【受験生必見】受験勉強を効率化するための息抜き方法とは?

【息抜きの必要性】受験勉強を効率化するための息抜き方法とは? 集中力アップ



受験生にとっては、受験期間の勉強時間は1分1秒でも惜しいものですよね。

その考え自体は非常に素晴らしいことなのですが、あまりにも張り詰めてすぎてしまうのも危険です。

そもそも人間の集中力はそんなに長く続きません。受験期間中に机に向かっていても、勉強に集中できていなければ、それは勉強していないことと同じことになります。

勉強に集中できていないと感じたらあなたはどうしますか?

今回は、受験勉強における息抜きの必要性や効果、また受験勉強を効率化するための息抜きの方法を徹底解説していきます。

ぜひこの記事を参考にして、これからの受験期間をうまく乗り切るようにしてください。

受験勉強における息抜きの必要性

受験勉強における息抜きの必要性

勉強には集中力が必要です。

特に受験勉強となると勉強時間も長時間になり、後半になるにつれて集中力を保つのが難しくなってきますよね。

長時間勉強していると、どうしても疲労やストレスが溜まってきます。この疲労やストレスをうまく抜かないと、どんどん集中力が欠落していきます。

机に向かって問題集を開いていても、他のことに意識がいってしまったり、眠くなってきたりした経験は誰しもあると思います。

その状況で無理やり集中しようとしてもなかなかうまくいきません。

そこで必要となってくるのが「息抜き」です。息抜きをして一度脳を休めましょう。

適度な息抜きは、頭や体をリフレッシュし、疲労を回復させる効果があります。疲労が回復することにより、再び受験勉強に集中することができ、勉強効率も上がります。

「休む時間がもったいない」と考えてぶっ続けで勉強をするよりも、適度に息抜きを挟みながら進めていくほうが効果的な勉強ができると言えます。

そのため、受験勉強において息抜きは非常に重要になってくるものです。

息抜きが受験勉強にもたらす効果

受験勉強における息抜きの必要性を知っていただいた上で、ここでは息抜きが受験勉強にもたらす効果を3つ紹介します。

リフレッシュになる

息抜きが受験勉強にもたらす効果『リフレッシュになる』

先ほども述べたように、適度な息抜きはリフレッシュ効果があります。

受験勉強は自分との戦いとも言え、集中して勉強と向き合い続けていると、どうしても息苦しくなってきます。

息抜きをすれば、その息苦しく感じている状況から、一時的に自分を解放することができます。

モチベーション低下を防げる

息抜きが受験勉強にもたらす効果『モチベーション低下を防げる』

受験勉強は長期戦です。長い期間自分に向き合い続けなければなりません。

受験本番というなかなか先の見えないゴールに向かって走り続けていると、途中でモチベーションが低下してきて、勉強のペースが崩れてしまうという人もいると思います。

その受験本番という大きなゴールを達成するために、日々の小さな目標を立てておくとモチベーションの低下を防ぐことができます。

これが終わったら少し息抜きをしようと考えていれば、そこまでは頑張ろう!と思えますよね。

それを何回も繰り返していくのです。

息抜きをひとつの小さな目標として立てて、息切れやモチベーション低下を防いで受験期間を乗り切りましょう。

メリハリがつく

息抜きが受験勉強にもたらす効果『メリハリがつく』

人間の集中力はそう長く続きません。

適度に息抜きをしてメリハリをつけて受験勉強をしましょう。

ダラダラ勉強することを防ぎ、効率良く受験勉強を進めていくことができます。

受験勉強中のおすすめの息抜き方法をご紹介!

受験勉強の息抜きには様々な方法があります。

ここでは、その中でも効果的なおすすめの息抜き方法を紹介していきます。

飲み物を飲む

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『飲み物を飲む』

勉強に集中していると自然と喉が乾いてきますよね。

飲み物を飲むだけでもリフレッシュになり、空腹を満たすことで集中力を持続させる効果もあります。

集中力をアップさせる飲み物はこちらの記事でも解説しているのでぜひご覧ください。

勉強に集中するのにおすすめの食べ物や飲み物を紹介

【集中力アップ】勉強がはかどる食べ物・飲み物

仮眠を取る

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『仮眠を取る』

仮眠を取るのもおすすめの息抜き方法です。

仮眠は短時間であれば非常に効果的とされていて、20〜30分寝ると良いです。

適度の仮眠は無駄な眠気が覚めて頭がスッキリし、その後の勉強に集中することができます。

寝起きの時に頭がボーッとしている場合は、顔を洗うようにしましょう。

正しい仮眠の方法はこちらの記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

勉強の合間に仮眠するといいって本当? 勉強中の昼寝の仕方を大公開!

勉強の合間に仮眠するといいって本当?勉強中の昼寝の仕方を大公開!

軽い運動をする

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『軽い運動をする』

同じ体制で長時間勉強していると、体が固まり、体内の血流も悪くなってしまいます。

そんな状況を続けると、健康的にもよくありません。なので30分ほどの軽い運動を息抜きの際に取り入れてみましょう。

具体的には、ウォーキングやランニング、腹筋・腕立てなどの軽い筋トレなどがおすすめです。

軽い運動をすると、脳が働くために必要な酸素やブドウ糖などが脳に届きやすくなり、受験勉強にも良い影響をもたらします。

特に普段なかなか運動しないという方は、息抜きで軽い運動をしてみてください。

運動不足が勉強に与える影響をこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせて読んでみてください。

大学受験生の運動不足の影響と解消法

大学受験生の運動不足の影響と解消法

好きな音楽を聴く

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『好きな音楽を聴く』

音楽は気分転換、やる気を高める材料として最適です。

気分転換をしたい時のプレイリスト、やる気を高めるためのプレイリストなどを作っておくと、勉強へのスイッチになるのでおすすめです。

何も考えずにリラックスしたい時には、クラシック音楽や雨音・川のせせらぎのような環境音を聴くと落ち着くことができます。

また、受験勉強の音楽の活用法はこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ合わせてご覧ください。

受験勉強における音楽の効果について

受験勉強の音楽の活用法と勉強用BGMまとめ

友達と雑談をする

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『友達と雑談をする』

友達がいる環境の中であれば、友達と雑談することも良い息抜きになります。

一度受験や勉強から離れて、それらとは関係ない話題で盛り上がると頭がスッキリします。

受験勉強の緊張感を友達との雑談でほぐしましょう。

新鮮な空気を吸う

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『新鮮な空気を吸う』

少しの間でもいいので、外に出て新鮮な空気を吸って、体内の空気を入れ替えてみてください。

同じ空気の中で繰り返し呼吸をしていると、不純物が体内に入ってきて血液を汚すことになります。そうすると脳の働きも鈍くなり、集中力も下がってきます。

新鮮な空気を吸うことで、体内に十分な酸素が取り込まれ、血液が浄化されます。そうすることによって、脳の働きを回復する活力を与えます。

精神を落ち着かせ、気分を爽快にし、脳の働きを活性化することができるので、息抜きの際にはぜひ新鮮な空気を吸うようにしてみてください。

ストレッチ・マッサージをする

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『ストレッチ・マッサージをする』

ストレッチやマッサージをすることも効果的な息抜き方法のひとつです。

体をほぐしたり伸ばしたりすると、結構が良くなり頭も冴えて眠気が覚めます。

そして、ほどよく疲れが取れて「またここから頑張ろう!」と気持ちを切り替えられます。

勉強の合間にできるおすすめのストレッチはこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

勉強の合間にできるおすすめのストレッチ方法

勉強の合間にできるおすすめのストレッチ方法

勉強場所を変える

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『勉強場所を変える』

受験勉強に行き詰まってきて、どうしても集中できなくなってしまったら思い切って勉強場所を変えてみましょう。

近くにカフェがある場合などは、ぜひ行ってみてください。

物理的に場所を変えることで新鮮な気持ちで勉強できます。

勉強に集中できるおすすめの場所をこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強に集中するためのおすすめ場所まとめ

【定番から穴場まで】勉強に集中できるおすすめの場所9選!

志望校について調べる

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『志望校について調べる』

勉強の合間の時間を使って、自分が憧れている志望校のホームページやパンフレットを見るのも良いでしょう。

校舎の様子や各イベントの様子などを見るとテンションが上がり、受験勉強へのモチベーションにもなります。

やる気の上がる動画を見る

受験勉強中のおすすめの息抜き方法『やる気の上がる動画を見る』

やる気の上がる動画を見ることもおすすめです。

自分自身がやる気の上がる動画を1つ用意しておくと、動画を探す時間が省けるので、無駄な時間を過ごすことがなくなります。

ただし10分以内の動画にしてください。それ以上になるとだらだら見てしまうことになります。

そしてその1つの動画しか見ないようにしてください。

受験勉強の息抜きに便利なグッズをご紹介!

受験勉強の息抜きに便利なグッズも数多くあります。

その中でも特におすすめのものを、この記事内で勉強の疲れを取るグッズとして紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強に集中するためのおすすめグッズ19選

【これで勉強が快適に?】勉強に集中できるグッズおすすめ19選! 

受験勉強の息抜きのコツと注意点

ちょっとしたコツを意識するだけで、息抜きがより良いものになって、受験勉強への集中力もアップします。

また、ただ闇雲に息抜きをすればいいというわけではなく、いくつかの注意点もあります。

そんな息抜きのコツと注意点をまとめて紹介していきます。

息抜きの時間を決める

必ず息抜きの時間を決めるようにしましょう。時間を決めない息抜きは効果的な息抜きとは言えません。

時間を決めずに息抜きをしていて、気がつけば1時間も2時間も経っていたなんてことになったら最悪です。

それはただの受験勉強の妨げになる娯楽と化してしまいます。

そこで、受験勉強に効果的な息抜きの時間は、息抜き前の勉強時間の6分の1です。

つまり、60分なら10分、120分なら20分という具合です。

なので、あらかじめ一区切りごとの勉強時間を決めておいて、そこから息抜き時間を算出するようにしましょう。

おすすめの一区切りの勉強時間は、入試の試験時間に合わせることです。

共通テストや自分の志望校の試験時間に合わせて勉強するようにしてみてください。

短時間でできる息抜きを自分の中で決めておく

短時間でできる息抜きを自分の中で決めておくことが大切です。

息抜きをする時に、「どんな息抜きをしよう」「今から何しよう」と考えいていると、それだけで時間が経ちエネルギーを消費して息抜きができなくなってしまいます。

なのであらかじめ、自分の疲労の具合や状況によって息抜き方法のパターン分けをしておき、その時々の状況に合わせた方法を使い分けるようにしましょう。

キリの悪いところで勉強を終わらせて息抜きに入る

あえてキリの悪いところで勉強を終わらせて息抜きに入るのもコツのひとつです。

これをすることによって、息抜き後に勉強に戻りやすくなるんです。

やることがさっきまでやっていたところの続きとすでに決まっているので、息抜き後にもう一度エンジンをかけ直す必要がなくなります。

簡単に勉強が再開できるのでおすすめです。

息抜きの間は勉強のことは忘れる

息抜きをしている間は、勉強のことは忘れるようにしましょう。

解けなかった問題のことで頭がいっぱいになっていては息抜きにはなりません。

受験や勉強のことを考えてしまいがちですが、息抜きの時間は勉強のことを一切考えないようにして、息抜きだけをするようにしてください。

依存性のあるスマホには要注意

スマホには依存性のある機能やアプリがたくさんあるので注意するようにしてください。

特にSNSやシリーズものの動画などの終わりがないものは絶対に避けるようにしましょう。依存性がありすぎて勉強に戻れなくなる可能性があります。

なので、息抜きの際にはスマホを使わないほうが良いと言えるかもしれません。

受験期間に丸1日息抜きをしてもいいのか?

受験期間に丸1日息抜きをしてもいいのか?

「受験期間に丸1日息抜きをしてもいいのかな…?」と疑問に思っている人もいるかと思います。

この問いに対する答えは、自分自身の性格によります。

受験勉強を毎日頑張っているから1日くらいオフの日を作って遊んだら、翌日から集中力が下がってしまい、勉強のペースが崩れてしまったなんてこともあります。

受験勉強を毎日していると習慣化して、いつの間にか勉強をすることが当たり前のように感じてきます。この良い習慣を崩してしまうと、モチベーションが低下してしまい、元のペースに戻すことが大変になります。

適度な息抜きは大切ですが、このように受験勉強が習慣化になっている場合は、時間を決めて短い時間でも勉強を続けたほうが翌日以降もペースを落とさずに勉強していけます。

なので自分自身の性格を考えて息抜きの方法を考えるようにしましょう。

1日オフを作っても支障がなく、うまく切り替えのできる受験生は、ご褒美的な役割として丸1日息抜きの日を作ってもいいかもしれません。

受験勉強中の息抜きに罪悪感を感じてしまう人へ

受験勉強中の息抜きに罪悪感を感じてしまう人へ

そうは言っても、

「少しでも勉強をしていない時間があると、周りのライバルと差が開いている感じがして怖い…」

「思い切ってなかなか息抜きができない」

と悩んでいたり、罪悪感を抱えていたりしている受験生もいると思います。

最後に、そのように考えてしまっている受験生に向けてお話していきます。

息抜きをすることに罪悪感を感じている受験生に言いたいのは、「別に罪悪感を感じる必要はない!」ということです。

息抜きをせずに、息をするように勉強ができる人はこの世には絶対にいません。もしいたらそれは勉強ロボットです。

息抜きに対して罪悪感を感じる考え方はやめて、「息抜きによって良いリフレッシュができたからもう一回こっから頑張ろう!」という考え方をするようにしてください。

後者のような考え方を持つことによって、集中力も上がって受験勉強が捗ります。

それによって、結果的に成績が上がることにもつながります。

大切な考え方

  • ×:息抜き=勉強せずにサボること
  • ◯:息抜き=集中力を回復させて勉強を捗らせるもの

まとめ

単調になりがちな受験勉強を効率良く進めるためにも、適度な息抜きが必要です。

息抜きを効果的に行えば、その分集中力が上がり、受験勉強が捗って良い影響が出ます。

この記事で紹介したおすすめの息抜き方法を参考にして、受験勉強をより効率の良いものとしていってください。

また、息抜きをしすぎて勉強時間が短くなることだけは避けなければならないので、息抜きの注意点を踏まえた上で、しっかりと時間を決めてメリハリをつけて息抜きをするようにしましょう。

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載