【和田式コーチング塾】参加者の声

💮合格💮 東京大学文科Ⅱ類

H.K君『人生に逆転ドラマが起こりました』

僕は、高校2年生の時に、日本一の大学で勉強したいと思い、東京大学を志望しました。しかし、入試まで残り1年を切った時点での僕の模試成績は、偏差値55程度。偏差値70を超える最難関の東京大学にはとても届かない成績でした。

進路指導の先生に相談したら、「身の程を知れ!」と一蹴され、親からも心配されて、東京大学を受験することを周りの人は誰も応援してくれませんでした。しかし、そんな僕の夢を初めて信じて応援してくれたのが和田先生でした。

「残り一年もあれば君は東大生になれる」と力強い言葉をいただきました。僕はその言葉と和田先生が僕の合格に本気で向き合ってくれる姿勢に押されて、一年間必死で勉強しました。その結果、東京大学文科II類に現役で合格することができました。

高校3年生の初めて成績は中の中で、東大なんて雲の上の世界だと自分も周りも思っていました。しかし、和田先生との出会いで人生にドラマを起こすことができました。和田先生のメソッドは、あなたの人生に逆転ドラマを起こすことを僕は保証します。

💮合格💮 早稲田大学スポーツ科学部

H.Y君『僕は部活しかやってきませんでした』

バスケ部で全国大会を目指していたので、学校の勉強もままならないまま、部活を引退した高校3年の8月から本格的に受験勉強をスタートしました。それでも、自分の好きなスポーツを学べる早稲田大学を目指すことを決意しました。最初は、先生や友人からも「無謀な挑戦だ」とバカにされ、模試でももちろんE判定・・・。

かなり悔しい思いをしていました。11月くらいまでは、全く成績が伸びませんでしたが、12月から模試の成績に変化がありました。その時出会ったのが「受験の方程式」です!

12月の時点でD判定だったところから、メキメキと成績が伸び、最後の模試ではなんと、B判定が出ました。

最終的に第一志望の早稲田大学のスポーツ科学部に合格できました。成長していく感覚と、合格発表時の喜びは今でも忘れられません。

💮合格💮 慶應義塾大学商学部

T.Mさん『和田先生の受験勉強法は革命でした』

高校3年生の夏に部活を引退した直後、「ライバルに追いつかなければいけない」という焦りの気持ちがありました。

夏休みは毎日14時間勉強を続けました。しかし、8月末の模試では、合格判定はE判定。このままでは間に合わないという絶望がありました。合格するためには勉強法を変えないといけないと思い、書店で受験勉強の本を探していた時に、和田先生の本に出会いました。

1ページ目から今までの常識とは真逆のことが書かれていて衝撃的でした。しかし、和田先生の実績は信頼できるものだったので、本に書かれた勉強法を信じて秋から取り組みました。すると、今まで成績が上がらなかったのが嘘のように、模試でもグングン成績が伸びていきました。

「これはいける!」という実感を受験1ヶ月前に持つことができ、無事に慶應大学の商学部に合格することができました。和田先生からは、「戦略と戦術」をしっかり考えて実践すれば夢は叶うということを教わりました。本当に感謝です。

💮合格💮 上智大学総合グローバル学部

T.Mさん『偏差値43の工業高校という最悪なスタート』

もともと家庭が貧困で母子家庭なんです。就職前提で工業高校入ったけど、先輩達を見た時に、高卒で就職してボロボロになってる先輩達を見て、高卒だと、学歴がないとこんな最悪な状態に陥ってしまうと感じてしまい、良い大学出て大企業入らねば!と思ってグローバル化が進んでてそれに対応できる人間になりたいと思って上智の総合グローバル学部を目指しました。

しかし、就職するための工業高校だったので、全然、受験は対応していません。そもそも受験勉強何からしたらいいかわからないかったんです。そんな時に「受験の方程式」に出会ってしまいました。ずっとバスケ部の活動で勉強する時間すら取れなかった私が、まさか上智に現役合格してしまうなんて思ってもなかったです。

上智の合格発表の瞬間はめっちゃ嬉しかったのを覚えています。工業から上智なんて無理に決まってるだろ!って言ってくる先生や友達から、手のひらを返すかのように、「お前すげぇな!」って言ってもらえるようになったりして、人生を変えることができたと思っています。本当にありがとうございました。

💮合格💮 新潟大学医学部

A.Mさん『浪人生活の中に差し込んだ光のような存在でした!』

浪人も2年目に入ってしまい、いよいよ失敗が許されなくなってきたと焦っていました。「自分には才能がないのかもしれない…」「いつまでも夢を追うわけにはいかない…」と、医学部を諦めかけていました。そんな私に、友人が勧めてくれたのが「受験の方程式」です!何年も通った予備校では教わらなかった受験との向き合い方を知りました。

私の受験への取り組み方が一気に変わり、焦りや不安が消えて、悩むことがなくなりました。「受験の方程式」と出会ってから受験本番まで1年もありませんでしたが、見違えるほど成績が伸びました。特に苦手だった数学は、夏までセンターも8割取れなかったのが、12月の記述模試で偏差値が70を超えました!

その年に、念願の国立医学部に合格し、今は毎日楽しい生活を送っています。心から感謝しています。

💮合格💮 神戸大学工学部

T.H君『いつもバカ扱い』

高校1年生から授業には全くついていけず、勉強をしても成績はクラスでも学年でも下から数えた方が早かったです。そんな中、高校3年生になって大学受験を流れで始めたものの、それまでのツケが多すぎて、何から始めたらいいのかもわからず、先生の言うことも全く理解できないままでした。

ですが、大学はもうバカにされるのは嫌だと思って、関西でも国立のトップ層にある神戸大学を志望しました。なんかカッコよさそうって単純な動機でもありました。「よし!勉強しよう」と心に決めて、3ヶ月ぐらいなんとか机に食らいついて、真剣に頑張りました。でも、結果は偏差値は40代でE判定。自分が情けなくなりました・・・。

そんな時に出会ったのが和田先生の「受験勉強入門勉強法マニュアル」でした。これに出会ってから、28日後の模試で一気にC判定まで上がったのは僕自身も信じられませんでした。前回がE判定だったところから一気に偏差値は20も上がって、判定も2ランクアップです。

そこからも和田先生の勉強法の通りにこなすだけで勝手に成績も上がっていき、ついには成績が一度も下がらず、偏差値67、A判定まで余裕で辿り着きました。センター試験本番では過去最高点、二次試験も解き切っても時間が余る、そんな余裕な状況で合格を勝ち取れました。

自分でもあれだけ落ちこぼれていたのに、合格できたのは、和田先生の勉強法があったからです。

和田式コーチング塾の詳細・資料請求はこちら

【和田秀樹監修】和田式コーチング塾