受験生の親ができることとは?【子どもの受験を成功に導く方法】

受験生の親ができることとは?【子どもの受験を成功に導く方法】 コラム



受験期間では空気がピリピリしてしまっているという家庭も多いのではないでしょうか?

親は子どものことを思って声をかけたしたつもりなのに、それが子どもの逆鱗に触れてしまい、結果として親子喧嘩の原因になってしまったなんてこともありますよね。

受験期間は親にとっても試練ですし、耐え時でもあります。だからこそ受験生のことを理解してあげてください。

  • やるのは子どもで親は見守るしかない
  • 子どもを思い通りにコントロールするのは不可能

このことを念頭に置いて、子どもと一緒に受験期間を乗り越えましょう。親がうまくサポート・バックアップすることで子どもが安心して受験勉強に取り組めます。

今回は、そんな受験生を持つ親が受験期間中の子どもにできることをまとめました。ぜひ参考にして子どもとの接し方を考えるようにしてください。

まずは受験生の心理を知ってあげよう

まずは受験生の心理を知ってあげよう

まずは、受験生が毎日どんな心理で過ごしているのかを紹介します。

冒頭にも述べたように「やるのは子どもで親は見守るしかない」「子どもを思い通りにコントロールするのは不可能」という考え方は、子どもと良好な関係を築くために非常に重要になります。

その考え方をしっかり理解するためにも、受験生が毎日どんな心理で過ごしているのかを知ってください。

受験生は毎日必死に戦っている

受験生の心理「受験生は毎日必死に戦っている」

前提として、受験生は毎日必死に戦っています。しかもその戦いは勉強に対してはもちろんのこと、それ以外のことに対しても戦っています。

受験生の子どもを持つ親御さんは、その受験生の心理を知って、理解してあげようとすることが大切です。

では具体的に受験生は、毎日どんなことと葛藤しながら過ごしているのでしょうか?大きく分けて3つのことを紹介します。

学力・成績との戦い

受験生は学力・成績と戦っている

まずは当然学力・成績との戦いです。

受験生は、毎日志望校への合格を目指して、少しでも成績や点数が伸ばそうと勉強に取り組んでいます。受験は1問、1点の差で合否が変わってきます。

受験生は、入試本番で1問でも多く解けるように、1点でも多く点数が取れるように必死に勉強しています。

毎日必死に勉強しているんだということを知ってあげてください。

睡魔との戦い

受験生は睡魔と戦っている

次は睡魔との戦いです。

例えば、受験生がうとうとしている姿が目に映ると、側から見れば「勉強中になんで寝てるの?」と思うかもしれません。

しかし、ここで理解してほしいことは受験生は本当に疲れていて、睡魔と必死に戦っているということです。

志望校合格を目指し、緊張感を持って勉強していたら当然疲労はたまります。その疲労が勉強中に睡魔となって襲ってくることがあります。

親の身からしても、必ず1回は仕事中にうとうとしてしまったという経験はあるのではないでしょうか?

本気の受験生は決してサボっているわけではないんです。「勉強中になんで寝てるの?」ではなく「疲れているんだな」と理解してあげるようにしてください。

ストレスとの戦い

受験生はストレスと戦っている

受験勉強、成績との葛藤、睡魔との戦いなど、毎日いろんな負荷がかかりながら受験生は生活しています。

そうなると、目に見えないストレスもかかってきています。顔には出さないかもしれませんが、内心は物凄い重圧に押しつぶされそうになっている受験生もいます。

そのため、ちょっとしたことでもイライラしてしまったり、そのストレスを親にぶつけてしまったりすることもあります。受験生自身も、冷静になれば「なんであんな些細なことでイライラしてしまったんだろう…」「親にあたってしまって申し訳なかったな…」と後悔することも多々あります。

子どもがイライラしている姿を見ても、親はグッと我慢して、本当に悪気があってイライラしたり、親にあたったりしているのではないということを理解してあげてください。

受験生の親ができること:受験勉強面

受験勉強面で受験生の親ができること

受験生の心理がわかったところで、ここからは、ではどうすればいいの?という親ができることを説明していきます。

受験勉強・日常生活・親の言動の3つのパターン・場面ごとに分けて紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

まずは受験勉強の面で親が受験生の子どもにできることを紹介します。

子どもの目標を知る

子どもの志望校や受験での目標は共有して、その目標に向かって一緒に頑張るというスタンスをとるようにしましょう。

自分の目標に対して味方がいてくれることほど心強いものはありません。

受験勉強に集中できる環境を作ってあげる

あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、子どもが受験勉強に集中できる環境を作ってあげたり、気遣いをしてあげたりしてあげましょう。

具体的には、テレビをつけっぱなしにしない、リビングをグチャグチャにせずに整理整頓をして快適に過ごせるようにするなどが挙げられます。

受験に関する費用面での負担・サポート

模試や塾の夏季講習、受験料、交通費、入学金など、正直受験にかかる費用は計り知れません。

ただし、子どもが本気で目標に向かって頑張っているのなら、それを全力で応援してあげるのが親の役目でもあります。この受験にかかる費用を賄ってあげることは親がしてあげられる最大限のサポートとも言えます。

もちろん家庭によって経済状況は違うと思いますが、子どもを応援する義務はあると思います。なので、この費用面でのサポートはしてあげましょう。

また、子どもと一緒に受験勉強から大学入学までにかかる費用のシミュレーションを考えてみることはおすすめです。

なかなか子どもに対して金銭面の話をすることは気が進まないという方もいると思います。

しかし、子ども自身が自分の家庭の状況でどこまでお金を出してもらえるか、受験に関してどれだけ負担をしているのかを少しでも知ると、「親に協力してもらっているからもっと頑張らないとな」と受験勉強に対して前向きな姿勢になることにもつながります。

受験を一緒に頑張ろうというスタンスのもと、費用に関する話をしてみても良いのではないでしょうか。

受験生の親ができること:日常生活面

日常生活面で受験生の親ができること

次に日常生活で親が受験生のためにできることを紹介します。

受験勉強だけにすべてのエネルギーを注げることは、受験生にとって安心できて快適な環境です。

そのような状況になれば、受験勉強以外のことで悩むことなく、無駄なストレスがかかることもありません。

受験勉強の期間は、勉強だけに集中させてあげられるように生活面でのサポートしてあげましょう。

体調管理

受験生にとって体調管理はしないといけないことのひとつです。なんと言っても体が資本ですからね。

どれだけ優秀な受験生だったとしても、受験本番に体調を崩して持っている力の半分も出せなかったなんてことになったら最悪です。

だからこそ、子どもの体調管理に関しては親御さんのサポートが必要です。

特に風邪や感染症の予防には、家族全員で気を付けるようにしましょう。受験期間にはインフルエンザも流行します。

家族の中で誰か一人が風邪や感染症にかかってしまうだけで、受験生の子どもに移ってしまう可能性がありますし、精神状態などにも影響しかねません。

部屋の室温管理や手洗いうがいなどに気を遣って、感染症予防は親が主導となって徹底するようにしましょう。

インフルエンザに対する心構えや受験生の体調管理については以下の記事で解説しています。ぜひ参考にしていてください。

大学受験を控えた受験生に必要な体調管理法

2020.04.08

大学受験とインフルエンザとの正しい付き合い方

2018.01.01

食事の管理

体調管理のひとつとして食事の管理が挙げられます。

毎日塾や予備校などで受験勉強を終えて帰宅した時に食事が用意されていることは、受験生にとって本当に嬉しいものです。

特に食事面に関しては、多くの受験生が受験が終わった頃にありがたみを感じます。

受験勉強を頑張っている子どもが体調を崩さないように、栄養バランスの良い食事を作ってあげましょう。

また、食事の栄養は、集中力や記憶力、思考力などの受験勉強に必要な脳の要素にも直接的に関わってきます。効果的な勉強をさせてあげるためにも。栄養バランスの良い食事は心がけるようにしましょう。

受験生におすすめの食事や栄養素をこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

2018.02.11

生活リズムの維持

子どもが充実した受験勉強生活を送るためには、規則的な生活習慣の維持が必要になってきます。

早寝早起きや規則的な食事の摂取などの良好な生活習慣は、疲労回復や脳の活性化に良いとされています。

なので、子どもが良好な生活リズムを維持できるためのサポートはしてあげてください。

例えば、朝に勉強したいけど、朝が弱い子どもの場合です。

朝早く起きて勉強しようと思っていても、当日になると眠気に負けて二度寝したくなります。受験生であってもその気持ちは同じです。なかなか自分ひとりの意志だけでは行動できないこともあります。

そんな時は親が協力して、毎朝自分が起きる時間に子どもも起こしてあげるなどのサポートをしてあげましょう。

これだけで、受験生にとっては朝の貴重な時間を勉強時間にあてられるようになり、勉強効率が上がります。

ぜひ生活リズムを維持するためのサポートをしてあげましょう。

受験生の親ができること:言動面

言動面で受験生の親ができること

続いて「言動面」で親ができること・気をつけないといけないことを紹介します。

行動や言葉は日頃の生活から関係してくることなので、しっかり理解するようにしてください。

前向きな言葉をかけてあげる

子どもを見ていると「このままで大丈夫なのかな?」「本当に合格できるんだろうか…」と親が不安になってしまうこともありますよね。

しかし、本当に不安を抱えているのは子ども自身です。折れそうな心をなんとか踏ん張って毎日勉強に励んでいます。

当の本人が頑張っている中で、親が不安になっていてはいけません。スポーツのシーンでも、ピッチ上で必死に戦っている選手たちの前で、明らかに動揺して不安そうな監督なんていませんよね。

どんなピンチを迎えても、常に「お前たちならやれる」「最後まで必死に戦おう」と前向きな言葉をかけているはずです。

なので、子どもが成績に伸び悩んでいる時でも、「よく頑張ってるね」「ここまで努力していて本当にすごいよ」「あなたならできるから大丈夫」などと前向きな言葉をかけるようにしてあげましょう。

ネガティブなこともポジティブな言葉に変換させてあげてください。

話を聞いてあげる

子どもがストレスで不満を吐き出しても、黙って聞いているふりをしてあげてください。

「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」などの意見やアドバイスは逆効果です。そこから喧嘩にもなりかねません。

子どもは不満を出し切ってストレスを発散させたいだけなので、寛大な心で聞いてあげてください。

暖かく見守る

なるべく成績のことや受験勉強のことについては口出しせずに、暖かく見守ってあげることは大切です。

特に、先ほども述べたように勉強面のアドバイスや意見を言うことは避けるべきです。勉強面に関しては学校や塾の先生などがきちんと指導してくれているはずです。そこで親が口出ししてしまえば、当然「わかってるって」と子どもをイライラさせるだけです。

なので、基本的に何もしないことが正解のことが多いです。

干渉しすぎないということは、子どもにとっても「信じてくれている」と受け止めることができて嬉しく感じます。

どんな時でも自分の子どもを信じる

どんな時でも、何があっても自分の子どもを信じてあげてください。

子どもは、親から「全力でやればどの進路へ進んでも大丈夫だよ」「やりたいことを応援するよ」と言ってもらえればものすごく安心します。

これだけ応援してくれているから頑張らないとと思い、モチベーションも上がります。

また、気分が沈んでなかなか勉強が捗らない時期であっても、余計なことは言わずに信じて見守ってあげることも大切です。

長い受験勉強期間であれば、一度や二度気分が乗らない時期があっても仕方がありません。逆に毎日勉強できるほうがすごいです。

心配になって「勉強したほうがいいんじゃない?」と言いたくなる気持ちもわかりますが、その発言はグッとこらえましょう。必ずまた勉強に打ち込むようになるので、子どもを信じてあげて見守ってあげてください。

それだけでも子どもは嬉しく感じます。

親からの「あなたを信じている」という言葉やサインは、子どもにとって本当に落ち着くものなのです。

味方でいてあげる

毎日必死に勉強を頑張っている姿や、逆に受験勉強がうまくいかずに少し落ち込んでいる姿を目にした時には、何か声をかけてあげたいと思うこともあるでしょう。

そんな時は「お母さんとお父さんはいつでもあなたの味方だからね」と伝えてあげてください。

一人で孤独に頑張っている受験生にとっては「味方」という言葉が非常に心強く感じます。

親自身がストレスをためない

子どもがストレスを抱えることはありますが、それと同時に親自身がストレスをためないことも大切です。

昔から誰よりも親をみているのは子どもです。親のちょっとしたストレスは昔からの感覚で子どもに伝わります。

特に親の期待に応えたいと思っている子どもほど、親のストレスによって悪影響を受けやすいと言われています。

親のことが心配で受験勉強に集中できないなんてことになったら子どもに迷惑をかけてしまいます。

受験期間中は、親も不安や心配などでピリピリしがちになりますが、もっと不安なのは子どもです。ストレスをためず、できる限り安心した気持ちや笑顔の表情を見せて子どもに接するように心がけましょう。

家族の仲を良くする

上記の親自身がストレスをためないことにも通ずるものですが、家族が仲良く過ごすことも大切です。

受験生の子どもを過度に特別扱いすることなく、いつも通り家族団らんの雰囲気を作ってあげるようにしましょう。

例えば、例年家族で行っているイベントなどもいつも通り行い、子どもが参加するかは子ども自身に選択させるようにするなどの配慮をしてあげることです。

このように、受験期間を家族仲良く乗り切ろうとする意識も子どもにとってはありがたいものです。

まとめ

最後にもう一度、親が受験生の子どもにしてあげれることをおさらいします。

受験勉強面

  • 子どもの目標を知る
  • 受験勉強に集中できる環境を作ってあげる
  • 受験に関する費用面での負担・サポート

日常生活面

  • 体調管理
  • 食事の管理
  • 生活リズムの維持

親の言動面

  • 前向きな言葉をかけてあげる
  • 話を聞いてあげる
  • 暖かく見守る
  • どんな時でも自分の子どもを信じる
  • 味方でいてあげる
  • 親自身がストレスをためない
  • 家族の仲を良くする

「なんでこんなに親が気を遣わないといけないの?」と感じてしまうかもしれませんが、子どもが受験を成功するために必要なことなのです。

親にもストレスがかかるかもしれませんが、受験期間だけの辛抱です。大切な自分の子どものために親もできることをしてあげましょう。

親のサポートがあって受験が成功した時には必ず子どもは親に感謝します。「ありがとう!」「親のサポートがなければ絶対にうまくいかなかった」と言ってくれるはずです。

子どもと一緒に協力しながら受験期間を乗り越えましょう。

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載