【子どもを不合格へ追い込む】受験生の親が絶対にやってはいけないこと5選

【子どもを不合格へ追い込む】受験生の親が絶対にやってはいけないこと5選 コラム



「受験勉強での一番のストレスが親の言動」

「親がいちいち聞いてくるから家の居心地が悪い」

「あまり家にいたくない」

実際にこんなことを思っている受験生は少なくありません。もしかしたら、あなたのお子さんもそう感じているかもしれません。

 

受験生は、成績という現実を打ち付けられて苦しんだり、他の受験生と比較しながら毎日葛藤していたり非常にナイーブな状態になっています。

悩みや不安から普段の精神状態ではいられないことだってあります。

そんな中で親は、そんな受験生の一番の味方になってあげないといけません。親の価値観だけを押しつけるのはよくない行為です。

子どもにとって親は一番の理解者であってほしいはずです。そんな親が子どもにとってマイナスの存在になっていてはいけません。

今回は受験生の親がやってはいけないことを紹介します。

受験を控えるお子さんがいる家庭は今回紹介することをしないようにしましょう。

子どもに干渉しすぎること

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「子どもに干渉しすぎること」

子どものためを思って、いろいろと干渉しすぎることはやってはいけないことのひとつです。

その子どものためという思いが、子どもにとっては迷惑になっている可能性もあります。まさにそんな自己満足な行動はやめるようにしましょう。

特に受験生を持つ親がやってしまうやってはいけない関わり方をいくつか紹介します。ここに挙げることは特に気をつけるようにしましょう。

「勉強しなさい」は一番の禁句

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「「勉強しなさい」は一番の禁句」

まずやってはいけないことは「勉強しなさい」という受験生のやる気を一気に下げるパワーワードを言ってしまうことです。

親にとっては「第一志望に受かってほしい」という思いの一心で放った言葉かもしれませんが、子どもからしたら本当に大きなお世話です。

きっとご自身も一度は「勉強しなさい」と言われて嫌な気持ちになった経験はあるのではないでしょうか?それと同じことをしてしまったら、子どもも同じく嫌な気持ちになるのはわかりますよね。

子どもが勉強をしていない姿を見た瞬間は、子どもの考えでリラックスタイムを設けていた時間だったかもしれません。そんな時に「勉強しなさい」なんて言われたらたまったものじゃないですよね。

「勉強しなさい」という言葉は絶対に言わないようにしましょう。

心配や不安を煽るようなネガティブ発言

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「心配や不安を煽るようなネガティブ発言」

勉強しているはずなのに思うように点数が伸びない、偏差値がずっと停滞してしまっていて志望校に合格するための目標偏差値まで届かない。

そんな子どもの成績や姿を見た時には、親も心配になってしまいますよね。

そんな時に「勉強の仕方は合っているの?」「もっと勉強時間を増やしたほうがいいんじゃない?」「このままじゃあの大学には行けないよ」などのように、子どもにプレッシャーを与えるような発言をしてしまう親がいます。

しかしそれは子ども自身が一番わかっています。その不安や悩みと一番戦っているのは子どもです。

心配や不安を煽るような発言をされたら子どもはさらに不安になりますし、ストレスも抱えます。

今一番苦しんでいるのは子ども自身だよね、と理解してあげて、危機感を煽るような発言をしないようにしましょう。

自らが調べた情報を子どもに伝える

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「自らが調べた情報を子どもに伝える」

子どもの力になってあげようと思い、様々な受験に関する情報を調べてみて子どもに伝えている方は意外と多いのではないでしょうか?

しかし、この行動もやめたほうがいい行動のひとつです。

子どもは学校や塾、予備校などで受験に関する情報は得ているはずです。そんな中でまた新たな情報を伝えられても、何が正しいか、どの情報に従って物事を考えればいいかがわからなくなってしまう可能性があります。

親が良かれと思って受験情報を伝えることが、逆に子どもを混乱させてしまうことがあるということです。

これも子どもに干渉しすぎてしまうことのひとつと言えます。

なので、できる限り子どもに情報を伝えることは控えるようにしましょう。どうしても伝えたい時は、子どもにとってメリットとなる情報だけ伝えるようにしてください。

無関心すぎるのもよくない

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「無関心すぎるのもよくない」

これは干渉しすぎることと対になることですが、子どもに無関心すぎるのもよくありません。

受験生はいろんな悩みや不安と葛藤しながら過ごしています。吐き出さないだけかもしれませんが、心の中でいろんな思いを抱えています。

時には親に悩みを打ち明けたり、相談をしたりしたい時もあるかもしれません。

そんな中で「干渉するのはよくないから」と考えて、「自分で考えなさい」「塾や学校の先生に聞きなさい」と言って突き放してしまうのは、子どもに孤独感や恐怖心を与えてしまいます。

「なんでそんな冷たいの?」と受験生自身が勉強のこと以外で不安になってしまう可能性もあります。

難しいですが、気にかけているけど干渉しすぎてもいないという絶妙なラインで接するようにしてあげましょう。

他人と比較すること

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「他人と比較すること」

他の家庭の子ととの比較や兄弟姉妹との比較はやってはいけません。そしてさらにやってしまいがちなのが、親自身が受験生・学生だった時と比べてしまうことです。

人それぞれ家庭状況も違えば、個性も性格も違います。それを一括りにして比較してもなんの意味もありません。人それぞれ成功する方法やうまくいく方法は異なってきます。

また、親自身が受験生だった頃とは、時代も受験方式もまったく違います。それこそ今と昔の状況を比べて無意味です。

いろんなことと子どもを比較して頑張らせようという思いがあるかもしれませんが、比較されること自体が子どもにとってはストレスにしかなりません。

その言動自体が子どもの努力を否定し、頑張りを阻止していると言っても過言ではありません。

比較するのは危険なのでやめるようにしましょう。

親が子どもの進路を決めること

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「親が子どもの進路を決めること」

子どもが行きたい大学と親が子どもに行ってほしい大学が異なる場合があります。

そんな状況の時にやってはいけないことが、親自身の考えや価値観を子どもに押しつけて志望校を勝手に決めることです。

子どもの意見を無視した身勝手な思いや世間体を気にしすぎた古い考え方は今すぐ捨てましょう。

もちろん、金銭面などの経済的状況を踏まえて、国公立か私立かなどの要望を伝える権利があるのは事実です。

しかし、それ以上の進路を親が決めることはダメです。

「ここまで育ててきたんだから親の希望を伝えてもいいじゃん…」と思う気持ちもわかりますが、子どもの人生は子どものものです。

子どもが行きたい大学を親が否定する権利はありません。

子どもに進路を選ばせることに価値がありますし、一番大切なのは子ども自身の意志です。

親の言動ひとつで子どもは「自分は何がしたいか」ではなく「どうすれば親の期待に応えられるか」を考えるようになってしまいます。大切な子どもの人生を、親の期待に応えさせるための人生にさせてしまいます。

さらに、子どもが仮に、親が行きなさいと言った進路を歩むと、これから先もすべて親の指示に従わないと生きていけない子どもになってしまい、子ども自身では何も決められなくなってしまう可能性があります。

そんな他人任せの人生を選ばせることにもなりかねないので、親が子どもの進路に口出しすることはやめましょう。

子どもの頑張りを認めてあげないこと・否定すること

受験生の親が絶対にやってはいけないこと「子どもの頑張りを認めてあげないこと・否定すること」

模試などの成績だけで子どもの評価をしてしまう親や、成績が悪いことを理由に、子どもの行動・言動をすべて否定してしまう親がたまにいます。

しかしそれはやってはいけません。

そんなことをしていたら、子どもが萎縮してしまいます。

親が子どもの行動を認めてあげなければ、子どもはどんどん自分の行動に自信が持てなくなっていきます。確実に子どものこれからの人生にも悪影響を及ぼしてしまいます。

受験勉強を頑張っていない子どもなんていません。成績が思うように伸びていないかもしれなかったとしても、ご自身の子どもも確実に頑張っています。

親が子どもにとっての一番の理解者になってあげてください。できるようになっていることや成長している面は必ずあります。

子どものできない部分を指摘するのではなく、できるようになったところを見てあげるようにしましょう。

まとめ

今回お伝えした受験生の親がやってはいけないことをもう一度おさらいします。

  • 子どもに干渉しすぎること
  • 無関心すぎること
  • 他人と比較すること
  • 親が子どもの進路を決めること
  • 子どもの頑張りを認めてあげないこと・否定すること

子どもを本気で応援して、志望校に合格してほしいという思いがあるなら、今回紹介した行動は絶対にしないようにしましょう。

 

「やってはいけないことはわかったけど、じゃあ具体的にどうすればいいの?」と考えている親御さんも多いと思います。

なので、親が受験生の子どものためにできることをこちらの記事で紹介しています。子どもの大学受験を成功に導くための日常生活からの子どもとの接し方などを解説しているので、どうすればいいのか疑問に思っている親御さんは、ぜひこちらの記事も合わせてご覧ください。

受験生の親ができることとは?【子どもの受験を成功に導く方法】

2020.07.08

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載