【大学受験】高3受験生なのに勉強しない子どもをやる気にさせる方法

【大学受験】高3受験生なのに勉強しない子どもをやる気にさせる方法 コラム



「子どもが受験生なのに勉強していない」

「どうやってやる気にさせられるんだろう…」

「何かできることはないのかな…」

このような心配や不安を抱えている親御さんはいると思います。

大学受験を控えている受験生なのに、子どもが全然勉強していない状況を見ると、親のほうが不安に思ってきてしまいますよね。

ただし、親から間違ったことを言ってしまえば、さらに子どもがやる気を失う可能性もあります。

なので今回は、大学受験を控えた受験生なのに、勉強しない子どもをやる気にさせる方法を紹介していきます。

子どもが勉強しない理由も様々あるので、自分の子どもがどのパターンに当てはまるのかも考えてみてください。

子どもが受験生なのに勉強しない理由

子どもが受験生なのに勉強しない理由

まずは、なぜ子どもが受験生なのに勉強しないのかを理解するようにしましょう。

授業についていけない

授業の内容が理解できていないこともやる気がなくなっている原因のひとつです。

何か問題を解こうと思っても、理解できていないから結局解けずじまいでやる気がなくなり「勉強終了」となってしまうタイプです。

たしかに、興味のない分野の何も知らない資格勉強をしろと言われても、何もわからずすぐに投げ出してしまいますよね。

それと同じ状況が受験生にも起こってしまっているのです。

勉強する習慣がない

勉強する習慣がないため、やる気を出すのにも時間がかかり勉強できていない子どももいます。

勉強する習慣がないと、勉強を開始するのに大きな負荷がかかります。

習慣というのはひとつの壁になっていることが多いです。その壁が高すぎるため、勉強をする前に挫折してしまい、勉強までたどり着けない可能性も高いです。

逆に勉強する習慣さえ作ってしまえば、自然と勉強することができるようにもなります。

勉強を習慣化させる方法はこちらの記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【受験生必見】勉強を継続させて習慣化にする方法をご紹介

2020.05.21

勉強の仕方がわからない

勉強しない子どもの中でも多いのが、勉強の仕方がわからずに勉強できないというパターンです。

どの科目からやればいいのか、何を使って勉強していけばいいのか、どんな順番で勉強すればいいのかと、何をすればいいのかがわからなくなってしまっているのです。

これまであまり勉強してきた経験がなく、さらに初めての経験である大学受験という試練に向けてどう勉強すればいいのかわからず、やる気がなくなっています。

集中力が続かない

やる気はあるけど、集中力が続かずにすぐ勉強から離れてしまう子どももいます。

この場合は、子どもの集中力が続くようにする工夫が大切です。

勉強に集中するための方法をこちらの記事で紹介しているので、ぜひお子さんが集中できるように役立ててください。

【集中できない高校生へ】勉強に集中する方法まとめ

2018.01.11

勉強する意味を見出せていない

なんで勉強しないといけないんだろうと疑問に思って、勉強することに踏み出せていない子どももいます。

このタイプは、何か明確な理由がないと行動に移せないので、勉強する意味を提示してあげると良いかもしれません。

勉強する意味についてはこちらの記事で解説しています。

勉強する意味を詳しく解説!「勉強は意味がない」は間違い!

2018.12.10

勉強しても成績が上がらない

勉強してもなかなか成績が上がらずに、勉強に対してのモチベーションを失っている場合もあります。

そのような子どもは、勉強の方向性が少しずれているため、成績がなかなか上がらない可能性があります。

こちらの記事を参考にして、お子さんの勉強の方向性を一度見直してみることをおすすめします。

成績が上がらない原因12選

2018.12.05

親が原因で子どもが勉強しない場合もある

親が原因で子どもが勉強しない場合もある

親が原因で子どもが勉強しない場合もあります。

親が子どもに干渉しすぎていたり、子どもの発言を否定したりして、子どもにストレスを与えている場合があります。

受験生の親が子どもにやってはいけないことをこちらの記事で詳しく紹介しています。やってはいけないことをやってしまっていないか確認するようにしてください。

【子どもを不合格へ追い込む】受験生の親が絶対にやってはいけないこと5選

2020.07.10

勉強しない子どもに親ができること

勉強しない子どもに親ができること

続いて、勉強しない子どもに親ができることを紹介します。

より詳しいことはこちらの記事内で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

受験生の親ができることとは?【子どもの受験を成功に導く方法】

2020.07.08

勉強しなさいと言わない

受験生なのに子どもが勉強していない姿を見ると、不安に思えてきて「勉強しなさい!」と言いたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、この「勉強しなさい」というセリフは絶対に言わないようにしましょう。

親から「勉強しなさい」と言われると、子どもはさらにやる気をなくし、一層勉強しなくなってしまいます。

「わかっているよ」「今勉強しようと思ってたのに」「もうやる気なくなった」と、喧嘩まで発展してしまったこともあるんではないでしょうか?

「勉強しなさい」は逆効果ということですね。やる気を奪う悪魔の言葉という認識をしておいてください。

イライラしない

親がイライラしないことも大切です。

親が子どもに対してイライラしていると、その雰囲気が子どもに伝わってしまい、さらに勉強しない状態が続いて、状況が悪化することになります。

子どもが勉強していない状況が続いていても、落ち着いて優しく対応してあげましょう。

本人の意思を尊重する

本人の意思をしっかり聞いて尊重することを忘れないでください。

勉強や受験は子どもが子どものために行うものです。決して親のためのものではありません。

本人がどうしたいのかを聞いてあげて、それに応じた適切な対応をしてあげましょう。

そのために、いつでも手助けできるような体勢を整えていく必要があります。例えば、受験に関する情報を集めたり、必要な費用を確認しておいたりすることですね。

勉強しない子どもをやる気にさせる方法

親の少しの工夫で、子どもが勉強するきっかけになることもあります。

ここでは、勉強しない子どもをやる気にさせる方法を紹介します。

浪人させてあげられるかわからないと伝える

勉強しない子どもをやる気にさせる方法「浪人させてあげられるかわからないと伝える」

勉強していない子どもに「浪人させてあげられるかわからない」と伝え、危機感を与える方法です。

人は危機感が何もない状態では行動しようとは思わないですからね。

現在勉強していないお子さんの中には、今年ダメでも浪人してまた来年挑戦すればいっかと考えている人もいるかもしれません。

自分の子どもがそんな状況だと思ったら、「別に勉強してもしなくても構わないけど、浪人させてあげられるかはわからないからね」と伝えてみるのも良いでしょう。

「ヤバイ、今年頑張らないと大学へ行けなくなってしまう」と子どもの中に焦りを芽生えさせることにつながります。

少しマイナスな動機になってしまうかもしれませんが、大学へ行くとは言いつつも、あまりにもダラダラしている子どもに対しては試してみてください。

 

また、浪人の合格率も教えてあげても良いです。

実際、浪人もそんなに甘いものではありません。しかも、現在勉強していない子どもが、浪人したからといって勉強するかどうかはわからないですからね。

この記事で浪人の成功率を紹介しています。この記事を読んで、浪人の実情を説明してあげてください。

大学受験の浪人生の成功率はどれくらい?浪人合格の方法も解説!

2018.02.25

志望校に連れて行ってあげる

勉強しない子どもをやる気にさせる方法「志望校に連れて行ってあげる」

志望校に連れて行ってあげるのは、子どものやる気を出させるために良い方法です。

大学がどんな場所なのかをあまりわかっていないお子さんもいると思います。その際に志望校に連れて行ってあげると、子ども自身が「楽しそう」「行ってみたい」と思うきっかけになります。

大学への具体的なイメージを湧かせてあげるのもひとつの手段なので、ぜひ試してみてください。

一緒に目標を立てる

勉強しない子どもをやる気にさせる方法「一緒に目標を立てる」

勉強に対してやる気が出ない子どもは、目標がないことが多いです。

どんなことでもゴールがないと頑張れませんよね。

マラソンも最終的なゴールがあるから、そのゴールに向かって走ることができます。仮にマラソンにゴールがなければ、いつまで走ればいいのか、どこに向かって走ればいいのかわからずに路頭に迷ってしまいますよね。

現在勉強できていないお子さんがいるのであれば、このゴールのないマラソンを走ろうとしている可能性があります。

ゴールがわからないから、走る前からやる気を失っている状況だと考えられます。

なので、一緒に目標を立ててあげましょう。明確な志望校を一緒に考えてあげることでも良いです。向かう先を示してあげてください。

具体的な目標の立て方はこちらの記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

受験勉強に必須!志望校に合格するための目標の立て方をご紹介

2020.06.27

まとめ

ここまで、子どもが勉強しない理由や、子どもを勉強させるために親ができることを紹介してきました。

子どもにも親にも原因がある可能性があるので、今一度なぜ子どもが勉強しないのかを考えてみるようにしてください。

そして、今回紹介した方法を参考にして、少しでもお子さんがやる気になるように働きかけてみましょう。

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載