【偏差値アップ】大学受験の現代文攻略のための勉強法を徹底解説!

誰でも成績を伸ばせる!大学受験における現代文の正しい勉強法とは 勉強法



「現代文の勉強のやり方がわからない・・・」「現代文の解き方がわからずいつもなんとなくで解いてしまっている・・・」と悩んでいる受験生も多いのではないでしょうか。

実際に現代文の勉強法がわからないという人は多く、センスがないから勉強しても伸びないと考えてしまっている人もいます。しかし、現代文という科目は正しく勉強すれば誰でも成績を伸ばせる科目なのです。

現代文には意識すべきことがいくつか決まっているので、それをしっかり抑えて、あとは練習を積み重ねていけば誰でもできるようになります。

では、どう勉強すれば良いでしょうか?今回の記事では、大学受験に必要な現代文の勉強法について解説していきます。

現代文という科目の特徴

現代文の勉強法を考える際には、現代文という科目の特徴を知る必要があります。

まずはここで現代人の特徴を知ってください。

評論文と小説の2種類がある

現代文には大きく分けて評論文と小説の2種類があります。

それぞれで文体や内容が変わるため、同じ読み方をしても点数を取れません。

そのため、評論文と小説両方で勉強法を考える必要があります。

初見の文章に対応できないと点数が取れない

現代文は、漢字や語句の意味などの知識問題を除き、出てきた文章の内容を理解できないと点数を取れません。

そのため、日本史のような暗記科目と違って点数が安定しにくい科目という印象が持たれがちなのです。

試験では、読んだことがある文章が出てくる確率はほぼないため、どんな文章にも対応出来る汎用性の高い読み方を身につける勉強法でなければなりません。

解答そのものよりも解答までの考え方を重視する

現代文の勉強法で、漠然と文章を読んで問題を解いたり、答え合わせの際に解説を読まずに解答だけを書き写して勉強した気分になると成績が全く上がりません。

例えば、数学で解法を考えずに解き始めたり、丸付けの際に答えだけ確認して解説を読まずにいると、問題を解くために必要な考え方が一切身に着かず成績を伸ばせません。

それと同じで、文章を漠然と読んだり解説を全く読まないと、 解答のポイントや根拠を理解出来ず、偶然でしか正解出来なくなります。

よって、文章を精読し丸付けの際は解説を読んで理解するように心がけましょう。

現代文の基礎を固めるための勉強法

ここでは、現代文の基礎を固めていくための正しい勉強法を解説していきます。

なんとなく解くことをやめる

まず最初に意識してほしいことは、現代文の問題を「なんとなく解くことをやめる」ことです。

現代文は、何から勉強するべきなのかがわかりにくく、受験への対策が曖昧になってしまいがちな科目ですよね。そのため、「現代文はセンスで解くものだ」と考えている受験生も多いです。

しかし、センスという言葉で片付けて、なんとなく解く、なんとなく勉強することをしていたら、力が身につくことは絶対にあり得ません。断言できます。

現代文は、問題が難しくなっていくにつれて、しっかり本質を捉えてなければどんどん解けなくなる科目です。なので、しっかりと基礎を固めて本質を理解することが必要になってきます。

そのためのファーストステップとして、まずはなんとなく解くことをやめることからスタートしましょう。

そして、現代文の偏差値を上げていくために、決してセンスや感覚に頼らない確実な解き方を、以下で紹介する勉強法で身に付けていきましょう。

漢字を勉強する

現代文の勉強法として漢字を勉強する

漢字は現代文の問題の中でも頻出の分野です。どんな大学の入試でも、必ず読解問題の中に漢字の知識が問われる問題があります。

「漢字なんて配点が低いから特別対策しなくてもいいでしょ」と甘い考えを持っている受験生もいるかもしれませんが、たった1問だけでも漢字の問題を間違えるだけで、大幅に順位が下がるのは事実です。

漢字の出来で合格か不合格かが決まると言っても過言ではないくらい漢字は重要です。覚えるだけで得点に直結する分野だからこそ、しっかり対策をしましょう。

具体的な勉強方法は、漢字の問題集を1冊購入して、その1冊の問題集を何度も繰り返し解くことです。学校で配られた問題集でも構いません。反復練習をして完璧にしてください。

現代文の漢字の対策の仕方やそこで使用するべきおすすめの参考書などをこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

【大学受験】現代文の漢字の勉強は本当に必要なの?

【大学受験】現代文の漢字対策!果たして漢字の勉強は必要?

語彙力をつける

現代文の勉強法として語彙力をつける

語彙力があればあるほど、本文の内容を読み取りやすくなります。現代文に出題される評論文には様々な種類の文章が出題されます。

一見文章を読み取ることは簡単と思うかもしれませんが、読み慣れていない文章を理解することは非常に難しいです。

語彙力をつけておくことは、現代文の様々な種類の文章に幅広く対応することができます。多くの語彙を身につけておくことで、初めて見る文章に対しての読みやすさと理解度が大きく変わってきます。

まずは、Z会出版編集部から出版されている『現代文キーワード読解』などの参考書を使って語彙力を増やしていきましょう。

また、これから問題を解いていったり、模試の際に読んだ文章にわからない言葉があったりした時は、参考書をチェックし、その言葉の意味をしっかり理解する癖をつけるようにしてください。

具体的な語彙力をつける方法や語彙力を鍛えるためのおすすめの参考書などをこちらの記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

【語彙力の必要性】大学受験の現代文は語彙力がないと落ちる!?

大学受験の現代文攻略には語彙力が必要!身につける方法・参考書を紹介!

読解力をつける

現代文の基礎を固めるための勉強法は読解力をつけること

現代文では読解力は欠かせず、問題が解けなくて困っている人の大半は読解力不足が原因です。よって、現代文の読み方、特に評論文の論理展開を学ぶことで、文章をより論理的に理解できるようにしていくことが大切になっていきます。

そのために、論理的に文章を読み解いていくトレーニングをしていきましょう。そこで必要となってくることは、実際に問題を解いていくことです。

読解力を鍛えるための勉強法を順に紹介していきます。

文章を要約する練習をする

現代文では、勉強法で有効なのが文章の要約であり、これは要旨を簡潔にまとめることです。

当然ながら、文章の内容を理解出来なければ要約は出来ません。

文章を要約する練習をすると、文章を理解しながら読んで内容を無駄なくまとめる練習を行えるのです。

書いたら、客観的に読んだ時に元の文の内容を理解出来るかという基準でチェックし、内容が足りていないと感じたら添削しましょう。

大体100字を目処に練習しましょう。

文章を客観的に読む

現代文は、本文から内容を読み取り、解答の根拠を見つける科目です。

決して自分の考えを表明する科目ではありません。

よって、文章を読む時は自分の考えを織り交ぜずフラットな目線で読む必要があります。

その練習として、普段から文章に書かれている内容だけを自分の言葉で理解し、答案をどう作るか考えてみましょう。

同じ文章を何回も読む

現代文の勉強法で効果的なのが同じ文章を何回も読むことです。

内容を知っているから意味がないと考える人もいるでしょうが、内容を知っていることとそれを文章から読み取れるかは全く別です。

よって、すでに解いた文章を使って読み直した方が読み方の練習を集中して行えるため、次々と別の文を読むより成績を伸ばしやすいのです。

解き終わった文章があるなら、それをもう一度解き直し、自分で答えを出せる読み方が出来るか確かめましょう。

・文章を要約する練習をする

・文章を客観的に読む

・同じ文章を何回も読む

解答を見つけ出す力をつける

現代文の基礎を固めるための勉強法は解答を見つけ出す力をつけること

文章が読めても、解答の見つけ方がわかっていないと得点につなげることができません。現代文の問題を解く上では、間違った選択肢を選ばずに、正しい選択肢を選ぶ力が必要になってきます。

そのためには、正答の「根拠」を自分自身で発見しなければならないのです。この力も読解力同様に、実際に問題を解いていかなければ身についていきません。

練習を重ねれば重ねるだけ、根拠を発見する力は向上していきます。なので、問題を沢山解いて、正解の選択肢から本文の根拠部分を発見する練習をしていきましょう。

実際に解答を見つけ出すためには、何を意識すれば良いのかを解説していきます。

傍線部を過不足なく読む

あなたは、問題を解く時に、傍線部をおざなりに読んでいませんか?

もし他の科目の問題を解く時、問題の条件をちゃんと読まずに解いたら正しい答えが出ませんよね?

それと同じで、傍線部には問題の条件が詰まっています。

例えば、傍線部に接続詞があるなら、それが何を指しているのかを把握しないと答えはでないでしょう。

そのため、問題を解く時は、傍線部と問題文を照らし合わせて、条件を正確に確認してから解くようにしましょう。

 選択肢は消去法で考える

記号問題を解く時に正解を直接選ぼうとしても、他の選択肢に惑わされて上手くいかないことが多いです。

そのため、記号問題を解く時は確実に間違っている選択肢から消していくように解いていきましょう。

例えば、本文と逆のことについて述べている選択肢や、問題と関係ない内容について述べている選択肢はすぐに消せます。

ある程度選択肢を絞ってからより正しい方を選ぶようにすると良いでしょう。

答え合わせの際に解説を読む前に自分で解答の根拠を見つける

初めのうちなら、答えを見た後に解説を読んで解答の根拠を理解するということは重要です。

しかし、ある程度の読解力がついた後だと、解答の根拠を自分で考えるということに重きをおいた方がより実践的だと言えるでしょう。

そのため、丸付けした後に正解した問題だけ先に解説を読み、間違った問題は解説を読む前に自分でその答えの根拠となる部分を探してから解説を読むようにしましょう。

そうすることで、自分で解答の根拠がわかっていない問題に対して集中的に練習が出来るようになる上、同じ問題を使って2回解いていることになるため効率も上がるのです。

・傍線部を過不足なく読む

・選択肢は消去法で考える

・答え合わせの際に解説を読む前に自分で解答の根拠を見つける

 

また、現代文の基礎的な勉強法のひとつである「音読勉強法」についてこちらの記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

【成績アップ】大学受験の現代文対策には音読が効果的!

【成績アップ】大学受験の現代文対策には音読が効果的!

現代文の評論文の勉強法

現代文の評論文の勉強法

このパートでは、現代文の評論文の対策として特に気をつけたいことをまとめました。

接続詞に気をつける

現代文において、評論文では文の繋がりを考えて読んで初めて、文章の大きな流れが見えてきます。

接続詞は、文章の繋がりを示すもので、これを理解しないと文章の要旨を理解出来ません。

逆に、接続詞に注目して読むと文章の理解の手助けになります。

例えば、「しかし」や「ところが」のような逆説の後では、筆者が本当に主張したいことが書いてあります。

これは、前の文を否定することで筆者の主張がより正しいことを表せるからです。

接続詞が出たらしるしをつけながら読んで強調するような勉強法をしてみましょう。

指示語に気をつける

現代文の評論文では、前の内容を「それ」や「これ」などの指示語で表します。

指示語の内容がわからないと、文章の繋がりが理解出来ません。

つまり、勉強法の中でも指示語の内容を理解して読むことはかなり重要なのです。

そのため、文中で指示語が出てきた時はそれが何を指すか矢印で示しましょう。

・接続詞に気をつける

・指示語に気をつける

 

さらに具体的な評論文の勉強法は以下の記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

【現代文】評論文の得点を上げるための効果的な勉強法とは?

【現代文】評論文の得点を上げるための効果的な勉強法とは?

現代文の小説の勉強法

現代文の小説の勉強法

次にこのパートでは、現代文の小説の勉強法で特に気をつけたいことをまとめました。

心情表現に気をつける

現代文の小説では、登場人物の心情を読み解けるかが点数に直結します。

登場人物が何を考えて行動しているかを読み取れないと答えを導けません。

そのための勉強法として、登場人物の心情を読み取るために心情表現にしるしを入れて読みましょう。

解答の根拠を探す時にしるしを入れた部分に注目すると、解答の根拠を探しやすくなります。

また、しるしを入れると心情表現により注目して読める効果もあります。

表現技法に気をつける

現代文の小説で心情表現と共に大切なのは表現技法であり、それは表現技法を通して心情表現やその場面の説明を表しているからです。

例えば小説中で、意味もなく比喩を使うことはありません。

比喩を使うなら、それを通じて表現したいことが必ず有ります。

よって出てきた表現でどんな内容が読み取れるかを考えるという勉強法をしましょう。

場面転換に気をつける

現代文の小説では、回想や時間の経過などで突然場面が変わることがあります。

その時に、場面転換する前と同じ読み方だと完全に読み間違えてしまいます。

時系列に沿って登場人物の心情の流れや行動を理解すれば読み間違えずに済むのです。

よって、小説で場面転換が出たら、前後で何が変わったかを意識して読む勉強法をしましょう。

・心情表現に気をつける

・表現技法に気をつける

・場面転換に気をつける

現代文で文章を速く読むための勉強法

現代文の勉強法として文章を早く読む方法

現代文で文章を読むのが遅い人に向けて、文章を速く読むポイントを紹介します。

頭の中で単語を発音せずに読む

現代文を読む時、頭の中で単語を発音しながら読んでいませんか?

文章を理解する段階なら意味がありますが、読むスピードを上げる段階では逆効果です。

そのため、頭の中で言葉を発音しないように練習しましょう。

単語を文のまとまりとして読む

現代文を読む時、単語を一語一語区切るように読むとかなり時間がかかります。

文章の中で読点、句点で区切られている部分を一つのまとまりとし、一気に読むことを心がけましょう。

文のまとまりで内容を理解すれば文章を処理するスピードが格段に上がります。

文章を読み直しながら読まないようにする

現代文を読む時、同じ文を何回も読み直しているとその分効率が落ちます。

一度読んだだけでは文章が理解出来ないと考える人もいますが、何度も読んで理解出来るなら、最後と同じ読み方をすると一度目でも理解出来ます。

よって、文章を読み直さず最後まで読む練習をしましょう。

簡単な文章で練習する

現代文の問題で上記の読み方を練習しても上手くいかないなら簡単な文章で練習しましょう。

普通に読んでギリギリ理解出来る文章で違う読み方を訓練しても上手くいきません。

よって、まずは簡単な文章で読み方の訓練を積んで、徐々に文章のレベルを上げる勉強法が良いでしょう。

そうすれば、気付いたらどんな文章でも速い読み方が出来ています。

・頭の中で単語を発音せずに読む

・単語を文のまとまりとして読む

・文章を読み直しながら読まないようにする

・簡単な文章で練習する

現代文の勉強法として本を読むことは効果的なのか?

現代文の勉強法として本を読むことは効果的なのか?

普段文章を読む習慣がなく、なかなか文章に触れることが少ない方は、手始めの導入として本を読むことから始めることは良いと思います。

しかし、入試本番までの時間が限れられている受験生が、直接的に現代文の成績を向上させたいと考えているのであれば、参考書や問題集を使って演習をしたほうが効率は良いです。

受験に対しては、様々な問題に触れる中で、現代文の問題を解くためのテクニックを磨くことが大切になってきます。

なので、次のパートで紹介する参考書や問題集を活用して確実に設問に答えられるテクニックを身に付けてください。

現代文の勉強におすすめ参考書・問題集

現代文の勉強法はわかったけど、何を使って勉強していけばいいかわからない方もいると思います。

そんな方のために、現代文の勉強におすすめの参考書と問題集を紹介します。ぜひ参考にして、自分に合った参考書を見つけてください。

【2020年版】現代文のおすすめの参考書・問題集19選

現代文のおすすめの参考書・問題集19選【2020年版】

現代文の勉強法まとめ

現状、どんなに現代文が苦手と感じていても、適切な順序で勉強すれば確実に成績を伸ばしていくことは十分できます。なので、この記事で紹介した勉強法を実践して成績を伸ばしてください。

また、こちらの記事で科目別の勉強法について紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載