勉強中の肩こりを防ぐ方法と治す方法を解説!

勉強中の肩こりを防ぐ方法と治す方法を解説! コラム



勉強していると肩がこるという経験はありませんか?ずっと同じ姿勢で机に向かっていると血が通いにくくなり、肩こりにつながります。肩がこると当然集中力が下がってしまいますよね。今回は肩こりを治して勉強に集中できるように、勉強の合間にできる肩こり改善方法をご紹介します!

肩こりが起こる理由は何?

肩こりが起こる理由は何?

長時間勉強をしているとどうしても肩が凝ってつらいですよね。いったいなぜ肩こりが起こるのでしょうか。肩こりの原因は筋肉の酷使です。人間は重い頭を支えるために背骨、首と肩の筋肉を使っています。長時間同じ姿勢でいると、頭を支えるために肩の筋肉を使いすぎてしまい、その結果肩こりが起こっているのです。

 

姿勢を正して肩こりを予防する

姿勢を正して肩こりを予防する

まずは肩こりが起こらないように予防することが大切です。正しい姿勢で椅子に座れば肩や腰がこりにくくなります。正しい姿勢とは、背筋を伸ばすことです。必死に勉強していると、どうしても前かがみの姿勢になってしまいますよね。前かがみの状態だと頭を支えるために首や肩の筋肉に負担がかかります。背筋を伸ばすと背骨が頭を支えるので筋肉を酷使することはなくなります。その結果肩こりも起きないというメカニズムです。

 

学校の先生や親が「姿勢を正しなさい」と言うのは見栄えがいいとか行儀がいいという理由だけでなく、身体にも頭にもいい影響を与えるからです。これまで前かがみで勉強をしていたあなたは、今日から背筋を伸ばしてみましょう。

勉強中の姿勢についてはこちらの記事にまとめているので、気になる方は是非ご覧ください。

【集中力アップ】勉強時の正しい姿勢とは

2018.02.13

肩がこってしまったら勉強の合間にストレッチをしよう

背筋を伸ばして肩こりを予防していたつもりでも、肩がこってしまうことはあります。そんな時にすぐできるストレッチがいくつかあるので覚えておいてください。

肩甲骨周りの筋肉をほぐすストレッチ

腕を後ろに回して手を組みましょう。そして胸を反らしながら伸ばしていきましょう。次に腕を前に伸ばして手を組み、身体を前に倒しながら伸ばしていきましょう。肩甲骨が閉じたり開いたりして、肩甲骨の周りの筋肉をほぐすことができます。

左右の肩をゆっくり回す

両手を肩の上においた状態でゆっくり肩を回しましょう。早く回しすぎると図書館や自習室であれば悪目立ちしてしまいますし、骨にもよくないので注意しましょう。前と後ろに5回ずつくらいゆっくり回すことで血流が良くなって肩こり特有の重い感じがなくなります。

適度な力で揉んだり叩いたりする

肩のこのあたりが特に痛いという感触があればその部分を適度な力で揉んだり叩いたりしましょう。肩こりをほぐすには弱すぎず強すぎない、適度な力で刺激することが必要です。近くに友達がいる場合は、友達に肩を揉んでもらうのもいいでしょう。勉強の息抜きにもなると思います。

まとめ

勉強をしていると起こりやすい肩こりと、肩こりを防ぐ方法、肩こりを治すための方法をご紹介しました。肩こりが発生するのは頭を支えるのに肩の筋肉を酷使しているからです。肩こりを防ぐには姿勢を正すことが重要で、実際に肩がこってしまったら前後に伸ばしたり回したりして、筋肉をほぐすことが大切です。

 

また、以下の記事で、効率的に受験勉強をしていくための方法を紹介しています。受験勉強の進め方や勉強法に困っている方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

2018.01.05

この記事を書いた人

受験コーチ「むー」

2011年〜2016年まで、個別指導・集団塾で講師として受験指導、講師向けの指導法講演も行いながら、2014年には自身の「地頭勉強」を継承するオンライン塾を立ち上げ、述べ2000人以上の受験生を指導してきました。 教え子を、京都大学・大阪大学・東京理科大学・筑波大学・早稲田大学・同志社大学などの大学へ合格に導き、現在も「受験コーチ」として活動を続けています! ▶︎詳しいプロフィールはこちら

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載