大学受験を独学で攻略するための勉強法

大学受験を独学で攻略するための勉強法 勉強法



「塾に行く必要性あるのかな?」「大学受験を独学で取り組む人ってどのくらいいるんだろう?」という疑問を抱えている人や、はたまた「大学受験をするのに独学でも大丈夫なのかな・・・?」「独学でやるって決めたけど正直不安だな・・・」と独学での勉強に悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな疑問や悩みを解決するために、塾や予備校へ通わず独学で受験勉強を進めたいと思っている人に向けて、独学で大学受験をクリアするための勉強法や、独学のメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

大学受験の勉強を独学でやっていくことは可能なのか?

まずはじめに、一番大きな疑問である「そもそも、大学受験を独学でやっていくことは可能なのか?」という問いについて考えていきます。

大学受験の勉強を独学でやっていくことは「可能」

大学受験の勉強を独学でやっていくことは「可能」

この問いに対しての答えは、単刀直入に「可能」と言えます。

実際、塾や予備校に通うことなく、独学で志望校に合格している受験生は毎年たくさんいます。

本屋などで出版されている参考書や問題集は優秀なものが多く、塾や予備校に行かずとも、そのような教材だけで問題が解決できることが多々あります。最近では、本当に充実した内容の教材が多く揃っています。

その充実した市販の参考書を使って正しい勉強法で取り組んでいけば、間違いなく独学で大学受験を乗り切ることができます。

大学受験を独学で取り組む受験生の割合は?

ベネッセ教育総合研究所の学習塾・予備校の利用調査によると、全国の高校生の過半数が塾や予備校に通っていないことが分かっています。このことからも分かるように、塾や予備校に通わなくても受験勉強を進めていくことは可能なのです。

ただ、独学にはメリット・デメリットや注意点がいくつかあります。独学での受験勉強を考えている受験生はこの記事をしっかり読んで、独学のメリット、デメリット、注意点や勉強法を理解してほしいと思います。

独学と塾・予備校の差は?

やはり一番大きな差は、費用の面です。塾や予備校に通おうと思うと、莫大な費用が必要になります。平均して年間で60万〜80万円くらいかかり、100万円近く必要となる予備校も存在します。

一方、独学の場合は、参考書や問題集などの教材を一通り揃えるだけなので、比較的お金をかけずに勉強することができます。

ただし、それなりの金額を払うので塾や予備校に行くメリットも確実に存在します。

塾や予備校に通うメリットは、

  • 授業があり、先生に勉強を教えてもらえる
  • わからない問題を先生に質問できる
  • 教材を用意してくれる
  • 勉強計画やカリキュラムを提示してくれる
  • 励ましてくれる先生や高めあえる友達といった人たちと出会える
  • 塾や予備校の自習室が使える
  • 塾や予備校に行けば勉強せざるを得ない状況にできる

といったことが挙げられます。

自分に合った塾や予備校を選んで、その中で良い先生や友達に出会えれば、受験勉強を捗らせることができます。

大学受験の独学での勉強はきついのか?

大学受験の独学での勉強はきついのか?

独学での勉強は、お金もあまりかからず、自分のペースで勉強できます。しかし、正直きついと感じることも多いと思います。

それは、いくら勉強していたとしても、自分のやっていることが本当に合っているのか、正しい方向に向かっているのかがわからないからです。

やっていることが正しいよと言ってくれる人や認めてくれる人がいません。自分の取り組みを褒めてくれる人もいません。

このような状況は正直誰でもきついと思ってしまいますよね。

ただしそれが独学の道なのです。独学は、すべてが「自己責任」になります。

受験が成功して志望大学に合格したらそれはすべて自分のおかげですし、逆に失敗に終わったらそれもまたすべて自分のせいになってしまいます。

これが独学の事実です。ただ、良い面もたくさんあるので、全然独学が悪いわけではありません。

その点は、独学のメリット・デメリットのパートで詳しく紹介します。

独学での勉強時間はどのくらい必要なのか?

大学受験を独学で挑戦するための大きな壁は、勉強時間の確保ですよね。しっかり勉強時間を確保して、受験勉強に取り組まなければ、思うような結果は出せません。

どのくらいの勉強時間が絶対に必要ということは一概には言えませんが、大学受験を成功させて志望大学に合格したいという本気の思いがあるのであれば、それなりの勉強時間は必要になってきます。

どのくらい勉強しないといけないかわからず、疑問に思っている方はこちらの記事をご覧ください。受験生の1日の平均勉強時間を解説しています。

合格する受験生の平日・休日の勉強時間

合格する受験生の平日・休日の平均勉強時間を徹底解説!

独学で大学受験をした人の失敗談

独学で大学受験を成功させた人もいれば、逆に思うように勉強ができずに失敗に終わってしまった人も多くいます。

そこにはどんな差があるのかが知りたい人は、下記の記事で大学受験の失敗談や大学受験を失敗する人の特徴を紹介しています。他人の失敗から学びを得て、それを自分の成功につなげるようにしてください。

大学受験の失敗談まとめ

【受験生必読】大学受験の失敗談を10個紹介!失敗から学ぼう!

大学受験で失敗する人の特徴とは?20個をご紹介!

大学受験で失敗する人の特徴とは?20個をご紹介!

独学で勉強するメリット・デメリット

ここでは大学受験を独学で勉強していくメリットとデメリットについて解説していきます。

独学のメリット

まずは独学の3つのメリットについて確認していきましょう。

自分のペースで勉強を進められる

独学の最大のメリットは自分のペースで勉強を進められることです。塾や予備校に通うとカリキュラムに沿った勉強の進め方を求められることがあります。

対して独学は、自分の理解度に合わせた問題集や参考書を使用し、自分に最適な勉強の計画を立てることが可能です。

また、苦手分野や苦手科目の勉強に時間を取ることができ、受験勉強において必須である自分の弱点を補うための勉強が容易にできます。

経済的負担が小さい

独学で勉強するのは経済的負担が少ない

 

塾や予備校に通うと当然、通塾代がかかります。さらに通常の授業料に加え、テキスト代、春期講習・夏期講習・冬季講習などの講習費や交通費などもかかります。

金銭面を気にせず受験に最適な環境を整えられることが理想ですが、家庭の経済的事情で厳しい人も多いでしょう。その点独学では経済的負担が極端に小さく済むというメリットがあります。

通塾の時間がかからない

塾や予備校に通わず独学で勉強していくなら、おそらく自宅か学校で勉強をする人が多いかと思います。その場合は、通塾した場合にかかる移動時間を勉強時間にあてることができます。

一回の通塾にかかる時間はそこまで多くないとしても、長い期間で見た時に移動時間を全て勉強時間にあてると考えるとかなりの差ができます。通塾にかかる時間を勉強時間に回すことで、トータルの勉強時間を大幅に増やすことができます。

独学のデメリット

独学にはデメリットも存在します。こちらも3つあるので確認していきましょう。

勉強計画を全て自分で立てる必要がある

独学では自分の学力を客観的に把握して、自分に合った勉強計画を全て自力で立てる必要があります。

どのような参考書や問題集が自分に合っているのか、どのようなペースで勉強を進めていけば良いのかなどの、勉強計画を立てるために必要な情報も自分で収集する必要があるのです。

モチベーションを保ちにくい

塾や予備校に通えば、あなたの隣には一生懸命勉強をしている受験生がいます。その姿に触発されてやる気が上がることもあると思います。

独学ではそのような環境に身を置くことが、通塾している場合に比べると少し難しいかもしれません。モチベーションに左右されやすいという自覚がある人は注意が必要です。

自己管理が必要

独学の勉強法では自己管理が必要

 

通塾すれば塾の授業や講習が入っている時間には半強制的に勉強に取り掛かる必要があるのに対して、独学では自分で勉強時間の管理をしなければいけません。

独学では勉強時間も休憩時間も自分で決めることができますが、そのことがアダとなって怠けることがないように自己管理を行う必要があります。

独学での勉強法

以上のメリット・デメリットを踏まえた上で、独学での勉強法を紹介します。

ネットで情報収集する

ネットがこれだけ普及している現在、ネットを有効活用することで有利に受験勉強を進められます。

志望校のレベルにあった問題集、各大学の出題傾向や頻出分野、効率的な勉強法、大学受験の体験談など。塾や予備校に通わないことで少なくなる情報量をネットの情報で補うことができます。

また、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などの質問サイトを積極的に活用すれば、通塾することなくわからない問題や苦手分野の対策ができます。

このように受験の情報をネット上からかき集めることで、独学での受験勉強を有利に進められるのです。

もちろんこの大学受験プロのサイトでも受験情報は集められるので、よかったらブックマークに入れておくなどしてすぐにたどり着くようにしておくといいでしょう。

模試で自分のレベルを把握し、勉強計画を立てる

独学では自分の学力を客観的に把握して勉強計画を自力で立てる必要があります。模試は自分の学力が偏差値として結果に現れるため、自分の学力を図ることができる最も大きな判断材料になります。

模試で自分の苦手分野・科目を把握して、そこを優先して勉強計画を立てていくと良いです。

模試の勉強法や勉強計画の立て方の記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

模試でA判定を取るための勉強法を詳しく解説!

模試でA判定を取るための勉強法を詳しく解説!

合格できる大学受験の勉強計画の立て方とは

大学受験の勉強計画の立て方

モチベーションを保つ

独学ではモチベーションを保つことが難しいです。

モチベーションを保つ方法としては、音楽を聴く、やる気の出る名言を見る、仮眠を取るなど、様々な方法があるので自分にあった方法をなるべく早く見つけましょう。

以下の記事でそれぞれの方法について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

受験勉強における音楽の効果について

受験勉強の音楽の活用法と勉強用BGMまとめ

受験における名言集まとめ

知ってて損はない!合格まで導いてくれる受験の名言集まとめ

勉強の合間に仮眠するといいって本当? 勉強中の昼寝の仕方を大公開!

勉強の合間に仮眠するといいって本当?勉強中の昼寝の仕方を大公開!

自己管理を行う

また、独学の場合には、徹底した自己管理も必要になってきます。

自己管理の方法としては、1日の初めにその日勉強する内容を決めて、それらに優先順位をつけて勉強を進めて行くと良いです。「◯時〜◯時までにこの勉強を終わらせる」と言ったように、時間に区切りをつけることで自己管理がしやすくなります。

独学用の勉強方法を手に入れる

独学で勉強していくための勉強方法をサイト独自で作っています。授業でペースを作ってくれるわけでも、教えてくれる先生がいるわけでもない状態では正しい勉強の方法をしているかどうかがそのまま大学の合否を分けてしまうと言っても過言ではないでしょう。

まだ勉強方法が確立していない方は、下記の大学受験プロのおすすめの効率的な勉強法を取り入れてみてください。

大学受験を制覇するための効率の良い勉強法!

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

独学で勉強する時に使うべきおすすめの参考書

独学で勉強する時に使うべきおすすめの参考書

独学での必要なことや勉強法はお伝えしてきました。ただ、どのような教材・参考書を使って勉強していけばいいかわからないという方も多いと思います。

なので、具体的な独学時に使うべきおすすめの参考書とその参考書の選び方・使い方をご紹介します。以下の記事で一覧にしてまとめてあるので、ぜひ確認してください。

大学受験におすすめの参考書・問題集

【全科目一覧】大学受験におすすめの参考書・問題集

成績が大きく変わる!効率的な参考書の選び方、使い方とは

大学受験の効率的な参考書・問題集の選び方、使い方とは

独学で勉強する時におすすめの勉強場所

独学で勉強する時におすすめの勉強場所

勉強に集中するために、勉強をする場所選びは重要になってきますよね。仮にモチベーションが下がってしまったとしても、勉強せざるを得ない環境に身を置くことは大切です。

具体的には、カフェ、高校、自習室、図書館など、勉強以外の選択肢が少ない環境で勉強するのがおすすめです。

この記事で勉強するのにおすすめの場所を紹介しているので参考にしてみてください。それぞれの場所のメリット・デメリットも紹介しているので、ぜひ自分に合った勉強場所を見つけてください。

勉強に集中するためのおすすめ場所まとめ

【定番から穴場まで】勉強に集中できるおすすめの場所9選!

まとめ

以上が独学で大学受験を攻略する際のポイントになります。独学での受験勉強を考えている人はこれらのことを抑えることで、効率的に勉強を進めて行くことができると思います。

勉強方法をもっと知りたいという方は、こちらの記事に勉強の進め方や科目別の勉強法をまとめているので参考にしてください。

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載