日本史に最適なノートの作り方・まとめ方|暗記に効果的な色分けも紹介

日本史に最適なノートの作り方・まとめ方|暗記に効果的な色分けも紹介 社会の勉強法



「日本史まとめてみたけど全然綺麗に出来ない、、、」「暗記が出来なくて点数が悪い」と思ったことがありませんか。

日本史の成績を上げるためには日本史はノートの作り方がとても重要になってきます。

正直、日本史は暗記さえうまくいけば簡単に点を取ることが出来る教科です。当たり前だと思うかも知れませんが効率的な暗記方法をとってない方がとても多いです。

日本史はとても情報量の多い教科なのでノートがぐちゃぐちゃになる可能性も他の教科に比べて非常に高いです。ですので日本史のノートの作成術をマスターして点数をぐんぐん上げていきましょう。

日本史の成績をあげるにはまとめノートは必須!?

真っ白なノート

ノートを使って短期間で成績をあげる勉強法をご存じですか?日本史の特徴としては情報が多く散在しており情報の整理がしづらいことです

なぜなら、日本史は教科書や資料集など使用する教材が多いのです。

ですがそういった散在している情報を単元ごとに一冊のノートにまとめることが出来たら勉強の効率を大幅にあげることが出来、このまとめ方さえ知っておけば一冊のノートに日本史を詰め込むことが可能になります。

日本史まとめノートの作り方

ここでは具体的な日本史まとめノートの作り方を紹介していきます。細かいところまでこだわっているノートのとの作り方なのでじっくり読んで自分の日本史まとめノートを作ってみてください。

日本史を2つに分けてノートを作る

日本特有の戦国時代のかぶと

日本史は主に政治史と文化史に分類されています。それぞれ背景知識や内容も大きく違っているので分類を分けてノートを作ると良いでしょう。

日本史は時代ごとに情報を整理してまとめている姿をよく目にしますがますが、あまりにも内容が濃くなり見づらくなってしまうので、政治史と文化史に分けてまとめた方が見やすく勉強する際も見返しやすいノートとなります。

つまり「政治史ノート」「文化史ノート」に分けて作成するようにしましょう。それぞれのノートに分けて作った方が歴史の流れや時代背景なども踏まえて理解しやすくなります

ノートは極力見開きでまとめる

ノートの大原則として、見開きで一つの時期や単元をまとめるようにしましょう。日本史の特徴として莫大な量の情報がありますのでその情報をすべて書くとなると一つの教科書を作っているようなものになるのでテストで頻繁に出てくるものや先生が大事だと言った内容の部分だけを見開き1ページでまとめると良いでしょう。

ただ長くなる部分もあるのでそういった場合は数ページ使ってまとめても大丈夫です。ページに工夫をして自分好みのノートを作成してみましょう。

色ペンごとに役職を与える

沢山の色ペンとノート

色ペンの使い方は皆さん合っていますか?ただ重要なところに色ペンでマーカーを引いてもそれほど意味はありません。

色ペンにも意味を持たせてルールを作りましょう。例えばですが日本の政治の流れを変えた出来事は「赤色」、日本史の政治に大きく影響は与えることのできなかった出来事は「青色」などに分けておくと一目見ただけでどんな出来事だったのか把握が出来たりします。

また人物の名前や出来事ではなく政策や法令なども色分けしておけば深い理解につながることでしょう。

繫ぎの文字は出来るだけ書かない

日本史のノート作る際にやりがちな間違えが「用語と用語を繋ぐ文字をびっしり書く」です。単語だけ書くと気持ち悪いのはわかりますが繫ぎの文字が増えてしまって何が大事なのか、何と何がどんな関係なのかわかりづらくなる時があります。

でも繫ぎ言葉をなくしても大丈夫なのだろうか?と思っていませんか?結論から言うと置き換えるから大丈夫です。

どういうことかというと繫ぎ言葉を「➡(やじるし)」などの記号で置き換えるのです。矢印が繫ぎ言葉の働きをやってくれるので簡潔に理解できるようになり、さらにノート自体が見やすくなります。なので繫ぎ言葉を頻繁に使ってしまう方は記号で置き換えてみましょう

万能余白は必ず取っておこう

テストや授業を聞いているとノートに付け加えたい情報が数多く出てくると思います。この情報は覚えるべき優先順位は高いのでノートに記載すべきです。しかしノートがびっしり埋まっている場合新しく情報を追加することが困難になってきます。

ですのでノートを作る際は上下に十分な余白を作って常に新しい情報が追加できるようにしておきましょう。

余白を作っておくことのメリットとしては「先生が不意に行ってくる語呂合わせ」「資料集から見つけた有益な情報」「覚えやすくなるような豆知識」などを記載しておくと良いでしょう。

日本史まとめはノートとルーズリーフどっち?

ノートとルーズリーフの違い

実際まとめるとなるとノートとルーズリーフどちらが良いのか疑問に思いますよね。綺麗に日本史をまとめることが出来るなら正直どちらでもかまいません。

ですが人それぞれな部分も多いので、ノートとルーズリーフのメリットとデメリットの違いを確認して自分に合った方を選択してください。

ノートのメリット

  • 見開きとしてまとめやすい
  • バラバラにならずに持ち運びが楽
  • 一冊にまとまるのでストレスフリーになる
  • お気に入りのノートで作れる

ノートのデメリット

  • 余白が埋まると書き足すことが出来ない
  • どこに何があったのかわからなくなりやすい

ルーズリーフのメリット

  • 一枚一枚取り外し可能で情報を付け加えていける
  • テキストの順番の入れ替えが可能になる
  • 仕切り板を使って見やすく分類できる

ルーズリーフのデメリット

  • バラバラになってしまうことがある
  • 綺麗にまとまりやすい反面、満足しやすく復習しなくなってしまう

間違った日本史ノートのまとめ方

日本史まとめノートを作るときに陥りやすい間違った作り方が存在します。

それは「どんなノートにするのか決めずにまとめに入る」です。まとめノートを作る際はレイアウトはすべて統一した方が良いので最初に決めておきましょう。「ノート全体のレイアウト」「年代をどこに書くのか」「色の役職はどうするか」など全体に共通することは先に決めておきましょう。

先に決めておかないと途中途中でまとめ方を変えてしまったりするのでグチャグチャになって台無しにしてしまう恐れがあるので上記の点は確認して作っていきましょう。

理想の日本史まとめノート

ノートを作っているとぶつかる壁があります。それは「綺麗なノートを作れるとゴールと勘違いして満足してしまう」といった現象が起こります。満足してしまうと見返さなくなるのでそういったことが起こらないような理想の日本史ノートのポイントとまとめノートの例を紹介します

理想のポイント

  • 何度も見返して学べるノート
  • ぱっと見て重要な事項が分類されて目に入る
  • 追加で情報を足していける
  • レイアウトが汚くなく美しくまた見たいと思わせる

以上の項目が守られているノートが理想です。理想に近づけるように作っていきましょう。

まとめノートの例

日本史ノート日本史ノート

出典:Clear

日本史おすすめ勉強法

日本史の勉強法はこちらの記事でまとめています。日本史の大学受験には効果的な勉強法が存在しています。そんな勉強法が気になる方は是非ご覧になってください。

これを知らないと損!日本史の必勝勉強法

日本史の勉強法を通史から文化史まで解説

日本史のおすすめ教材

ここでは日本史のおすすめ教材を参考書からアプリに至るまで紹介しています。また学校ではなかなか教えてもらえない一問一答の使い方までまとめています。必要な人はご覧ください

おすすめの参考書、問題集

日本史の参考書、問題集についてはこちらの記事でレベル別に紹介しています。是非、自分に合った参考書・問題集を見つけていって下さい。

日本史のおすすめ参考書・問題集20選

日本史のおすすめ参考書・問題集20選【2020年版】

おすすめのアプリ

日本史のおすすめアプリはこちらに記事で紹介しています。是非、自分に合ったアプリを見つけてください。

日本史の学習に役立つおすすめアプリ5選

【2020年版】日本史のおすすめアプリ6選

日本史の語呂合わせ

日本史の語呂合わせをこちらの記事にまとめているので、是非ご覧になってください。

日本史の勉強に役立つ語呂合わせ一覧

日本史の勉強に役立つ語呂合わせ一覧

一問一答の使い方

「日本史一問一答」の使い方についても知りたい人はこちらにまとめているので、合わせてご覧ください。

【東進日本史一問一答】効率的に点数を上げる使い方をご紹介!

【東進日本史一問一答】効率的に点数を上げる使い方をご紹介!

日本史のノートの勉強法まとめ

今回の記事で紹介した日本史のノートの勉強法は次の5つです。

  • 日本史を2つに分けてノートを作る
  • ノートは極力見開きでまとめる
  • 色ペンごとに役職を与える
  • 繫ぎの文字は出来るだけ書かない
  • 万能余白は必ず取っておこう

日本史のノートは作っていくうちに達成感を得られるので是非この記事を参考にして勉強してもらえればと思います。

 

また、こちらの記事で日本史の勉強法を解説しているのでぜひ合わせてご覧ください。

これを知らないと損!日本史の必勝勉強法

日本史の勉強法を通史から文化史まで解説

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載