための参考書には、普段あまり使うことのない現代文の難しい語彙、評論文で必要になってくる専門用語・知識などの、馴染みのない語彙やキーワードが数多く収録されているので効率的に勉強していくことができます。

語彙力が身につけるためのおすすめの参考書は以下で詳しく紹介していきます。

現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書をご紹介!

ここからは、具体的にどんな参考書を使って語彙力の勉強をしていけばいいかという悩みを解消するために、大学受験プロがおすすめする語彙力強化に最適なおすすめの参考書を4冊紹介していきます。

これから参考書を使って語彙の勉強をしていこうと思っている方は、ぜひ自分に合った1冊を選んでみてください。

現代文キーワード読解

現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『現代文キーワード読解』 現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『現代文キーワード読解』のAmazonリンク

文章を読みながら語彙を学んでいくことができる参考書です。

そのため、語彙力だけではなく現代文の力を全体的に上げていくことができます。

実際にそのキーワードがどのような使われ方をしているのかということも学ぶことができます。

現代文の試験によく出題される頻出単語が数多く収録されているため、頻出のテーマに対する実力は確実についていきます。

文章を読みながら、同時に語彙力をつけていきたいという受験生にとっては最適な参考書です。

ことばはちからダ!現代文キーワード

現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『ことばはちからダ!現代文キーワード』 現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『ことばはちからダ!現代文キーワード』のAmazonリンク

この参考書は、1つのキーワードに対する解説や例文が豊富に盛り込まれていることが特徴です。

難易度の高いキーワードであっても、解説や例文を読み込めばしっかりと理解できるようになります。

例文があるので、実際にその言葉を用いた時の使い方も知ることができます。

ただし、掲載されているキーワード数がそこまで多くないことは難点と言えるかもしれません。

1つのキーワードの意味をしっかり理解したいという受験生にとっては、使い勝手の良い参考書と言えます。

頻出現代文重要語700

現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『頻出現代文重要語700』 現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『頻出現代文重要語700』のAmazonリンク

これまで紹介してきた参考書の中でも、掲載されている語数が圧倒的に多い参考書です。

構成がシンプルでわかりやすく学びやすいというのも特徴です。

語彙力をとにかく上げていきたいという受験生にとってはもってこいの1冊です。

生きる現代文キーワード

現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『生きる現代文キーワード』 現代文の語彙力をつけるためのおすすめ参考書『生きる現代文キーワード』のAmazonリンク

文章を読解しながら語彙を覚えていけるため、記憶に定着しやすい参考書です。

やさしい解説やわかりやすい構成になっているので、現代文に苦手意識を持っている初心者でも安心して使っていくことができます。

難易度的にもわりと易しめに作られています。かといって低すぎるわけでもありません。

そもそもの大学受験の現代文の勉強法は?

大学受験の現代文においての語彙力の必要性、強化するための取り組み方、おすすめの参考書などはわかったと思いますが、そもそもの現代文の勉強法がわからないという方もいると思います。

この語彙力の強化は、現代文の成績を伸ばしていくために必要な要素のひとつです。それに加えて、他にも伸ばしていかないといけない力は数多くあります。

そこで必要になってくる、現代文の基礎を固めるための勉強法、評論文・小説の勉強法、文章を速く読むための勉強法をパートごとに分けて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてご自身の現代文の勉強に活かしていってください。

【偏差値アップ】大学受験の現代文攻略のための勉強法を徹底解説!

2020.08.06

まとめ

何度もお伝えしているように現代文の成績を伸ばしていくためには、語彙力の強化は必要不可欠です。

なかなか勉強がしづらい分野ですが、今回お伝えしたことを踏まえて、これからの語彙力の勉強に活かしていってもらえればと思います。

また、語彙力と同じように現代文の分野のひとつになる『漢字』についてはこちらの記事で解説しています。漢字の対策の仕方やおすすめの参考書も紹介しているので、ぜひご覧ください。

【大学受験】現代文の漢字対策!果たして漢字の勉強は必要?

2020.06.26

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載