【受験生必見】高学歴に共通した集中できる勉強部屋の特徴と作り方をご紹介!

受験生必見!?高学歴に共通した集中出来る勉強部屋の特徴と作り方をご紹介します 集中力アップ



図書館や学校では勉強に集中出来るけど、家では思うように集中が続かない受験生はたくさんいると思います。

受験勉強は主に学校や図書館やカフェを利用するという声も多かったが家の方が断然集中出来ると言う受験生もいるのは事実です。

家で勉強に集中出来る受験生たちの勉強部屋に共通する特徴をレイアウトから色合いまですべてご紹介していきます。受験に向けての部屋改善などの参考にしてください。

なぜ勉強部屋への配慮が必要なのか!?

なぜを大きく書いてる

なぜ、、、勉強部屋への配慮が必要なのか?勉強部屋なんて机と椅子があれば他に気を遣うことはないでしょ。

自分の集中出来るかどうかの気持ち次第でしょ。と思っていませんか?

実は、家という落ち着いた空間の中では緊張感を持って勉強に取り組むつまり集中することが非常に難しいのです。なぜかと言いますと集中を邪魔するものであったり、集中出来なくなるレイアウトになっているからです。

逆を言えば、集中しやすくなるものや集中しやすくなるレイアウトなども存在します。今回はそんな集中しやすい特徴やレイアウトについて解説していきます。

理想のレイアウト

集中出来る部屋

勉強に集中できる部屋にするためにはレイアウトを整えることが必須です。上記でも記述したとおりレイアウトは集中出来るかどうかに大きく関係してきます。

集中出来るレイアウトが完成するように理想の勉強部屋に共通する大まかなレイアウトの特徴や項目(机の位置・使うべき照明の特徴・棚の位置)について紹介していきます。

特徴①レイアウト

一つ目の特徴は「レイアウト」です。レイアウトとはデザインや設計という意味があります。理想の勉強部屋は必ずと言っていいほどレイアウトを工夫して集中しやすいようにされています。

つまりデザインがよく目で見た際に視覚的情報がごちゃごちゃしていないので集中して勉強することが可能になります。

特徴②部屋の色合

二つ目の特徴は「部屋の色合い」です。ここでの色合いとは主に壁や机や椅子などの色のことを示します。壁や机などは勉強していても常に視界に入ってきているものなので気を遣って集中しやすい色にするといいでしょう。

特徴③必要最低限のものだけ

三つ目の特徴は「必要最低限のものだけ」です。どういうことかというと、勉強部屋に必要最低限の勉強道具だけを持っていくということです。不必要なものを持っていってると意識が勉強以外に向いてしまう可能性があるので勉強部屋は必要最低限のものだけにするとよいでしょう。

理想の机の位置

勉強において一番と言ってもいいほど重要な机に関してのレイアウトを説明していきます。

ここで一つ質問します。現在机を壁際に寄せて設置していませんか?実はこれ少しNGです。なぜなのかは下の「NG机の位置」で説明します。

一体、理想の机の場所はどこなのか。。。

まず壁際に寄せて設置することは避けるようにしてください。次に窓がある場合は出来るだけ窓の外が出来るだけ見えないようにしてください。

また窓から光が差し込む場合があるので、右利きの方は窓を左側に来るように左利きの方は窓が右側に来るように机を動かしてみてください

理想の照明

照明にも集中できる法則があるのか、、、?と思いましたよね。

実は照明にも集中をしやすくする色合いや明るさが存在しているのです。正直、照明の色を決めるって言うのは細部にまでこだわりすぎでは、、、となる部分ですが少しでも集中力を上げたい方にはオススメしています。

照明の色には主に3種類の「電球色」「昼白色」「昼光色」があります。それぞれの特徴を説明します。

  • 電球色

➡暖色系の明かりでよく「オレンジ電球」と言われたりします。暖かみのある光で目に対しても比較的優しく落ち着きのある明るさになっているので寝室などリラックス目的の場所にピッタリです。

  • 昼白色

➡一番身近にある太陽のあかりによく似ている電球になります。自然な明るさが特徴で基本的にどんな部屋にも合います。リビングなどに多く使用されている色の電球でもあります。

  • 昼光色

➡上の二つの色に比べて白っぽさが強く青みがかった一番明るいとされている色です。この青みがかった色合いが脳を覚醒させる効果があり、最も集中力を高めやすい電球と言われています。

と言うことで一番オススメな照明の色合いは「昼光色」になります。逆にベッド付近ですとリラックス効果のある「電球色」が一番オススメです。

理想の棚の位置

実は本棚の置く位置は一番重要です。

本棚には色んな参考書や本や漫画などが置いてあると思います。ですので本棚は出来るだけ勉強机に座った際に視界にはいらない場所に設置してください。

そうすることで、他の参考書に目移りすることなく一つのことに集中出来ます。また勉強中に参考書の山を見ずに済むのもメリットの一つですね

勉強に集中出来ないNG部屋の特徴

NGポーズをとる女性

そうはいっても「私の部屋はそんなに散らかってないし比較的集中しやすい方なんじゃ、、、」なんて思っていませんか?理想の集中部屋に特徴があるようにNG部屋にも特徴が存在しています

知らず知らずのうちに集中力が削られてパフォーマンス能力が低下している可能性もあります。特に脳は気づかないうちにストレスだと感じることは多いので脳の負担を減らすためにもNG部屋にならないように注意していきましょう。

以下のことに当てはまっていたら、NG部屋のリスクが上がるのですぐに変更することをオススメします。

NG部屋の机の位置

NG部屋の机の位置について紹介していきますね。

上記に記載している「理想の机の位置」で少しだけ説明しているのですが、NG部屋の特徴として壁際に机を寄せている方が多く見受けられます

なぜ壁際に寄せてはいけないのか。。。壁際に寄せてしまうと机の前に壁がありスペースが潰されてしまいます。目の前にスペースがなくなると圧迫感が生じて、ストレスを感じやすくなってしまいます

ですので机が壁についている部屋はNG部屋の可能性大です。

NG部屋の椅子の特徴

NG部屋の特徴は椅子にもあるのです。

そもそも椅子がどんな役割をするのかというと良い椅子は勉強の大敵である「疲労」を溜まりにくくして長時間座ることが可能になります

しかし悪い椅子は「疲労」を増やしてしまい、すぐ体が疲れてしまいます

自分にあった椅子を見つけれていないとNG部屋のままです。オススメの椅子は「少し堅いもの」を選ぶようにしてください。柔すぎず、堅すぎず、少しだけ堅いというのが姿勢改善にもなり集中力もアップします。

勉強部屋にあってはいけないもの

棚の上にある置物

勉強部屋にあってはいけないものを紹介していきます。ここで紹介するものは勉強部屋にあるだけであなたの集中を根こそぎ奪い取り集中という理想から遠ざけてしまうものです。

読んだ後に部屋を確認してみて「あってはいけないもの」がある場合は十分注意してください。

部屋に「あってはいけないもの」は主に以下の二つになります。

誘惑してくるもの

勉強部屋にあってはいけないものとして、誘惑してくるものは絶対に除外してください。

誘惑してくるものの具体例としては「ゲーム」「スマホ」「漫画」などがあります。

これらを使用するときは脳から快楽物質である「ドーパミン」が放出されているので離れることが難しくなってしまいます。さらに勉強中でもそれらの存在が気になり集中出来ず勉強が捗らなくなります。

ですので必ず「誘惑してくるもの」は勉強部屋に持ち込まないようにしてください。

集中を邪魔してくるもの

「集中を邪魔してくるもの」について解説していきます。簡単にお伝えすると「動くもの」です。

例えばですが「小動物系」「車」「通行人」といったものは勉強中の視界に入ってきてチラチラするので集中していた「気」が乱されます。ですので机は窓が見えないように置くことがオススメなのです。

ペットなど飼っているご家庭では勉強時間中は部屋に入れないようにしてください。

勉強に集中出来るアイテムの色合い

集中できる青色の部屋

実は集中する上で視界に入るものの色合いはかなり重要になってきます。

集中しやすい色や脳が覚醒して暗記がしやすくなる色なども存在しています。

以下の内容にはレイアウトなども含めた上での理想の色選択をしているので集中する勉強部屋を作る際には参考にしてみてください。

机の色合い

机の色合も非常に大切です。なぜなら、勉強中常に机は視界にあるので色合いを以下のものにすると集中力アップにつながります。

単刀直入に机の色は床もしくはカーペットと同じ色にしてください。なぜかというと視界に複数色があるとチカチカして集中力が途切れることがあるからです。

しかし、机は買ってしまっていて今から色を変えるのは難しいかもしれません。その際はカーペットなどを変更してみたりと勉強中に複数色が目に入らないようにしてください

机まわりの色合い

机周りの色合いとは主に筆箱やシャーペンなどの勉強中に視界に入る小物の色合いになります。上記に示しているように色には、脳を覚醒させたり集中力を上げるものが存在しています。

ここで紹介するのは、集中力と持続力を高めてくれる色を知っていますか?その色とは「青」です。心理学的に「寒色系」の色は「暖色系」の色よりも気持ちが締まりやすいとも言われています。

また、「青色」は脈拍を落ち着かせて、精神集中する時やリラックスする時に出る脳波のα波が増えているという研究結果も出ています。ですので、ペンや筆箱などの小物は青色にすることをオススメします。

今から出来る勉強部屋を自習室へ大変身させる方法

きれいな部屋の全体像

自宅の勉強部屋を図書館などにある集中出来る自習室に大変身させたいですよね?

自習室の特徴は「集中しやすい机」「座り心地がちょうど良い椅子」「邪魔者のいない空間」ですよね。

これらはすべて上に記載されています。ですので集中するための部屋を作るにはこの記事に従って部屋作りをしてみてください。

まとめ

勉強に集中出来る部屋の解説はどうでしたか?色合いなども勉強中の脳に影響してくるので気を配るようにしていきましょう。レイアウトや色合いなどは変更しようと思えば今すぐにでも出来ると思うので、集中力アップのためにも是非やってみましょう。

また、こちらの記事に勉強に集中する方法をまとめているので、具体的にどのような集中方法があるのかを見たい人はぜひ読んでみるようにしてください。

勉強に集中する方法まとめ

【集中できない高校生へ】勉強に集中する方法まとめ

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載