受験生が受験期に太る理由と太らないための対策

受験生が受験期に太る理由と太らないための対策一覧 コラム



「あー、また体重増えた・・・」

「日に日に太っていく・・・」

「ダイエットしたいけど受験勉強でそれどころじゃないし・・・」

こんな悩みを抱えている受験生も多いのではないでしょうか?

実際に「受験期間に痩せた」という受験生より、「受験期間になってどんどん体重が増えた、太った」という受験生のほうが多いですよね。

では受験期間に太らないためにはどうすればいいのでしょうか?

今回の記事では、そんな「受験生が太る理由と太らないための対策」を紹介していきます。

受験生が太る最大の要因

受験生が太る最大の要因

最初に受験生が太る最大の要因を紹介します。

受験生が太る最大の要因。それは消費カロリーを摂取カロリーが上回るからです。

正直当たり前のことですよね。笑

当たり前のことですが、このことをしっかり理解できずに「どんどん太っていく・・・」と嘆いている受験生も多く存在します。

ではなぜそのような状況になるのかを考えていきましょう。

受験生が太る原因

まずは受験生が太る原因を6つ紹介していくので、今の生活を思い返してみてこの原因に当てはまっている人は改善するようにしてみてください。

ストレスで食べ過ぎてしまう

受験生が太る原因はストレスで食べ過ぎてしまうから

受験勉強でたまったストレスの影響で、必要以上に食べてカロリーを摂取し過ぎてしまうことは受験生が太る大きな原因のひとつです。

受験期間はストレスが多くたまりますよね…。その気持ちはよくわかります。

したくもないことをやらないといけないストレス、今やっていることが本当に結果に結びつくのかなという不安。

しかし、これらの受験勉強のストレスを発散する場所が食にいきがちになります。それが続くと、結果としてどんどん太っていくことにつながっていきます。

夜食や間食が増える

受験生が太る原因は夜食や間食が増えるから

受験勉強をしていると夜食や間食が増えてしまいます。

夜遅くまで起きていてお腹が空きます。普段から食べている3食に加えての夜食の存在は、カロリーの摂りすぎになります。夜食のカップラーメンほど恐ろしいものはありません。

さらに、勉強中にお菓子を食べてしまう受験生も多数いるのではないでしょうか。人間の脳の構造上、人は勉強していると甘いものが欲しくなります。

ただ、甘いものはカロリーが高いですよね。この間食で食べる甘いものの影響で太ってしまいます。

座る時間が長くなる

受験生が太る原因は座る時間が長くなるから

勉強時間が長くなると必然的に座る時間も長くなります。

長時間椅子に座ると、足の血行が悪くなって代謝が悪くなります。そして、脂肪がつきやすくなります。

結果として、足を中心にどんどん体が太くなっていくという状況になります。

長時間は座りすぎず、休憩中は立ったりストレッチをしたりするなどの工夫をしてください。

運動をしなくなる

受験生が太る原因は運動をしなくなるから

特に部活をやっていた人は、今まで毎日のように運動したり体を動かしていたりしていた状態から、1日何時間も椅子に座って勉強する受験勉強の生活に一変します。

急にほとんど運動をしない日常になることによって、消費されるカロリーも格段に少なくなっていきます。

その結果、脂肪が燃焼されずに太ってしまいます。

食生活の切り替えができていない

受験生が太る原因は食生活の切り替えができていないから

これも特に部活をやっていた受験生に多い状況です。

部活をやっていた現役時代の食生活で受験期を過ごすと、カロリーの摂取量と消費量が釣り合わなくなります。

そうなると当然、太るという結果になってしまいます

若いから大丈夫だろうという油断

受験生が太る原因は若いから大丈夫だろうという油断から

若さに油断をして「別に何も気にせずに食べても大丈夫でしょ」と思っている受験生も多く存在します。

たしかに若い頃のほうが基礎代謝は良いです。しかし、それに甘んじて暴飲暴食を繰り返せば、当然体重は増えていく一方です。

特に受験シーズンはストレスもたまって暴飲暴食になってしまいがちですが、適度に食事を摂るように心がけましょう。

受験太りを防ぐ対策

ここまで受験生が太る原因を紹介してきましたが、太らないために工夫できることもあります。

なので、このパートでは受験期間に太らないための対策を紹介していきます。

食べ過ぎない

受験太りを防ぐ対策は食べ過ぎないこと

消費カロリーが少なくなる受験期だからこそ食べ過ぎには要注意です。

そんな中でできることとしては、

  1. お米の量を調節する
  2. 油っぽい料理を控える
  3. よく噛んで食べる
  4. 夜食や間食のことも考えて1回に食べる量をコントロールする
  5. 満腹はやめる

ということが挙げられます。

特に食事の際には、よく噛んで食べることと、腹八分目までに抑えることを意識するようにしましょう。お腹いっぱいまで食べると眠くもなってしまいます。

この記事で受験生におすすめの食事と栄養素を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

受験生と食事は切り離せない!?

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

夜更かしをしない

受験太りを防ぐ対策は夜更かしをしないこと

夜遅くまで勉強しているとお腹が空くのは当然のことです。「夜食を食べてあと少し頑張ろう」という考えにもなりかねません。

だからこそ夜遅くまで勉強することはやめて早く寝るようにしましょう。早く寝ることで、適切な睡眠時間を取って、睡眠の質を上げることは勉強の効率を高めることにもつながります。

睡眠時間を削って勉強するのは勉強効率も悪くなります。なので、夜更かしをせずに早めに寝ることを心がけましょう。

こちらの記事で勉強と睡眠の関係性について詳しく解説しているので、ぜひ読んでください。

大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

姿勢を正す

受験太りを防ぐ対策は姿勢を正すこと

勉強時の姿勢が悪いと太る原因になります。

なので、姿勢を正すことも太らないための対策として必要になってきます。

また睡眠同様、勉強時の姿勢は勉強の効率にも大きく関わってきます。

勉強時の姿勢についての詳しい解説はこちらの記事でしているので、受験生はこちらの記事を読むことをおすすめします。

勉強する時の正しい姿勢

【集中力アップ】勉強時の正しい姿勢とは

適度に運動をする

受験太りを防ぐ対策は適度に運動をすること

簡単なことでいいので適度な運動習慣をつけることは大切です。

ストレッチをすると体の血行が良くなります。血行が良くなると頭が働くので、勉強の休憩中に行うと効果的です。

その他にも、休憩中に簡単にできる運動として、体幹やヨガもおすすめです。

また、日常の行動にダイエットを意識した運動を取り入れてみてください。例えば、早歩きで歩いたり、駅でエスカレーターではなく階段を使ったりなどといったことです。

このように普段から簡単な運動を意識して過ごせば太りにくくなります。

この記事内で受験生におすすめの運動を紹介しています。よかったら読んでみてください。

大学受験生の運動不足の影響と解消法

大学受験生の運動不足の影響と解消法

結果を出す

受験太りを防ぐ対策は結果を出すこと

多くの太る原因は、受験期間にたまるストレスによるものです。そのたまったストレスを発散するために間食を摂りすぎたり、暴飲暴食をしたりしてしまいます。

そのストレスをためないために、一番効果があるのが目に見える結果を出すことです。

テストや模試でしっかり点数を取ることで、自分が成長しており目標にも近づけている実感も湧いてストレスがたまりにくくなります。

同じことをやっていてもできたほうが楽しいし、楽しいとストレスがたまりにくくなることにつながります。

太らないための対策としては少しずれるかもしれませんが、太る原因となるストレスをためないためにも、結果を出すことは大切です。

こちらの記事で結果を出すために必要な効率的な勉強方法を紹介しています。

大学受験を制覇するための効率の良い勉強法!

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

受験期のダイエットは良いのか?悪いのか?

受験期のダイエットは良いのか?悪いのか?

受験期間中にダイエットをすることは、果たして良いのか悪いのかをこのパートで説明していきます。

受験期に太るのはしょうがない

ここまで太る原因や太らないための対策を紹介してきましたが、まず大前提として受験期に太ることはしょうがないことです。これを理解してください。

たとえ太ったとしても、そんなに悲観的に捉えないでください。

人間の本能的にストレスを発散するために食べすぎるのは仕方のないことです。やはりストレスは発散させないといけないものですし、その発散先が一番身近な食にいくことはよく理解できます。

さらに、受験勉強中はどうしても体を動かさずに椅子に座る時間のほうが長くなります。そんな状況の中で痩せろと言うほうが難しいです。

なので、受験期間に太ったとしても、仕方のないことなんだと捉えるようにしましょう。

ダイエットがかえってストレスになる

我慢することはかえってストレスになり、逆効果になります。

勉強だけでもストレスが溜まるのに、それ以外のところでもストレスを溜めたら身体に良くありません。

受験勉強に支障をきたす

そして、ダイエットによるストレスがたまると受験勉強に支障をきたします。

「ダイエットしないといけない」という思考のせいで、受験勉強に集中できなくなり、受験自体が失敗に終わってしまったら元も子もありません。

そんなことは絶対ないようにしましょう。

脳が栄養不足になる

また、無理なダイエットは栄養不足につながります。

栄養不足になると、脳の動きを鈍らせることになり満足のいく勉強ができなくなります。

 

受験期のダイエットはデメリットしかないことがわかったと思います。

しかし、次の章でそんな受験期間でもできるダイエット方法を紹介していきます。

受験期間にできるダイエット

対策とは別に受験期間に取り組める効率良くダイエットをする方法を紹介していきます。

受験生が太る最大の原因でお伝えした「消費カロリーを摂取カロリーが上回る」ことと反対のことをすればいいんです。

そうなんです。摂取カロリーを消費カロリーが上回ればいいという訳です。

では、摂取カロリーに対して消費カロリーを上回らせるために、勉強で忙しい受験期にどのようなことをすればいいのでしょうか?

今すぐできるダイエットに対するアクションをまとめました。

とにかく勉強する

受験期間にできるダイエットはとにかく勉強すること

受験期間にできるカロリーを消費させる方法として、まずはとにかく勉強することが大切です。

基礎代謝の約20%を脳が消費すると言われているので、脳を使って勉強すればするほどカロリーが消費できます。

そして様々な勉強がある中でも、インプットよりアウトプットの勉強のほうが消費カロリーが大きいです。

つまり、頭に知識を入れる作業よりも問題を解いたり声に出したりする作業のほうが消費カロリーは大きいということです。

例えば、数学の練習問題をたくさん解いたり、英語の長文を音読しながら読み進めていったりするとカロリーが消費しやすくなります。

なので、インプットをしたらアウトプットをするという意識を持って勉強すれば、脳への定着とカロリーの消費が期待できます。

散歩をする

受験期間にできるダイエットは散歩をすること

歩くと脳が活性化します。なので、散歩をすることは脳に良いとされています。

また、ただ単に散歩をするだけではなく、散歩舌先の公園などのベンチに座って、そこで英単語や歴史系の用語を覚えるのもおすすめです。

気分転換で外で勉強すると集中できます。

家で勉強するのに飽きたという人や何か気分転換をしたいという人は、散歩をして、散歩した先で勉強もしてみてください。

生活のリズムを整える

受験期間にできるダイエットは生活のリズムを整えること

勉強や散歩などをしてカロリーを消費するとしても、普通に生活していたら摂取カロリーのほうが大きくなるのは事実です。

だからこそ自分の生活を徹底して規則正しい食事や睡眠を心がけるようにしましょう。

規則正しい生活をする人とそうではない人では太りやすさが変わってきます。さらに、勉強の質も体の調子も異なってきます。

いろんな面から考えても、受験生にとっては明らかに規則正しい生活のほうが良いです。

本格的なダイエットは受験が終わってから

本格的なダイエットは受験が終わってからやるようにするというのが結論です。

もちろん今回紹介したように太らないための対策はできますが、受験勉強とダイエットの優先順位を間違えてはいけません。

受験期間は受験勉強に集中して、受験が終わってからダイエットするようにしましょう。

まとめ

受験生が太る原因と太らないための対策、そして受験期間のダイエットの良し悪しを説明してきました。

受験期間には食べ過ぎと運動不足に気をつけて、この記事で紹介した対策や受験期間でもできるダイエット方法を実践してみてください。

そして、本格的なダイエットは受験が終わってからにしましょう。

 

また、以下の記事で、効率的に受験勉強をしていくための方法を紹介しています。受験勉強の進め方や勉強法に困っている方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

大学受験を制覇するための効率の良い勉強法!

大学受験で勉強法を変えて効率を上げるためには

【限定公開】偏差値46.8から早稲田に逆転合格した方法を今だけ公開します

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載