模試前日の正しい過ごし方とは?【少しでも点数を上げる方法】

模試前日の正しい過ごし方とは?【少しでも点数を上げる方法】 勉強法



模試の前日の過ごし方は重要です。

前日の過ごし方によって、当日の体調や本来の実力が発揮できるかどうかが変わってきます。

どうせなら模試当日にしっかりと自分の実力を発揮させて、少しでも点数を上げたいですよね。

前日に何もしなかったり、夜更かししてしまっては、当日に自分の実力が発揮できずに自分の正しい実力が測れなくなってしまいます。

今回は、そんな模試前日にどんな勉強をすれば良いのかなどの正しい過ごし方について解説していきます。

 

また、模試の勉強法については以下の記事で徹底解説しています。

模試前日の過ごし方だけではなく、模試に向けた勉強法を知りたいという方は、ぜひ以下の記事も合わせてご覧ください。

模試でA判定を取るための勉強法を詳しく解説!

模試でA判定を取るための勉強法を詳しく解説!

模試の前日に何もしないのがいけない理由

模試の前日に何もしないのがいけない理由

模試の前日ってなかなか落ち着かないですよね。ましてや受験生だと「成績上がってなかったらどうしよう…」と余計に不安になると思います。

それで何もせずに「今日くらいいいや!」と何もしない受験生は案外多いですが、それはダメです。

なぜなら、もっと長い目で見た時に非常にもったいないからです。なんと言っても、模試1日前は、”受験〇〇日前”でもあります。

確かに前日勉強したって模試には効果がないかもしれません。しかしそれが受験に活きるなら御の字じゃありませんか?

模試前日であれ、貴重な受験勉強の時間の1日を無駄にしてしまっては、それを取り戻すのに他の日の勉強時間を何時間も増やさなければいけません。

また、前日で集中できないのは分かりますが、模試の時にそういうことを言っていると、受験本番の前日ならさらに何もできませんよね。

ましてや本番の試験の前ともなるとさらに緊張感も増すので、「前日どころか数日前から集中できない…」なんてことにもなってしまいます。

なので、模試の前日は受験本番の前日だという意識で、できることを最大限やるようにしましょう。

もしかしたら、その日にやった内容が模試で出題されるかもしれません。

少しでも点数を上げるために模試の前日にやるべきこと

少しでも模試の点数を上げるために、模試前日にやるべきことを紹介します。

復習に徹する

模試の前日は復習をしよう

模試の前日に新しい知識を入れてしまうと、やめておきましょう。

それは、前日から新しい知識を入れても入れるだけで終わってしまい、演習不足のために模試では使い物にならないからです。

模試前日だからと言って、何か特別な勉強をする必要はありません。

模試で一番怖いのが「あ、これやったことあるけど、解き方忘れた…」ということです。そうして迷っていると、時間をどんどん取られていってしまいます。

なので、模試の前日は復習に徹してください!

具体的に、どんな復習をすればよいかと言うと、

  • 模試の試験範囲になっている暗記の知識を見直す
  • 模試の試験範囲になっている公式を見直して、その使い方をもう1度確認しておく
  • よく間違えるような単語を見直す
  • 前回の模試で間違えた問題をもう1度見直す

などです。

まだ他にもあると思いますが、このようなことをやるだけで点数が上がる可能性は十分にあります。

先ほども言った通り、「やったことあるけど思い出せなかった」などとなってしまうと後に1番後悔することになるので、そのような事にならないためにも、前日はしっかりと復習に徹しましょう。

模試の傾向をつかんでおく

模試の前日には、マーク模試や大学別模試などは傾向をつかんでおこう

佐々木先生
マーク模試や大学別模試の場合は、どの範囲が出題されるのか、記述解答が多いのか、論述は出題されるのかなどその傾向をつかんでおくようにしましょう。

これがつかめておらずに、

みゆ
「え、こんな問題出るんだ・・・」
と試験中に思っていてはどんどん時間を消費してしまいます。

また、傾向をつかんでおくことで、試験の時間配分の練習をすることもできます。大問1に〇分かけて、大問2は〇分で解く」というイメージです。

これをあらかじめ決めておいて、模試本番でその通りに解いていく練習をすることが大切です。

これは志望校の入試本番にもかなり役に立つことなのでおすすめです。

こちらの記事で主要な各模試の特徴などを紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

模試の活用法や復習法、おすすめの模試を一挙公開

模試の活用法や復習法、おすすめの模試を一挙公開

模試当日の準備をしておく

模試当日に向けた前日の準備は非常に大切です。

当日の朝になって、「あれがない、これがない」となったり、会場に着いてから忘れ物に気づいたりしても、もうどうしようもありません。

それが大学受験本番だったら大変なことです。

前日のうちに、受験票・時計・筆記用具・試験会場の温度に対応できる服装・直前の勉強教材などの必要なものを準備しておきましょう。

また、「たかが模試じゃん」と考える人も少なくないですが、練習からしっかり準備しておく人と、練習だからいいやと練習を疎かにしてしまう人では、本番の心持ちや落ち着きなどが格段に変わってくるのは容易に想像できるかと思います。

大学受験本番時の予行練習と考えて、模試であってもしっかり前日に準備をしておくようにしましょう。

大学受験に必要となる持ち物リストを以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

大学受験で必要な持ち物リスト

【持ち物リスト】大学受験に必要なもの一覧

早く寝ることを心がける

模試の前日は早く寝よう

これは当たり前ですが、模試の前日は早く寝るようにしましょう。

前日に夜更かしをしていたら、模試中に集中力が持続せずに、自分の本来の実力を出せなくなってしまいます。

脳は睡眠を取ることによってその日の内にインプットした情報を整理して、疲労を解消していきます。もし夜更かしをしてしまうと、その間脳はずっと活動した状態になっているので、疲労が蓄積されて解消されなくなってしまいます。

そんな状態で模試なんか受けたら、疲労からくるだるさで憂鬱な気持ちになりますし、模試中もなかなか集中することができないのは想像できるかと思います。

また、夜更かしをしているとミスも増えてしまいます。

ハーバード大学の研究によると、人間は一晩寝ないで過ごすと、血中アルコール濃度が0.19%まで上昇すると言われています。

この数字がどのくらいなのか想像できないかと思いますが、飲酒運転に引っ掛かる濃度が0.05%です。つまり、それの約4倍ですね。

なので、そんな状態で模試を受けても酔っぱらった状態で問題を解いているようなものなので、普段では絶対にしないようなミスをしてしまったりと正常な判断ができなくなってしまいます。

もし少し寝たとしても、先ほどの数字から万全の状態で臨めないというのは分かるかと思います。

なので、模試前日の夜更かしはやめて、なるべく早く寝るようにしましょう。

ただ、例えば、いつも24時に寝ていて前日に21時に寝ようとしても中々眠れません。

いつも寝ている時間の1時間~1時間半前くらいの時間に寝るのがおすすめです。

まとめ

模試の前日は、とにかく復習を徹底して、夜は早く寝ることが大事です。

前日からしっかりと準備して当日に自分の実力を発揮できるようにしましょう!

 

また、各科目の効果的な勉強法を知りたいという方もいると思います。

科目によって必要になってくる要素は変わってきて、それぞれの科目に合った適切な勉強のやり方で取り組んでいかなければいけません。

こちらの記事で、効率的に成績を上げていく方法と科目ごとの効果的な勉強法を紹介しています。

各科目に応じた適切な勉強をして、成績を伸ばしていきたいという方は、ぜひこちらの記事を読んで参考にしてください。

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【2020年版】各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載