【古文】絶対に覚えないといけない感動詞を例文を用いてご紹介!

【古文】絶対に覚えないといけない感動詞を例文を用いてご紹介! 勉強法



「古文の感動詞ってなに?」

「どういう時に使われるの?」

「古文の入試問題で頻出の感動詞を知りたい!」

今回はこのような疑問を解決するために、古文の感動詞について紹介していきます。

古文の感動詞の立ち位置、試験で頻出の代表的な感動詞などをお伝えします。ぜひ参考にして、古文の勉強に活かしてください。

古文の感動詞とは?

古文の感動詞とは?

古文の感動詞は、自立語で活用せずに、他の文節と独立して、感動や呼びかけ、応答などを表す品詞です。

古文の代表的な感動詞を例文を用いてご紹介!

古文の代表的な感動詞を例文を用いてご紹介!

古文の感動詞は、大きく分けて3種類あります。

  1. 感動:喜び・悲しみ・驚き・疑いなどを表す
  2. 呼びかけ:勧誘:呼びかけ・誘いかけを表す
  3. 応答:受け答え・返事を表す

ひとつずつ例文を用いながら紹介していきます。

感動

ああ:ああ

例文「ああ、あまりに、平氏の多う候ふに、」
訳「ああ、あまりに平氏が多くございますので、」

あっぱれ:①ああ ②ああ、すばらしい

例文①「あっぱれ、その人の滅びたらばその国は空きなむ。」
訳①「ああ、その人が死んだらその国はきっと欠員が出るはずだ。」

例文②「あっぱれ大将軍なり。」
訳②「ああ、すばらしい総大将である。」

あな:ああ・あれ・まあ

例文「あなめでたや。この獅子の立ちやう、いと珍し。」
訳「まあ、すばらしいことよ。この獅子の立ち方は、大変珍しい。」

あはれ:ああ・あれ

例文「あはれ。いと寒しや。」
訳「ああ。ひどく寒いことだ。」

あはや:①ああ ②ああっ

例文①「あはや宣旨下りぬ。」
訳①「ああ、宣旨が下った。」

例文②「あはや法皇の流されさせましますぞや。」
訳②「ああっ、法皇が流されなりなさるのだなあ。」

いで:おやまあ・いやもう

例文「いで、あな幼や。言ふかひなうものし給ふかな。」
訳「いやもう、まあ子どもっぽいことよ。たわいなくいらっしゃることよ。」

いでや:さてさて・いやもう

例文「いでや、この世に生まれては。」
訳「さてさて、現世に生まれたからには。」

えい:①えい・よいしょ ②ええい・まあ

例文①「『えい』と言ひて乗り移り、」
訳①「『えい』と言って乗り移り、」

例文②「えい聞きともない。」
訳②「ええい、聞きたくもない。」

さても:なんとまあ・それにしてもまあ

例文「さても、いとうつくしかりつる児かな。」
訳「それしてもまあ大変かわいい子どもだったことか。」

さはれ:えい、ままよ・どうとでもなれ

例文「げに遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて。」
訳「なるほど遅くまでなってはまことに取り柄がないので、えい、ままよと思って。」

すは:①それ・そら ②あっ・やっ

例文①「すは、稲荷より賜るしるしの杉よ。」
訳①「そら、稲荷様から下さる霊験のしるしの杉だよ。」

例文②「すは、きゃつを手のべにして。」
訳②「あっ、あいつの処置が遅れて、機会を失い。」

すはや:ああっ

例文「すはや、宮こそ南都へ落ちさせ給ふなれ。」
訳「ああっ、宮は南都へ逃げのびなさるそうだ。」

まこと(や):そうそう

例文「まことまこと、ありつる鉢を忘れて、取り出でずなりつる。」
訳「そうそう、先ほどの鉢を忘れて、取り出さないままにしてしまった。」

やや:おやまあ・ああ

例文「やや、方弘がきたなきものぞ。」
訳「おやまあ、方弘の汚いものだ。」

呼びかけ・勧誘

いかに:おい・もしもし

例文「いかに佐々木殿、高名せうどて、不覚し給ふな。」
訳「おい佐々木殿、手柄を立てようとして、油断して失敗なさるな。」

いざ:さあ

例文「いざ給へ、出雲拝みに。」
訳「さあ、いらっしゃい、出雲神社の参拝に。」

いで:さあ

例文「いで、君も書い給へ。」
訳「さあ、あなたも書きなさい。」

これ:もしもし・おい・これこれ

例文「いや、これ、これ、それに末広がりはござらぬか。」
訳「やあ、もしもし、もしもし、そこに末広がりはございませんか。」

やや:これこれ・おいおい・もしもし

例文「『やや』と驚かし給へど。」
訳「『これこれ』とお起こしなさったが。」

応答

ああ:はい・はあ

例文「耳もおぼおぼしかりければ、『ああ』とかたぶきて。」
訳「耳もよく聞こえなかったので、『はあ』と言って頭を預けて。」

いさ:さあねえ・ええと

例文「『何とかこれをば言ふ』と問へば、とみにも言はず、『いさ』など、これかれ見合わせて。」
訳「『なんとこれを言うのか』と聞くと、すぐには答えず、『さあねえ』などと言って、あれこれ顔を見合わせて。」

えい:はい

例文「えいと答へたりければ。」
訳「はいと答えたので。」

しかしか:その通り・いかにも・そうそう

例文「しかしか、いと興あることなり。」
訳「いかにも、たいそうおもしろ味のあることだ。」

なんでふ:何を言うのか・とんでもない

例文「なんでふ、さやうのあそび者は人の召しにしたがうてこそ参れ。」
訳「とんでもない、そのような遊女は、人のお呼びに従って参上するものだ。」

を:はい

例文「『いづら、この近江の君、こなたへ』と召せば、『』と、いとけざやかに聞こえて。」
訳「『どこにいますか、この近江の君、こちらに』とお呼びよせになると、『はい』と、とてもはっきりと申し上げて。」

まとめ

今回は古文の感動詞を紹介してきました。

感動詞は独立して使われる言葉なので、他の品詞に比べると見分けやすいと思います。

ただし、覚えないといけない語句がそれなりに多くあるので、何度も復習してマスターするようにしてください。

 

また、古文の勉強法についてはこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

大学受験の古文の勉強法

2018.03.25

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載