【受験生必見】勝手にスッと目覚められる早起きのコツ11選

【受験生必見】勝手にスッと目覚められる早起きのコツ11選 コラム



  • 朝早く起きて勉強したほうがいいのはわかっているけど、体が言うことを聞いてくれずに起きれない…
  • いつも自分に負けて二度寝してしまう…
  • 朝勉強しようと思って早起きしたはいいけど、眠くて全然集中できない…

こんな悩みを抱えている受験生は多いでしょう。

筆者自身も、受験生時代は朝がめっぽう弱くて、普通の学校の時間でさえも起きるのに苦労していました。

しかし、そんな朝が弱かった筆者も、今回紹介する「早起きのコツ」を知ってからはいつも決まった時間にすんなり起きられるようになって、朝の貴重な時間を受験勉強に充てられるようになりました。

受験生にとっては、1分1秒も無駄にできないと思って、朝に早起きして受験勉強をしようと思っている方もいると思います。

そうは言っても、朝は眠いもの。どんな受験生にとっても、「朝の睡魔は最大の敵」と言っても過言ではないでしょう。

そんな苦痛な眠い朝をスッと起きられるようになり、朝の時間を有意義に使ってライバルに差をつけられるようになる、大学受験プロ流の早起きのテクニックやコツ、おすすめの方法を今回紹介します!

「早起きしたいけどいつも起きられない」「早起きをして朝勉したい」と思っている受験生必見の内容になっています。ぜひこの記事を参考にして、明日からの朝を有意義に過ごせるようにしてください!

受験生にやってほしい早起きのコツ11選

まずは一番知りたいであろう、なかなか早起きができなくて困っている受験生に向けて、おすすめの早起きのコツを11個紹介していきます。

『受験生が心がけること』『睡眠の質を高めるコツ』『翌朝の二度寝を防ぐコツ』『スッキリ起きるコツ』『どうしても起きられない人専用の裏ワザ』という5つのパートに分けて、それぞれ詳しく説明していきます。

どれも早起きして受験勉強に取り組むために効果があることばかりなので、ぜひ参考してさっそく今日から試してみてください。

受験生が心がけること

徐々に就寝時間を早めていく

受験生にやってほしい早起きのコツ『徐々に就寝時間を早めていく』

まずは早く寝ることを心がけましょう。そしてそのために徐々に寝る時間を早めていくことが必要です。

「当たり前じゃん!笑」と思っている人もいるかもしれません。しかし、当たり前かもしれませんがこれが最も大切なことなんです。

受験生は勉強することに必死になってしまい、どうしても夜早く寝ることが疎かになりがちです。

たしかに、勉強時間を確保するために夜遅くまで勉強したいと思う気持ちもわかります。たまにはそういう日があってもいいと思います。

ただ、朝早く起きて勉強するという観点で考えれば、夜遅くまで勉強して寝る時間が遅くなることは良いことではありません。

勉強を終える時間をしっかり決めて、毎日決まった時間に寝るようにしましょう。

急に今までの就寝時間よりも2時間も早く寝ることは難しいと思うので、まずはいつもよりも15分、30分早く寝るようにして、徐々に就寝時間を早めていきましょう。

それが結果的に、これまでよりも1時間、2時間早くなられるようになったら最高です。

睡眠の質を高めるコツ

就寝2時間前までに食事を済ませる

受験生にやってほしい早起きのコツ『就寝2時間前までに食事を済ませる』

寝る2時間前までに夜ごはんを済ませて、そこからはなるべく何も食べないようにしましょう。

寝る時には、食事が消化されている状態が望ましいです。

例えば、22時に寝るとしたら20時までには夕食を済ませるようにしてみてください。

最後に食事をした時間から寝るまでの時間が長いほど、睡眠が深くなり、朝起きやすくなります。

就寝1時間前までにお風呂に入る

受験生にやってほしい早起きのコツ『就寝1時間前までにお風呂に入る』

入浴は寝る1時間前までに済ませるようにしましょう。

寝る直前にお風呂に入ると、体温が上がり、睡眠を促すホルモンの働きが悪くなってしまいます。

そのため、なかなか寝付けない、睡眠の質が下がるといった影響が出る可能性があります。

寝る時間の3時間前までに勉強を切り上げ、すぐに食事をして、お風呂に入るというルーティーンを作ってしまうことがおすすめです。

半身浴をする

受験生にやってほしい早起きのコツ『半身浴をする』

あまりにも疲労を溜めた状態で寝ると、朝にもまだ疲労が抜けずに起きられなくなってしまいます。

そのために、半身浴をしてうまく疲労を抜くようにしましょう。

半身浴は、受験勉強によって凝った肩や体全体をほぐすリラックス効果があり、疲労を回復してくれる働きをします。20〜30分行うのがベストです。

しかし、半身浴する時間がもったいないと感じる受験生もいるかと思います。そのような人は、半身浴する時間を使って、英単語を覚えたり、社会の暗記事項を確認したりするのがおすすめです。

半身浴を毎日の習慣にして、その時間を暗記科目の勉強に充てると決めてしまうのも良いでしょう。

寝る前1時間はスマホを見ない

受験生にやってほしい早起きのコツ『寝る前1時間はスマホを見ない』

寝ると決めた時間の1時間前を切ったら、スマホを見ないようにしましょう。

どうしても寝る直前までスマホを見てしまう人もいますが、これは睡眠の質が劇的に下がるので本当にやめてください。

スマホが発するブルーライトによって、人間の脳が昼間だと錯覚してしまい、睡眠障害を引き起こしやすくなります。

なので、必ず寝る時間の1時間前を切ったら、スマホを見ないようにしてください。

翌朝の二度寝を防ぐコツ

朝起きてからのシミュレーションをする

受験生にやってほしい早起きのコツ『朝起きてからのシミュレーションをする』

寝る前に朝起きてから何をするのかシミュレーションをすることもコツの1つです。

次の日の朝に、自分が起きてから何をするのかを明確にしてから寝るようにしてください。

例えば、アラームが鳴った瞬間に目を覚まして、水を飲んでから外に出て日光を浴びて散歩をする。そして散歩から帰ってきてから机に向かって勉強を開始する。

このように、具体的に朝起きてからのイメージをシミュレーションしてから寝るようにしたら、起床してからも勝手にそのシミュレーション通りに頭が動いてくれます。

それにより、スムーズに行動できて目を覚ます助けをしてくれます。

カーテンを開けて寝る

受験生にやってほしい早起きのコツ『カーテンを開けて寝る』

カーテンを開けて寝ることによって、朝に日光が入るようにしておきます。

日光は、睡眠ホルモンであるメラトニンを抑制し、目を覚ましてくれる働きがあります。

少しでも目が覚めた時の睡魔を撃退するために、日光を入るようにしておきましょう。

目覚まし時計を立って止めないといけない場所に置いておく

受験生にやってほしい早起きのコツ『目覚まし時計を立って止めないといけない場所に置いておく』

あらかじめ、目覚まし時計を立って止めないといけない場所に置いておくこともおすすめの方法です。

立って止めに行かないといけないので、嫌でも布団から出ないといけなくなります。それによって起きられますよね。

また、それでも止めて布団に戻ってしまうという人は、自分の部屋にある目覚まし時計とは別に、リビングに携帯でアラームをセットしておいて、止めないと他の家族に迷惑をかけてしまうという状況を作ってしまいましょう。

目覚ましの時間の5分後に携帯のアラームをセットしておき、必ず体を起こして止めに行かないといけないプレッシャーを自分で作るようにしてみてください。

エアコンのタイマーを設定しておく

受験生にやってほしい早起きのコツ『エアコンのタイマーを設定しておく』

これは、気温が下がり、寒くなってくる秋〜冬にかけて効果を発揮する方法です。

エアコンのタイマー機能を使って、起床時間の1時間〜30分前に暖房が付くように設定しておきます。

そうすれば、起床前に部屋全体がほどよく暖まり、寒くて布団から出られないという恐れを防ぐことができます。

寒くなるとどうしても布団から出られなくなるという人は、ぜひ試してみてください。

スッキリ起きるコツ

起きたら水を飲んで散歩する

受験生にやってほしい早起きのコツ『起きたら水を飲んで散歩する』

朝起床したら、コップ1杯の水を飲んで、外に出て10分ほどでいいので散歩をする習慣をつけてみてください。

朝起きた瞬間はまだ腸が働いていないので、このタイミングで水を飲むことで腸の働きが活性化します。そして腸が働きが活性化することで、体全体に目覚めの合図を送ってくれます。

また、その直後に外に出て日光を浴びることで、体内時計をリセットさせて目を覚ましてくれる効果があります。

日光を浴びながら散歩をすれば体全体が温まっていき、さらに目が覚めていきます。

何より早朝の外の空気は気持ちが良いです。「今日も1日頑張ろう!」という前向きな気持ちにもなります。

朝起きた直後に散歩をすることは、肉的的にも精神的にもポジティブな影響を及ぼしてくれるので、ぜひやってみるようにしてください。

どうしても起きられない人専用の裏ワザ

朝起きた時の楽しみを作っておく

受験生にやってほしい早起きのコツ『朝起きた時の楽しみを作っておく』

それでもなお起きられない人におすすめする最終手段は、朝起きた時の楽しみを作って、そのイメージをして寝るようすることです。

すでに紹介した「朝起きてからのシミュレーション」に少し似ていますね。

遠足の日や好きな子とのデートの日など、楽しみなことがある日にはなぜかパッと目が覚めるという経験をした人も多いのではないでしょうか?

これと同じような状況を意図的に作ってみるようにしましょう。

朝起きた瞬間に楽しみなことを持ってくるようにして、そのために起きるように自ら仕向けてみてください。

例えば、朝起きて15分間だけ好きなゲームをするなどです。ゲームができるなら起きられる人も多いと思います。

その代わり、決めた時間を守るようにしてください。朝にゲームできるからと言って、稀にそのまま止まらずに勉強そっちのけでゲームを続けてしまう人もいます。笑

それだけはやめてください。あくまで朝に受験勉強をするために、朝一にゲームを持ってきているという自覚を持つようにしてください。

受験生は何時に寝て何時に起きればいいの?

受験生は何時に寝て何時に起きればいいのか

「この時間に寝てこの時間に起きろ!」という明確な就寝時間と起床時間はありませんが、このくらいの時間は寝るべきという受験生の理想の睡眠時間は存在します。

朝に早起きして集中して受験勉強に取り組むためには、十分な睡眠時間が必要になってきます。

十分な睡眠時間が確保できず、無理やり朝起きて集中できずに効果のない時間を過ごしても、それは逆効果です。

しっかり睡眠時間を取った上で、朝の勉強に取り組むことが大切です。

そんな受験生の理想の睡眠時間はこちらの記事で詳しく解説しています。睡眠時間は大学受験を成功させるために非常に重要になってくる要素なので、こちらの記事を読んで、受験生に必要な睡眠時間をしっかり理解してください。

大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

早起きして日中に眠くなってしまった際の解決策

早起きして日中に眠くなってしまった際の解決策

朝早く起きて勉強したはいいものの、日中に眠くなってしまい、日中の勉強が集中できないと悩んでいる受験生もいることでしょう。

たしかに、朝早く起きてから活動をし続けると、昼頃に眠くなってしまうことはよくありますよね。

なので、そんな時は潔く昼寝・仮眠をしてしまいましょう。むしろ正しい方法で仮眠をすることは、午後からの受験勉強を集中するために必要なことでもあります。

その中で重要になってくる受験勉強中の正しい仮眠の方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。受験勉強に集中するために必要な知識になってくるので、ぜひ合わせてご覧ください。

勉強の合間に仮眠するといいって本当? 勉強中の昼寝の仕方を大公開!

勉強の合間に仮眠するといいって本当?勉強中の昼寝の仕方を大公開!

まとめ

もう一度受験生におすすめの11個の早起きのコツをおさらいします。

受験生が心がけること

  • 徐々に就寝時間を早めていく

睡眠の質を高めるコツ

  • 就寝2時間前までに食事を済ませる
  • 就寝1時間前までにお風呂に入る
  • 半身浴をする
  • 寝る前1時間はスマホを見ない

翌朝の二度寝を防ぐコツ

  • 朝起きてからのシミュレーションをする
  • カーテンを開けて寝る
  • 目覚まし時計を立って止めないといけない場所に置いておく
  • エアコンのタイマーを設定しておく

スッキリ起きるコツ

  • 起きたら水を飲んで散歩する

どうしても起きられない人専用の裏ワザ

  • 朝起きた時の楽しみを作っておく

今回紹介した11個のコツはどれも効果のあることばかりです。

ぜひこの中のひとつでもいいので、今日から実践してみるようにしてください。

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載