【受験期にできるニキビ】原因・治し方・予防法を徹底解説!

【受験期にできるニキビ】原因・治し方・予防法を徹底解説! その他

「自分の顔を鏡で見るたびに嫌な気持ちになる・・・」

「できる限り人に見られたくない・・・」

「常にマスクをしてじゃないと外出できない・・・」

受験期にニキビや肌荒れが悪化してしまう受験生も多いですよね。知らないうちにニキビができているなんてこともよくあります。

受験生の中には、大学生活を楽しみたいという想いを持って受験勉強を頑張っている人もいると思います。その反面、ニキビや肌荒れがひどい状態で大学入学を迎えたくないですよね。

入学式では写真を撮ったり、友達を作るために同じ学科の人たちと話したりする機会もあると思います。そんな楽しみで仕方がない大学生活をニキビのせいで楽しめないなんてことになったらもったいないです。

受験勉強のストレスや生活習慣によってできる受験期のニキビ。

「しっかり治したいけど、受験勉強が忙しくてなかなか時間やお金もかけられない…」こんな思いを抱えている受験生も多いと思います。でも放置すると今後ずっとニキビ痕になる可能性もあります。

そんな受験生のために今回の記事では、受験期にできるニキビの原因や治し方、予防法などをまとめました。

ニキビができる原因

ニキビができる原因とは?

そもそもニキビができる原因は何なのでしょうか?

ニキビができる大きな原因は以下のことがあげられます。

  1. 毛穴の閉塞
  2. 皮脂の過剰な分泌
  3. 「アクネ菌」というニキビの元となる菌の繁殖

肌は、約28日のサイクルで角質がはがれおちて新しい皮膚細胞に生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。通常、皮脂は毛穴から汗とともに排出されますが、ターンオーバーがうまくいかない場合、毛穴の角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がれ、皮脂が詰まってしまいます。
そうすると、皮脂を栄養源にしている「アクネ菌」が過剰に繁殖し、炎症を起こして発疹ができる、つまりニキビとなります。

引用:くすりと健康の情報局

このような理由でニキビができます。

そして、特に受験期間では、「食生活の乱れ」「ストレス」「睡眠不足」などが肌に悪影響を及ぼします。

 

では、なぜ受験期にはニキビができやすくなってしまうのでしょうか?

受験期にニキビが増える理由

ここでは受験期にニキビが増える理由を紹介していきます。

学校や受験勉強でのストレス

受験期にニキビが増える理由は学校や受験勉強でのストレスから

思うように成績が伸びなかったり、友達との人間関係の悪化したりして不安や悩みを抱えるとニキビができやすくなります。

ストレスを感じたときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、ストレス反応が持続すると脂性肌になってしまいます。また、男性ホルモンには肌を固くしてしまう性質もあり、毛穴が収縮して詰まりやすくなるのです。こうして皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こす…いわゆるニキビが出来てしまうわけです。

引用:ニキビ研究所

この記事で受験におけるストレスについて主な症状から解消法までを詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

受験におけるストレスの症状や解消法を詳しく解説!

受験勉強のストレスの症状と解消法

睡眠不足

受験期にニキビが増える理由は睡眠不足から

受験生は、夜遅くまでの勉強や徹夜での勉強をしてしまいがちですが、それによる睡眠不足もニキビを増やす原因になります。

睡眠は、ただ体を休めているのではありません。

成長ホルモンなどを分泌しながら新陳代謝を繰り返し、皮膚や骨、筋肉などを新しく作ったり、修復したりしているのです。
つまり寝る時間が短かったり、眠りの質が悪いと、新しい皮膚がちゃんと作られないことになります。

また、睡眠不足では肌の免疫力も下がり、にきびが悪化しやすくなります。
加えて、不規則な睡眠はホルモンバランスを乱す原因にもなるため、さらににきびが悪化してしまいます。

引用:Kracie

志望校に合格したいという思いで、受験勉強に打ち込むことは本当に素晴らしいことですが、頑張りすぎは身体によくありません。

肌は睡眠中に活発に細胞分裂を行うため、肌をすこやかに生まれ変わらせるのに十分な睡眠は欠かせません。

食生活の乱れ

受験期にニキビが増える理由は食生活の乱れから

受験生の中には、勉強に集中したいがために食事を抜いたり、逆に勉強の合間に間食としてお菓子を食べ過ぎてしまったりする人もいると思います。

少しでも心当たりのある方は要注意です。毎日の食事は、肌の状態、そしてニキビに大きく関わってきます。

欠食や暴飲暴食、間食をできるだけ控え、しっかり1日3回のバランスの良い食事を摂りましょう。

 

では、実際にニキビができてしまったらどう治していけば良いのでしょうか?

受験期にできたニキビを治す方法

受験期にできたニキビを治す方法

このパートでは、ニキビができてしまったらどうすれば良いのかを解説していきます。

皮膚科への受診

短期間で素早くニキビを治したいのであれば、一番手っ取り早いのは皮膚科への受診です。

風邪やインフルエンザにかかってしまった時に病院に行くように、肌にニキビができたら皮膚科に行くことがベストです。

皮膚科では、ニキビ治療の全体像や治療目標の説明、ライフスタイルを考慮したそれぞれ個人個人の肌にあったニキビ治療を提案してくれます。

主なニキビ治療は薬物療法で、症状にあった治療薬が処方されます。生活上での注意などのアドバイスなども受けられます。

費用も約2000円でそこまで高くはありません。保険診療内なのでこの費用に抑えられます。

皮膚科へ受診して、きちんと処置を受ければニキビの大元である毛穴に詰まった皮脂を取り除くことができるので、ニキビが治るまでのスピードが圧倒的に早いです。

絶対に触らない

ニキビは風邪などと同様に、自然に治るものです。潰して膿を出すような間違ったケアをすることでひどい跡になってしまう可能性が高くなります。

なので、ニキビができたら絶対に触ったり潰したりしないようにしてください。

ビタミンBを摂取する

ビタミンBを摂取することもおすすめです。

ビタミンBは、ニキビの原因となる糖質や脂質の分解をサポートしてくれるため、ニキビの修復からニキビができにくい肌の状態を保つことにつながります。このビタミンBは、サプリメントで簡単に摂取することができます。

受験期にできるニキビをなくすための予防

ここでは、ニキビを増やさない、なくすためにできる予防法をお伝えしていきます。

食生活を見直す

受験期にできるニキビをなくすための予防は食生活を見直すこと

まず第一に、食生活を見直してみましょう。

脂っこい食事やインスタント食品、スナック菓子の食べ過ぎには要注意です。これらの食品には脂肪分や糖分が多く含まれており、皮脂の栄養となってしまいます。

この脂肪分や糖分を過剰に摂取してしまうと、肌を健全に保つビタミンBが大量に代謝に消費されて不足してしまいます。そして、皮脂を分泌するコントロール機能が乱れてしまい、脂っぽい肌になることでニキビができることにつながります。

先ほども説明したように、深夜の暴飲暴食やお菓子・揚げ物の食べ過ぎには十分気をつけて、1日3食のバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

受験生が食事で摂取すべき栄養素をまとめた記事がこちらになります。現在食生活が乱れていると感じている方は、ぜひこちらの記事に目を通すようにしてください。

受験生と食事は切り離せない!?

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

しっかり睡眠時間を確保する

受験期にできるニキビをなくすための予防はしっかり睡眠時間を確保すること

こちらも先ほどお伝えしたように、睡眠不足や質の悪い睡眠は肌に悪影響を及ぼします。

そのため、十分な睡眠時間と質の良い睡眠をとるようにしてください。肌の影響を考慮した理想の睡眠時間は、6〜8時間です。

また、この記事で、受験生の理想の睡眠時間と睡眠の質を高める方法を詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

正しい方法で洗顔する

受験期にできるニキビをなくすための予防は正しい方法で洗顔すること

正しい方法で洗顔するようにしましょう。間違った方法で洗顔することは肌を傷つけることにつながります。

洗顔料を使った洗顔は朝と晩の1日2回が目安です。

具体的な洗顔の方法は、まず洗顔料をよく泡立てます。よく泡立てた泡で洗顔することによって肌を傷つけることなく汚れを落とすことができます。この際には泡立てネットなどを使ってきめ細かな泡を作り出すことがおすすめです。

その次に、洗顔する手と肌が直接触れないように、泡立てた洗顔料を優しく広げて洗っていきます。そして最後は、清潔なタオルで水分をしっかりと拭き取ってください。

この肌を傷つけない正しい方法で洗顔するようにしましょう。

スキンケアをする

受験期にできるニキビをなくすための予防はスキンケアをすること

ニキビができにくい肌環境を作り出すためにスキンケアも大切になってきます。

肌を清潔に保ってにきび肌に適したうるおいを補給し、毛穴のつまりを防ぎましょう。

洗顔後には肌を乾燥させないように、化粧水と乳液などを使用してしっかりと肌に潤いを与えることが大切です。この肌を乾燥させないこともニキビを増やさない予防になります。

すぐに肌は乾燥してきてしまうので、洗顔後5分以内に化粧水や乳液で保湿しましょう。

こまめに枕カバーとタオルを替える

受験期にできるニキビをなくすための予防はこまめに枕カバーとタオルを替えること

枕カバーやタオルは直接肌に触れるものです。そのため、清潔な枕カバーやタオルでないと肌を傷つけ、逆にニキビを促進させてしまいます。

ニキビを予防するために、こまめに枕カバーやタオルを替えるようにしてください。

ニキビ肌におすすめの洗顔料・化粧水

ここでは、ニキビ肌におすすめの洗顔料と化粧水をそれぞれ3つずつ紹介します。

今回紹介するものはすべて、価格がそこまで高くないものを選んだので、ニキビで困っている受験生はぜひ参考にしてみてください。

ニキビ肌におすすめの洗顔料

まずは、ニキビ肌におすすめの洗顔料を紹介します。

明色美顔薬用石鹸(明色化粧品)

ニキビ肌におすすめの洗顔料『明色美顔薬用石鹸(明色化粧品)』 ニキビ肌におすすめの洗顔料『明色美顔薬用石鹸(明色化粧品)』のリンク

メンソレータム アクネス ニキビ予防薬用ふわふわ泡洗顔(アクネス)

ニキビ肌におすすめの洗顔料『メンソレータム アクネス ニキビ予防薬用ふわふわ泡洗顔(アクネス)』 ニキビ肌におすすめの洗顔料『メンソレータム アクネス ニキビ予防薬用ふわふわ泡洗顔(アクネス)』のリンク

Dove ニキビケアクリーミー泡洗顔料(ダヴ)

ニキビ肌におすすめの洗顔料『Dove ニキビケアクリーミー泡洗顔料(ダヴ)』 ニキビ肌におすすめの洗顔料『Dove ニキビケアクリーミー泡洗顔料(ダヴ)』のリンク

ニキビ肌におすすめの化粧水

続いて、ニキビ肌におすすめの化粧水を紹介します。

薬用アクネローション(ユースキン)

ニキビ肌におすすめの化粧水『薬用アクネローション(ユースキン)』 ニキビ肌におすすめの化粧水『薬用アクネローション(ユースキン)』のリンク

薬用スキンコンディショナー(オードメディカ)

ニキビ肌におすすめの化粧水『薬用スキンコンディショナー(オードメディカ)』 ニキビ肌におすすめの化粧水『薬用スキンコンディショナー(オードメディカ)』のリンク

大人のニキビ対策 薬用美白化粧水(肌美精)

ニキビ肌におすすめの化粧水『大人のニキビ対策 薬用美白化粧水(肌美精)』 ニキビ肌におすすめの化粧水『大人のニキビ対策 薬用美白化粧水(肌美精)』のリンク

まとめ

最後にもう一度、「ニキビができた時の対処法」と「ニキビを予防するための行動」をおさらいしておきましょう。

ますは、ニキビができた時の対処法は以下の通りです。

ニキビができてしまったら…

  • 皮膚科に受診する
  • 絶対にニキビに触れないようにする
  • ビタミンBを摂取する

そして、ニキビを増やさない、予防するために徹底することはこちらです。

ニキビを予防するために…

  • 1日3食バランスの良い食生活をする
  • 毎日6〜8時間睡眠する
  • 朝と晩の1日2回洗顔する
  • 洗顔後5分以内に化粧水と乳液で保湿する
  • こまめに枕カバーとタオルを替える

ニキビを増やさない、予防するためには、大前提としてしっかりとした生活習慣が大切になってきます。

特に睡眠不足は、今回紹介した肌への影響はもちろん、集中力の低下や免疫力の低下にもつながります。受験生に悪影響しか及ぼしません。

今日からしっかりとした睡眠をとって、肌も体調も万全な状態で受験に挑めるようにしてください!

 

また、以下の記事で、効率的に受験勉強をしていくための方法を紹介しています。受験勉強の進め方や勉強法に困っている方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

大学受験を制覇するための効率の良い勉強法!

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

【限定公開】偏差値46.8から早稲田に逆転合格した方法を今だけ公開します